社会

医者になるまでにかかる学費の問題

投稿日:

私立医大の学費について議論している
サイトを見て、考えました。

「私大医学部に行くにはお金がかかりすぎる」
という当たり前の話ではあるのですが、
不公平感がありませんか?という想いです。

医学部は6年間大学に通わなくてはいけません。
そして私大医学部では医者になるまでに
3000~4000万は普通にかかってしまうようです。

貧乏な人は国立医学部に行けばよいというのは
一つの解決方法ではあります。この方法があるので
完全に不公平に医師希望者をシャットアウトしている
わけではありません。

ただ、現状国立大学は何校も受けられるというシステムでは
ない、そして、実質国立医学部は難易度が高く、
私立医学部は難易度は高めではあるものの、
現実的に入りやすい。

つまりお金を持っている家庭が圧倒的有利であるという
事実は変わらないわけです。

奨学金制度はあるとはいってもここまで多額の
お金を借りて医者になるというのはあまりにも
リスクが高く、開業で成功しない限りは負債を
背負って大変なことになってしまうかもしれません。

これが民間の業務であって、資本力ができないと
実行できないものであれば、とやかくいう話ではありません。

ただ、これは国家資格です。
国によって認められた独占業務を持つ資格が
事実お金持ちが優遇されることに納得感が得にくいのです。

弁護士等の場合、今制度は迷走していますが
司法試験に合格することが絶対条件になります。
この司法試験が絶対的な難易度を保っているからいいのです。
(以前の司法試験の方を想定してください)

医者の場合、お金持ちの場合、医者になるための
難易度を下げる方法がある。
ここがいけないのです。

本当に医療の道を志す人のための、救済策・平等策を
もう少し考えられないのでしょうか?

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

山間部での除雪方法

私は豪雪地帯である新潟県の山間部に住んでいます。 県外の方と話す機会によく話題に登るのが、豪雪地帯の 雪の話ですが、よく相手からこう言われることがあります。 「雪のあまり降らない地域に住んでいると、雪 …

no image

身元保証人の責任範囲

「借金の連帯保証人には絶対になるな」という言葉がすでに 常識となっているため、連帯保証人をお願いする人も受ける人も ほとんどいなくなっています。 ただ、身元保証人になる人はまだいるようです。 身元保証 …

no image

高齢化社会における福祉の重要性

今や多くの先進国においては、高齢化社会が到来しております。 しかもそれは、今後もどんどん加速されてゆきそうです。 日本もまた例外ではありません。少子高齢化は以前から大きな社会問題と なっており、それな …

no image

子供の絵画コンクール出品の勧め

子供をお絵描き教室に通わせようかと迷っているママたち、多いと思います。 お絵描き教室も良いと思いますが、私は、家でコンクールの絵を 描かせて出品していく事ををお勧めします。 特に、幼稚園児、低学年のお …

声かけ事案の内容は本当は違う?

警察から配信されている声かけ事案と いうのが最近話題になっています。 公園で遊んでいる女児2人組に対し、 男性が「お年玉」と言って100円ずつ 渡したという話が事案として出ていたことが ありました。 …

アーカイブ