社会

キャッシュフロー・クワドラントの真実

投稿日:

キャッシュフロー・クワドラントという言葉を
知っていますか?
金持ち父さんのシリーズで出てくる有名な
図になりますが
右上から時計周りに「B」「I」「S」「E」と
書いてあるものです。

B・・・ビジネスオーナー
I・・・インベスター 投資家
S・・・セルフエンプロイメント 自営業者
E・・・エンプロイメント 従業員

と世の中の仕事を4つに分類したものになります。
本当のお金持ちになるにはどうしたらいいかということを
考えるために作られたもので、当時はなるほどと
思ったものです。

お金を生み出すには本質的にはお金に働いて
もらわなくてはいけないということです。

ビジネスオーナーとインベスターは事業に投資するか
お金を直接投資するかという違いはありますが、
投資したものがリターンをもたらしているので
直接自分自身が働くわけではありません。

自分の動きとは別にもたらしてくれる「不労所得」
これを作っていくのが大事で、いくら頭が
良いとしても弁護士や高度なコンサルタントでは
自分が一生懸命が働くだけで、永遠に忙しい日々を
送るだけになってしまうというものです。

この考え方は正しいのですが、そこで以前の記事でも
話しましたが、マルチ商法的な怪しい話が出て
騙されてしまうんですよね。

本来は自分が働かなくて稼ぐお金でなければいけなくて
自分が勧誘している時点でそれは「不労所得」では
ないんです。

そんなことはわかっているけど、それを目指すために
頑張っているんだ・・と気がつくとS・・・
セルフエンプロイメントの自営業になってしまって
いるんです。しかも下手すると全くお金にも
ならないという・・。

投資は勝ち負けでギャンブルになってしまうものは
また遠くなってしまいますので素人が行うものでは
ないでしょう。

ビジネスもいかに自分が働かなくても売上を
上げることができるか、これを考えて
動かなければいけません。
このことを考えると会社の中で頑張って
出世してということがいかに現実とかけ離れた
動きなのかがわかります。

そうして「B」に向かおうとして、また変なものに
ひっかかってしまい「S]に落ちていく。
これがキャッシュフロークワドラントの真実では
ないでしょうか。

本当のオーナーを目指すのであれば、人の言うことに
従っているような時点で間違っているんです。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

日本の和の精神は良いのか?

日本の和の精神についてアメリカ視点で語ったという 記事があったので興味を持って見てみました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   欧米社会では協調性をあまり重視しない傾向がある …

no image

日本のインターネットは最下層にまで普及している!?

ニコニコ動画を運営しているドワンゴの会長の 発言として以下のものがあったそうです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「日本では最下層の人間が全部ネットにぶら下がってる。 これが日 …

no image

結婚相手に必要なこと

結婚相手に必要なこと、という内容で投稿していただいた 記事を紹介します。 ・・・・・・・・・・・・・・・ 私は主婦ですが、結婚なんて出来ないと思っていました。 30歳を過ぎ、過去にそれなりの相手がいた …

no image

ホテリングルールから見る環境技術が生かされる方法

枯渇資源の利用方法についてある問題を抱えています。 それはどのように資源を有効活用すればいいのかという問題です。 石油や木のような資源活用を考える場合、一気に使えば資源が枯渇する 問題が起き、逆に全く …

no image

facebookには食べ物を載せてはいけない

facebookの食べ物問題で炎上した話が あります。 あちこちで騒がれていたのが目につきました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 突然ですが、なにも考えずにFacebookで食べ物の投 …

アーカイブ