社会

色覚異常の割合と見え方についての考察

投稿日:

ふとブログ等を呼んでいて、色覚異常について
語ったものがあったので真剣に読んでみました。

そしてわかった事実として男性の5%(20人に1人)が
色覚異常を持っているということです。
女性は遺伝的になる可能性が極めて低いということ。

今現在は色覚の検査は廃止され、また色覚異常は
障害者という扱いを受けていないそうです。

これは果たして良いことなのか、そうではないのか??

実際、ここまで多くの人がなっている事象であるとは
全く知りませんでした。

そういえば、小学校のときに色覚検査があって、当時は
まだ厳しい規制等はなかったので、他人がどのような
結果が出ているかも普通にわかってしまったのですが、
結構な割合で赤緑色弱という判定を受けている人がいたのを
覚えています。

色が見えにくいんだくらいで全くその後は意識も
していなかったのですが、ここまで人数が多いとなると
これは社会現象として、当たり前のこととして考える必要が
あるということですよね。

その工夫や普及が全くされていなく、私自身も調べるまで
この事実が全く知りませんでした。
知らしめることは差別等を生むのかどうかという問題もありますが
全く黙っているよりは、もっとこの実態を普及させて、
一般的事象にした方があらゆるサービス面で考慮に入れられ
良いことにならないでしょうか。

今、目が悪くて物が見えにくいといっても、それはごく当たり前の
ことで、何とも思われません。決して無視されているのではなく、
日常化しているからです。

そのくらいにこの色についての状況も考えてみてもいいのではと
思います。

そして、色弱の人の見え方というのを調べてみて感じたのですが、
実際に自分が見ている色を他人が見えているわけではないという
ことが考えられます。色弱の人もくすんで見える、というように
思っているだけで、当人は色の区別が弱いだけで色自体は鮮やかに
見えている可能性があるわけです。

そうすると自分が見ている青色は他人にとっても本当に青色なのかと
いう疑問が生じます。

本当は他人は青色が赤に見えている可能性だったありますが、
それぞれ自分が見ている世界が全てなので、この色は青ということで
定義づけられているので、何の不整合も起こらないというものです。
他人の体と入れ替わることができない以上、これは証明しようが
なく、実際は人によって見ている色はかなり違うということも
考えられます。

このような実態等について見て気付いて調べることによって
かなり知らないことがあることがわかりました。
ほとんどの日本人は同様に知らないのではないでしょうか。

こういったこともしっかりと教育の一つとして教えて、
広めても良いように思います。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

「なめんなジャンパー」生活保護受給者の実態は?報道は正しいのか?

「なめんなジャンパー」を着たくもなるような 現場があるということでニュース記事が 上がっていました。 実際の受給者のところに行くと 元暴力団員が麻雀をしていたりするような 現場があるということです。 …

no image

売れなくなったアイドルのその後の生活

アイドルという職業は本当に寿命が短いと感じます。 アイドルを卒業して女優の道等を進んでいけるのは本当に 一握りかつ、それで成功する人なんてと考えると厳しいところが あります。 かつてあれだけのブームを …

no image

M&Aと少子高齢化の関係

経済用語のM&A。日本国内でも有名になってきています。 この言葉が一般的になったのは、2005年のライブドアによるフジテレビ 買収騒動前後かもしれませんが、それで若干悪い印象を持った人も い …

no image

社会人になると勉強がしたくなるということ

10代は勉強したくないのが普通なのに30代に なると勉強したいとなるのは何故かという内容が まとめブログで語られているのを見ました。 10代は嫌いな教科も含めやらされている勉強をしていると いうのと、 …

no image

体験者の声も疑いを持つこと

最近、動画セミナーを見る機会が増えてきました。 以前はインターネット上で成立する商売の場合、縦長の ランディングページ、キラーページと呼ばれるような サイトで表現して完了というパターンの売り込みが 多 …

アーカイブ