雑記

フィーチャーフォンという呼び方

投稿日:

いつの間にフィーチャーフォンという言い方が
出てきたのでしょうか?
ちなみにfeature phoneです。
future(未来)ではありません。
一瞬、スマホの更に先を行く携帯が出てきたのかと
思ってしまいました。

特徴的な、特徴のある電話?ということでピンと
こなかったのですが、従来のガラケーが該当するようです。

今の携帯が「スマホ」なので
「スマホ」と「携帯」という区別方法はおかしいですし
「スマホ」と「古い携帯」というのも変な表現になって
しまいます。

ネットをよく見ている者としてはガラケーという言葉が
出てきたのでそれを使っていましたが、
さすがに「ガラパゴス携帯=世界から取り残された携帯」
では表現が悪いので、
iモードやオサイフ携帯や赤外線等の
「特色を持った」携帯ということで
フィーチャーフォンと呼ぶようになったそうです。

一体いつからこんな呼び方をするようになったのか
さっぱりわかりません・・。
ITの世界は急に単語が生まれたり、自ら
作られたりするので変化が激しいし難しいですね。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

最近のディーゼル車はすごい

最近販売されているディーゼル車の実力には目を見張るものがあります。 今までのディーゼル車といえば、排気ガスが臭い、加速が遅い、 ガラガラうるさいといったイメージでバスやトラックなどの 商用車以外ではあ …

no image

因果応報は本当にある

皆さんは因果応報という言葉を知っているでしょうか? 自分がやった事は自分に返ってくるという事です。 最近そういう事が色々あったのでそれについて書きたいと思います。 自分が悪い事をすれば悪い事が返ってき …

no image

動物・生物好きの人に贈る一口情報

鉄道に嵌まった女子を「鉄子」と言うなら、動物行動に嵌まった女子を 「動子」さんかな。彼女に贈るミニ情報です。 地上の生物の種類は命名されている物で100万種以上と言われているので、 その生態の特徴と行 …

no image

オタク文化と宗教戦争

最近、というかここ10年程で、だいぶアニメ、漫画、 コスプレなどの認知がひろまったように感じます。 よくいわれるのが「電車男」という映画,ドラマからだといわれています。 きっとあれがきっかけでオタクと …

no image

隠棲の俳人尾崎放哉、と山頭火

尾崎放哉は明治、大正期の自由律の俳人です。荻原井泉水門下で、 同門下には放浪の俳人として今も人気の高い種田山頭火がいます。 帝大を出て生命保険会社に就職、支店長まで行きましたが、 酒乱の傾向があり、辞 …

アーカイブ