雑記

いつからその科目を教えるべきなのか?

投稿日:

小学校の算数を6年生から教えると2年間で
6歳から始める8年分の算数の量を終わらせることが
できる、という話のブログを見つけました。

http://readingmonkey.blog45.fc2.com/blog-entry-631.html

いつその科目を勉強するかによって頭への入り方が
異なるということはあると思います。

まだ何も理解していない人に教えるよりは
国語等の言語をしっかりと教えて脳が言語を
理解した人に対して教えれば、基礎が異なっているため
早く成長するというものです。

また逆に英語の感覚や音楽の感覚等はある程度の年齢に
なってしまうと見につけるのは極めて難しいというところが
あります。

英語なんて大人になっても勉強はいくらでもできて
話せるようにはなりますが、それでも思考回路までは
英語にそう簡単に切り替わらず、ノンネイティブスピーカーとしての
活躍になってしまうというのでしょうか。

それでも後から活躍している人はたくさんいますので
一概には言えないのかもしれませんが。

高校から急に世界史を教えるというのも違和感が
あったように思います。おかげで日本史は好きなのですが
世界史がすっかり苦手になってしまいました。

日本史のベースがあって深く掘り下げていくのは
好きだったのですが、世界史がいきなり高校になって
入ってきても知識のベースがなく、日本史ほど深く
入っていけなかったのです。

ある程度の時期や選択というところはあるはずですが
科学的な証明できておらず、ただ慣習に従って
教えているというのが現状なのでしょう。

納得いかないところもありますが、従ってやらなければ
進む分にはいいですが遅れる分には評価等大変なことに
なってしまいます。

と結論がなくなってしまうのですが、結局は試行錯誤するしか
その答えは見つけらないのでしょう。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

交番と派出所、駐在所の違い

テレビの刑事ドラマで「交番」だとか、「駐在所」がよく画面に出てきますが、 その役割の違いを知らない人が多いようです。 交番とはその名のごとく、「交」代で「番」をするところで、 警官が24時間体制で詰め …

no image

新しい歌舞伎座の、襲名披露を予想します

歌舞伎の実質的な独占興行会社は、松竹株式会社です。 白井松次郎、大谷竹次郎という兄弟が、関西で会社を立ち上げ成功して、 その後東京へ出て、演芸と演劇の興行権を次々に手中にしていった。 そして、時代の趨 …

no image

苦みを軽減して、ゴーヤーをいっぱい食べよう

沖縄料理といえば、ゴーヤーチャンプルーを真っ先に 思い浮かべる人も多いはずです。 加熱をしても壊れにくいビタミンがあるということや、省エネの観点から、 近年増えているグリーンカーテンで収穫できるゴーヤ …

no image

絵画にツッコミしてみませんか

絵画というものにどんな印象があるでしょうか。 美術館に収蔵される高級品、家に飾るインテリアと いったようなものだと考える方が多いでしょう。 美術館も日常的に行く場所ではありませんし、 家にある絵画とい …

no image

玉三郎の「ふるあめりかに袖はぬらさじ」

正月3日に、NHKが舞台「ふるあめりかに袖はぬらさじ」をオンエアします。 これは2012年に赤坂のACTシアターで上演された舞台の録画放送です。 この作品は有吉佐和子が文学座の杉村春子(いずれも故人) …

アーカイブ