ニュース

就労障害者の年収

投稿日:

就労障害者の年収が非常に低いということが
ニュースになっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<就労障害者>公的支援含めても年収200万円以下99%
福祉作業所など就労支援を中心とした福祉サービスを利用している障害者の約99%が、
障害手当などの公的支援を含めても年収200万円以下の「ワーキングプア」と呼ばれる
生活水準にとどまっていることが、全国の障害者福祉施設でつくる団体「きょうされん」(東京都)の
全国調査で分かった。なかでも年収100万円以下が半数以上を占める状況で、
障害者の自立を取り巻く厳しい環境がデータで裏付けられた形だ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121103-00000046-mai-soci

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これはやはり、国や行政の整備が足りないということと
障害者をきちんと雇用する体制がないということになりますよね。

大企業であれば、既に一定の割合で障害者を雇用しなければ
いけないということになっていますが、では実際に雇用された人は
どのような業務をやっているか?というと正直、しっかりした仕事では
あっても待遇的には恵まれない状態であることは間違いありません。

残念ながら、大企業であっても平社員以上に出世するのは
難しいようなケースが多いように思えます。

障害者といってもいろいろなケースがあって、知的障害者であれば
知的労働ができず肉体労働、単純労働にならざるを得ないので
賃金が低いというのは止むを得ない話になってしまうのかもしれません。
もちろん低くて良いというという話ではありませんが、難しい現実があります。

ただ、知的障害者ではなくて身体障害者の場合、もっと高所得を得るような
環境があってもいいのではないでしょうか?
そもそも現在のホワイトカラーは自分の肉体を使って働くという比率は
減っていると思います。

営業で外回りをしてなんぼで体を使わなければいけないという職業も
ありますが、そうでなくても内勤のプロフェッショナルのような職業も
たくさん存在します。

経理・人事系のスタッフ職もそうですし、クリエイティブ系の仕事も
内部でできる仕事になります。

本当はもっと稼げるような仕事があるのではないでしょうか?
それを無理やり身体障害者枠というような形の雇用となることになり
賃金が抑えられ、それでしぶしぶ納得されてしまっているような
風潮があるようにも思えます。

もっとスキルを磨ける環境とそれを評価できる環境。
これが整えば世の中が変わってくるように思います。

adsense

adsense

-ニュース

執筆者:

関連記事

no image

新設大学が認められない問題

新設大学の申請が認められないという問題が ニュースとして上がっていました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 田中真紀子文部科学相は2日、閣議後の記者会見で「大学設置認可の在り …

no image

炭酸飲料から健康飲料の時代へ!?

アメリカで炭酸飲料の売上が減少し、 炭酸飲料の時代は終わりか?というようなことが 言われています。 参照 炭酸飲料の時代は終わりか http://jp.wsj.com/article/SB100014 …

こども保険は実質増税!?小泉進次郎氏提案政策が不人気に

今まで小泉進次郎といえば、大人気の政治家ということで褒め称えられることが多かったのですが、今回の「こども保険」については批判が多く出ているようです。 こども保険ということで、何か保険のような制度かとお …

no image

ガリガリ君 コンポタ味 販売再開!

2012年11月2日に以下のような記事を書いていました。 ガリガリ君のコンポタ味が来年の春に 発売再開となるようです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ コーンポタージュ味と大胆な …

川崎駅で電車衝突事故

今テレビで確認したのですが川崎駅で 電車衝突、横転するという事故が 起こったようですね。 写真はツイッターで以下のようなものを 見つけました。 https://twitter.com/salt_dro …

アーカイブ