社会

老齢厚生年金の受給について

投稿日:

将来、本当に老齢年金をもらえるのかという不安がある年金ですが、
私達は一体いつからもらえるのでしょうか。

老齢厚生年金は、厚生年金の被保険者期間が1ヶ月以上あり、老齢基礎年金を
受給できる資格期間を満たし、その方が65歳になった時に、
基礎年金に上乗せした形で老齢厚生年金が支給されるというものになります。

つまり、老齢厚生年金は、基礎年金である国民年金をベース(定額部分)に
成り立っているものになります。

これが、「日本の老齢年金が2階建て」といわれる由縁です。
原則、老齢年金は65歳からの支給になっていますが、老齢厚生年金の場合、
当分の間は60歳以上で下記の条件にあてはまる時、65歳になるまで
「特別支給の老齢厚生年金」が支給されます。

1.老齢基礎年金を受給できるのに必要な資格期間を満たしていること
2.厚生年金の被保険者期間が1年以上あり、かつ、受給期間を満たしていること
3.年齢が60歳以上であること

特別支給の老齢厚生年金の年金額は「定額部分+報酬比例部分+加給年金」として支給されます。
定額部分は、先にも述べた基礎年金である国民年金のことです。

平成6年の法律改正により、特別支給の老齢厚生年金のうち、定額部分の
支給開始年齢を生年月日の振り分けによって、65歳に引き上げられることになりました。

この引き上げは、平成13年から平成37年にかけて少しずつ段階的に引き上げられます。
報酬比例部分についても、平成12年の法律改正のため、平成25年から平成37年に
かけて段階的に支給開始年齢を65歳に引き上げられます。
つまり、最終的には、老齢年金は定額部分も2階建て部分も、すべて65歳からの受給になるのです。
公的年金は65歳からの開始に統一されることになります。

上記の話を聞くと、段々と受給年齢が延びていくのではないかと不安になります。
受給年齢を先送りにすることが年金運用側によってはその資産を減らさない方法になるため
段々と受給年齢が上がっていく、その間、どうやって生活資金を確保していくのか、
ここが問題となってくるリスクはあると言えるでしょう。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

社会人になると勉強がしたくなるということ

10代は勉強したくないのが普通なのに30代に なると勉強したいとなるのは何故かという内容が まとめブログで語られているのを見ました。 10代は嫌いな教科も含めやらされている勉強をしていると いうのと、 …

no image

最低賃金は良いのか悪いのか

最低賃金を無くすという話を橋本さんが 提案していて、今話題になっています。 これはいいのか、悪いのかということ、 凄く難しい問題です。 もちろん最低賃金が無くなると単純に 給料は下がるに決まっています …

no image

音楽教室という習い事

経済的な不況が続いて長くなりますが、お子様やご自身の 余暇の使い方の一つとして、習い事をなさっている方もいらっしゃると思います。 お子様の習い事の中でも人気なのは英会話教室や塾でしょうし、 大人の方だ …

厚切りジェイソンのいうように日本文化は凄くないのか?

厚切りジェイソンが凄くない日本の文化に 凄いと言わなければいけないというような 発言をして、それが話題になっています。 確かに日本を褒める番組って増えましたよね。 こんな日本は凄い!というようなものが …

no image

衆議院選挙の比例代表制の当選者の決まり方

年末に衆議院選挙がありましたが、多くの人によく 理解されていないのが、比例代表制の当選者の決まり方です。 日本の衆議院選挙には2つの大きな特徴があり、1つ目は、 小選挙区制と比例代表制に分かれていて、 …

アーカイブ