社会

医者になるまでにかかる学費の問題

投稿日:

私立医大の学費について議論している
サイトを見て、考えました。

「私大医学部に行くにはお金がかかりすぎる」
という当たり前の話ではあるのですが、
不公平感がありませんか?という想いです。

医学部は6年間大学に通わなくてはいけません。
そして私大医学部では医者になるまでに
3000~4000万は普通にかかってしまうようです。

貧乏な人は国立医学部に行けばよいというのは
一つの解決方法ではあります。この方法があるので
完全に不公平に医師希望者をシャットアウトしている
わけではありません。

ただ、現状国立大学は何校も受けられるというシステムでは
ない、そして、実質国立医学部は難易度が高く、
私立医学部は難易度は高めではあるものの、
現実的に入りやすい。

つまりお金を持っている家庭が圧倒的有利であるという
事実は変わらないわけです。

奨学金制度はあるとはいってもここまで多額の
お金を借りて医者になるというのはあまりにも
リスクが高く、開業で成功しない限りは負債を
背負って大変なことになってしまうかもしれません。

これが民間の業務であって、資本力ができないと
実行できないものであれば、とやかくいう話ではありません。

ただ、これは国家資格です。
国によって認められた独占業務を持つ資格が
事実お金持ちが優遇されることに納得感が得にくいのです。

弁護士等の場合、今制度は迷走していますが
司法試験に合格することが絶対条件になります。
この司法試験が絶対的な難易度を保っているからいいのです。
(以前の司法試験の方を想定してください)

医者の場合、お金持ちの場合、医者になるための
難易度を下げる方法がある。
ここがいけないのです。

本当に医療の道を志す人のための、救済策・平等策を
もう少し考えられないのでしょうか?

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

サラリーマンのランチ事情が異常に こんな世の中でいいのか?

サラリーマンのランチ代がたったの250円以下に なっているというニュースありました。 しかも地方水準ではなくて都内のサラリーマン水準と いう話です。 (参照) サラリーマンの24%「ランチ代は250円 …

no image

日本の地熱発電があまり広まっていない理由

日本の地熱発電系の技術は世界の地熱発電施設の7割が使用されています。 しかし、日本においては地熱発電の開発は世界に比べ、劣っています。 温泉大国であるアイスランドは地熱発電を用いて、経済を支えています …

no image

ホテルで働いていた経験

かつて、私はホテル業界で働いていたことがありました。 ホテル業界は、とても華やかでやり応えのある業界でした。 もちろん給与も高く非常に満足していました。 おなじ職場の同僚たちもとてもいい人だらけで、こ …

no image

今年の貯蓄

今年の貯蓄は何をされましたか? 毎年夏と冬と貯蓄をしようと思っていますが、今年は定期貯金の金利が低すぎて、 定期貯金以外の商品を考えることにしました。 定期貯金は郵便局の定額貯金も含めて安全性が高く、 …

no image

「営業大学」は必要なのか?

文系に最も必要なのは営業の能力で 大学でも営業大学が必要だという話がありました。 参考 文・人文系学生の就職率は低い 「営業大学」なぜないか疑問 http://www.news-postseven.c …

アーカイブ