社会

老齢厚生年金の受給について

投稿日:

将来、本当に老齢年金をもらえるのかという不安がある年金ですが、
私達は一体いつからもらえるのでしょうか。

老齢厚生年金は、厚生年金の被保険者期間が1ヶ月以上あり、老齢基礎年金を
受給できる資格期間を満たし、その方が65歳になった時に、
基礎年金に上乗せした形で老齢厚生年金が支給されるというものになります。

つまり、老齢厚生年金は、基礎年金である国民年金をベース(定額部分)に
成り立っているものになります。

これが、「日本の老齢年金が2階建て」といわれる由縁です。
原則、老齢年金は65歳からの支給になっていますが、老齢厚生年金の場合、
当分の間は60歳以上で下記の条件にあてはまる時、65歳になるまで
「特別支給の老齢厚生年金」が支給されます。

1.老齢基礎年金を受給できるのに必要な資格期間を満たしていること
2.厚生年金の被保険者期間が1年以上あり、かつ、受給期間を満たしていること
3.年齢が60歳以上であること

特別支給の老齢厚生年金の年金額は「定額部分+報酬比例部分+加給年金」として支給されます。
定額部分は、先にも述べた基礎年金である国民年金のことです。

平成6年の法律改正により、特別支給の老齢厚生年金のうち、定額部分の
支給開始年齢を生年月日の振り分けによって、65歳に引き上げられることになりました。

この引き上げは、平成13年から平成37年にかけて少しずつ段階的に引き上げられます。
報酬比例部分についても、平成12年の法律改正のため、平成25年から平成37年に
かけて段階的に支給開始年齢を65歳に引き上げられます。
つまり、最終的には、老齢年金は定額部分も2階建て部分も、すべて65歳からの受給になるのです。
公的年金は65歳からの開始に統一されることになります。

上記の話を聞くと、段々と受給年齢が延びていくのではないかと不安になります。
受給年齢を先送りにすることが年金運用側によってはその資産を減らさない方法になるため
段々と受給年齢が上がっていく、その間、どうやって生活資金を確保していくのか、
ここが問題となってくるリスクはあると言えるでしょう。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

家事の能率

専業主婦の時間は毎日たっぷりあります。 時間の上手な使い方によって効率よく家事をこなすことが できた場合はとても満足感を得られます。 少しでも家事の能率が落ち、家事の作業が後手後手に なってしまった日 …

no image

日本のインターネットは最下層にまで普及している!?

ニコニコ動画を運営しているドワンゴの会長の 発言として以下のものがあったそうです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「日本では最下層の人間が全部ネットにぶら下がってる。 これが日 …

no image

LCCの利用は余裕を持って

ここ最近格安航空会社(LCC)が登場してきました。 LCCの運賃は既存のJALやANAに比べると安いんですが、 利用する際にはそれなりの注意が必要です。 テレビなどの報道で座席がとても狭いことや、機内 …

no image

結婚相手に必要なこと

結婚相手に必要なこと、という内容で投稿していただいた 記事を紹介します。 ・・・・・・・・・・・・・・・ 私は主婦ですが、結婚なんて出来ないと思っていました。 30歳を過ぎ、過去にそれなりの相手がいた …

no image

アジアの中の日本

最近日本周辺では中国と尖閣諸島、韓国と竹島の領土問題が 大きく取り上げられています。民主党政権の両国に対する 対応が弱腰であるとの主張をくりかえしてきた自民党安倍総裁が首相になり、 今後の動向が注目さ …

アーカイブ