芸能

芸人 はんにゃの現在

投稿日:

久しぶりにはんにゃに関するニュースを見ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
はんにゃ「危険な番組やらせて!」 体張れない芸人の悲鳴
デビュー後すぐに「ズクダンズンブングンゲーム」で若者の人気を集め、2009年の『爆笑レッドシアター』で
一気にブレイクを果たしたお笑いコンビ「はんにゃ」。東京NSC(吉本芸能総合学院)10期生で、
同期には“ライバル”でもあるオリエンタルラジオがいる。一時のブームは落ち着きを見せ、新たな
“天下取り”に向けて突き進む2人が、芸人の思いを代弁し、体を張った仕事が激減する現状に悲鳴をあげた。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/yoshimoto/?1351834839
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、はんにゃを見なくなったなあという気がしています。
「ズクダンズンブングンゲーム」は流行りましたよね。こういう一発芸的なものが
流行ると一瞬は爆発的に行きますが、その後それしか求められなくなり、そして
飽きられ、一発屋として終わる、というNGパターンに入るケースが多いのかなと思います。

他の一発屋芸人はヒットした芸以外はひどいというようなケースは
よくみますが、はんにゃに関してはトークについてもそんなに問題がなく
良かったかななんて記憶があります。

スギちゃんから続く怪我に関する問題は神経質になりすぎているところは
あるかもしれませんね。危険な仕事といっても、どこから、どの程度が危険なのか。

このまま下手に進みすぎると、毒のある発言はできない、危険なアクションは行わないと
いう良い子番組だけになってバラエティ・芸人の面白さが薄れてしまう可能性は
あると思います。

何事もほどほどに。そして自ら危険を顧みないという人に関しては
それなりにやってもいいのかな?と個人的には思います。

adsense

adsense

-芸能

執筆者:

関連記事

no image

AKB総選挙立候補第一号 渡辺麻友

渡辺麻友がAKB総選挙の立候補第一号となったそうです。 まあ立候補しないわけはないですよね。 前回2位という立場になって次世代のAKBのトップと いう立場に限りなく近づいた状態であること。 次世代であ …

no image

歌舞伎界の宝、この世を去る

昨年には、中村勘三郎さんが、そして、今年に入り市川團十郎さんが この世を去られました。 また、1人歌舞伎界の宝がこの世を去りました。 若い世代にとって、歌舞伎の世界というのはすごく仕切りの 高いもので …

no image

西川史子 夫の家出ネタと実態

西川史子が夫の家出ネタを使っていて、 これがヤフーニュースでも掲載されるような 状態になっています。 しかも原因はごみの分別をめぐる夫婦げんか・・。 こんなことでそこまでのことになるはずがありませんし …

no image

生放送の火曜曲

今日の火曜曲は4時間生放送ライブでした。 毎回見ているわけではなくて、たまに見ているくらい なんですけど、今日のはちょっとグダグダじゃありませんでした? せっかくアスリートの方を呼んでいるのに いまい …

no image

阿部寛の過去 パチプロ生活時代

あの阿部寛が3年間のパチプロ生活を経ていたということが ニュースになっていますね。 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121019-00000008 …

アーカイブ