社会

色覚異常の割合と見え方についての考察

投稿日:

ふとブログ等を呼んでいて、色覚異常について
語ったものがあったので真剣に読んでみました。

そしてわかった事実として男性の5%(20人に1人)が
色覚異常を持っているということです。
女性は遺伝的になる可能性が極めて低いということ。

今現在は色覚の検査は廃止され、また色覚異常は
障害者という扱いを受けていないそうです。

これは果たして良いことなのか、そうではないのか??

実際、ここまで多くの人がなっている事象であるとは
全く知りませんでした。

そういえば、小学校のときに色覚検査があって、当時は
まだ厳しい規制等はなかったので、他人がどのような
結果が出ているかも普通にわかってしまったのですが、
結構な割合で赤緑色弱という判定を受けている人がいたのを
覚えています。

色が見えにくいんだくらいで全くその後は意識も
していなかったのですが、ここまで人数が多いとなると
これは社会現象として、当たり前のこととして考える必要が
あるということですよね。

その工夫や普及が全くされていなく、私自身も調べるまで
この事実が全く知りませんでした。
知らしめることは差別等を生むのかどうかという問題もありますが
全く黙っているよりは、もっとこの実態を普及させて、
一般的事象にした方があらゆるサービス面で考慮に入れられ
良いことにならないでしょうか。

今、目が悪くて物が見えにくいといっても、それはごく当たり前の
ことで、何とも思われません。決して無視されているのではなく、
日常化しているからです。

そのくらいにこの色についての状況も考えてみてもいいのではと
思います。

そして、色弱の人の見え方というのを調べてみて感じたのですが、
実際に自分が見ている色を他人が見えているわけではないという
ことが考えられます。色弱の人もくすんで見える、というように
思っているだけで、当人は色の区別が弱いだけで色自体は鮮やかに
見えている可能性があるわけです。

そうすると自分が見ている青色は他人にとっても本当に青色なのかと
いう疑問が生じます。

本当は他人は青色が赤に見えている可能性だったありますが、
それぞれ自分が見ている世界が全てなので、この色は青ということで
定義づけられているので、何の不整合も起こらないというものです。
他人の体と入れ替わることができない以上、これは証明しようが
なく、実際は人によって見ている色はかなり違うということも
考えられます。

このような実態等について見て気付いて調べることによって
かなり知らないことがあることがわかりました。
ほとんどの日本人は同様に知らないのではないでしょうか。

こういったこともしっかりと教育の一つとして教えて、
広めても良いように思います。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

為替介入の仕組み

為替介入は日銀が行なうもので、自分の国の通貨を 守るためのものですが、仕組みがどうなっているか 知っているでしょうか。 日本では外国為替平衡操作とも言われることのある 為替介入ですが、これは為替レート …

no image

何事にも囚われずに常に成長し続ける方法

何事にも囚われずに日々成長し続けられたら、 どんなにすばらしいでしょう。 日本のような先進国で生活していたら、そんなにお金をかけなくても 何かしらの方法で、日々様々な事を学びながら、100歳まで ノン …

no image

裁判員制度の裁判員の仕事

テレビや新聞でも時々「裁判員裁判」のことがニュースに 出るようになったこともあり、裁判員制度は国民の間に 定着してきています。 しかし、「何をするのか」、「何をしてはいけないのか」など、 具体的なこと …

有休をとる理由を聞いてはいけない マイナビ記事も削除に

有給休暇を取る理由を聞いてはいけない、 というのが法律で決まっている話は 常識にも関わらず守れていない企業が 多いものになっています。 理由の提示の強制はできず 労働者の権利としてとることが できるも …

no image

世論調査と選挙結果との乖離

自民党 36.4 31.6 31.4 33.4 34.3 30.2 31.8 27.7 27.4 32.8 34.0 31.5 (31.9) 民主党 14.8 13.3 13.9 12.0 13.0 …

アーカイブ