社会

日本の和の精神は良いのか?

投稿日:

日本の和の精神についてアメリカ視点で語ったという
記事があったので興味を持って見てみました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  欧米社会では協調性をあまり重視しない傾向がある。「きしむ車輪は油をさされる」という英語のことわざがあるが、「意見を主張する人ほどその意を汲んでもらえる」という意味で使われるようだ。筆者は、「自分が成功する必要があるなら、たとえ同僚に立ち向かっても自分の要求を話し貫く姿勢が求められる」という考え方は欧米人には浸透していると語る。

  一方、日本では「出る杭(くい)は打たれる」と一般的に言われる。筆者は日本滞在中、「調和と協力を維持することはどんな個人の成功より重要だ」と痛感。日本文化も含めてアジアの国々では、グループ全体の利益は一個人の必要性や希望よりはるかに優先されると指摘。「意見や欲求を主張しすぎると、グループから追放される恐れがある」とまで感じたようだ。

参考
【米国ブログ】日本の和の精神「連帯感はあるが、なれ合いも」
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1102&f=national_1102_008.shtml
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

欧米社会では自己主張をしないと生きていけなく、
主張をしたもの勝ち、自分の意見を言わないというのは許されない
空気があり、個人主義で相手を気にかけないとまでは言わないが
対立する意見でも堂々と主張するという習慣があります。

日本では和を重んじるあまり、遠慮、奥ゆかしい、協調という考えが
進んでしまい、会議で積極的発言は良くない、上司に波風を立てるなんてことは
良くない、相手に合わせることが大切という面が強くなりすぎてしまいました。

たから、これからアメリカ型だ!欧米型だ!

というように自分の精神を変えよう、社内の風潮を変えようという
変化が起こったのは間違いありません。

そうして変わってきたのが今の世の中です。

では今のアメリカの状態は本当に良いのか?というとかなり怪しいとしか
いえない状態になっています。
そしてアメリカ人に話を聞くと、日本の話の精神は素晴らしいという
意見が出て日本に住みたい、日本で生活したいと言っているのです。

結局、集団主義→個人主義→集団主義
とまた戻ってきている面はあると思います。

良い部分も悪い部分もあって、言葉だけではない
日本の良さというのもあることにはあったということなんでしょう。

日本もアメリカも理想にはほど遠い現状がある以上
どちらも正解ではなく、正解は微妙な折衷案または新たな考えと
いうところなのでしょうが、実態は何もわかりません。

今はこの問題は回答を出す時期ではなく、
思考錯誤を続けていく時期と言えるのでしょう。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

ノンアルコール飲料の急増と社会

ノンアルコール飲料ですが、その勢力は ますます大きくなってきているように 思います。 ノンアルコール飲み会なんてものも 現在は開かれているとニュースでも出ています。 出費が抑えられますしよいとの話が出 …

no image

独身が考えるべき一生のお金 ~本当に独身はお金に困るのか?~

独身の場合、お金が裕福で困らないという考えを 抱きがちだが一生というライフスパンで見た場合、 お金に困る可能性があるという内容の記事を 見ました。 ・お金にゆとりがあると贅沢になりがち、ファミリー世帯 …

no image

最低賃金は良いのか悪いのか

最低賃金を無くすという話を橋本さんが 提案していて、今話題になっています。 これはいいのか、悪いのかということ、 凄く難しい問題です。 もちろん最低賃金が無くなると単純に 給料は下がるに決まっています …

no image

未成年者との取引とその取り消しによる返還義務について

A(売主)がB(買主)とバイクの売買契約をしました。 バイクは50万円で売れました。Aはその50万円のうち10万円を 生活費として使い、20万円を競馬で使って全額スってしまいました。 現在手元には20 …

no image

公園デビューの前に考えておきたいママ友付き合い

初めての子供を出産すると、しばらくはママと赤ちゃん2人の世界です。 お互いに愛情に溢れて、安心した落ち着いた世界です。 その世界にはすぐパパやおじいちゃん・おばあちゃんの 家族や親戚も入ってきます。 …

アーカイブ