社会

老齢厚生年金の受給について

投稿日:

将来、本当に老齢年金をもらえるのかという不安がある年金ですが、
私達は一体いつからもらえるのでしょうか。

老齢厚生年金は、厚生年金の被保険者期間が1ヶ月以上あり、老齢基礎年金を
受給できる資格期間を満たし、その方が65歳になった時に、
基礎年金に上乗せした形で老齢厚生年金が支給されるというものになります。

つまり、老齢厚生年金は、基礎年金である国民年金をベース(定額部分)に
成り立っているものになります。

これが、「日本の老齢年金が2階建て」といわれる由縁です。
原則、老齢年金は65歳からの支給になっていますが、老齢厚生年金の場合、
当分の間は60歳以上で下記の条件にあてはまる時、65歳になるまで
「特別支給の老齢厚生年金」が支給されます。

1.老齢基礎年金を受給できるのに必要な資格期間を満たしていること
2.厚生年金の被保険者期間が1年以上あり、かつ、受給期間を満たしていること
3.年齢が60歳以上であること

特別支給の老齢厚生年金の年金額は「定額部分+報酬比例部分+加給年金」として支給されます。
定額部分は、先にも述べた基礎年金である国民年金のことです。

平成6年の法律改正により、特別支給の老齢厚生年金のうち、定額部分の
支給開始年齢を生年月日の振り分けによって、65歳に引き上げられることになりました。

この引き上げは、平成13年から平成37年にかけて少しずつ段階的に引き上げられます。
報酬比例部分についても、平成12年の法律改正のため、平成25年から平成37年に
かけて段階的に支給開始年齢を65歳に引き上げられます。
つまり、最終的には、老齢年金は定額部分も2階建て部分も、すべて65歳からの受給になるのです。
公的年金は65歳からの開始に統一されることになります。

上記の話を聞くと、段々と受給年齢が延びていくのではないかと不安になります。
受給年齢を先送りにすることが年金運用側によってはその資産を減らさない方法になるため
段々と受給年齢が上がっていく、その間、どうやって生活資金を確保していくのか、
ここが問題となってくるリスクはあると言えるでしょう。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

週刊文春 ユニクロ潜入取材の記事を読みました

週刊文春のユニクロの記事を 読みました。 今週号はユニクロにガチで 潜入取材したということで 発売前から話題になっていましたね。 潜入する人がそれまでに 出版してユニクロから訴えられて いるので(ユニ …

no image

裁判員裁判制度の検証はどうなっているのか

時折、ふと思うこと、裁判員裁判制度に関する事件の行方は、 たまに報道されるのですが、裁判員制度自体に対する検証は、 どこへ行っているのでしょう。 かなり昔、メンタルケアは、やはり欠かせない、というよう …

no image

居酒屋で働いていたときの経験

私は以前、都内のある居酒屋で働いていました。 居酒屋で働くのはあまり好きではありませんでした。 何しろ、酔っ払いの客に応対せねばならず、酔客というのは いったいどんなことを言い出すのか分からないからで …

NHKのネット同時配信の料金はどうなるの?

NHKのネット同時配信の話に ついて報道がされて、ネット上では 騒ぎになっています。 NHKがインターネットで配信することに よって追加負担の料金が発生するのであれば たまらないですよね。 これについ …

no image

為替取引を為替のオンラインで

外国為替を始める人たちが増えているようですが、 オンラインによる取引が人気を集めているようです。 オンラインの為替取引を行なう取り柄にはどんなものが あるのでしょうか。 外国為替取引を行う場合、通常は …

アーカイブ