雑記

ユニクロのフリースを着て外出できない

投稿日:

今はユニクロのフリースを着て外出する人ってほとんど見かけないですよね。
近所の買い物等でしたらわからないですけど、少なくとも都心にフリースを
着ていってファッションの1つだとはあまり認識してもらえないような
気がします。

すっかり部屋着扱いやスキー場や寒冷地の保温着というような位置づけに
なってしまったような気がします。

このユニクロのフリースなんですが、昔はそんなことはなかったんです。
フリースを買って、普通にアウターとして着て、外を出歩いても
全くおかしくなかった。ファッションアイテムの一つだったんです。
今でもパタゴニアはフリースを販売していますけど、それを着ていても
誰も部屋着でしょ?なんて思いません。

やはりユニクロのフリースは普及しすぎたというのが原因ですね。
本当の初期のユニクロについてはその当時知らなかったので
なんともいえないのですが、ちょうど生まれ変わったちょっと
オシャレなユニクロとして都心に進出してきたときはフリースも
本当に新鮮だったんですよね。

普及しすぎると大衆着のようなイメージになってカッコよさが
薄れてしまいます。
便利なのですが、もうフリースがファッションとして復活するのは
難しいんでしょう。

ただ、最近のユニクロは従来の安いイメージとは明らかに路線を
変えてきているため、今後、また何か異なる革命を起こす可能性もあります。

便利でファッションとして着ることができるようなものを
販売してくれればなと思います。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

家計管理の効果的な方法とは

景気低迷や不景気と言われて久しいですが、昔に比べて非正規雇用の 占める割合が増えていることもあり世帯年収は下降傾向にありますが、 特に若い世代ではフリーターや派遣社員などの非正規雇用で 収入が安定して …

no image

A-BOUTの漫画の感想

週間少年マガジン連載中の A-BOUT(アバウト)ですが、 いよいよ大詰めを迎えているんでしょうか? 3年生を含めた光嶺高校の中での頂上決戦を 争っていくという激盛り上がりのシーンというところです。 …

no image

大相撲の「引き分け」は日本の精神文化

現在ではちょっと考えられませんが、昔は大相撲に「引き分け」がありました。 大相撲の歴史は古く、遠くさかのぼれば「日本書紀」の野見宿祢と 当麻蹴速の力比べにまで行き着きますが、これは伝説。 職業相撲は江 …

no image

雛人形の配置と持ち物

年が明けて、春の訪れを伝えるお祭りが「ひな祭り」です。 ひな祭りの由来には諸説があり、明確にはなっていませんが、 中国の人形を川に流してお祓いをする風習に端を発し、 平安時代になって貴族の子供達による …

no image

様変わりしている納骨堂

最近は、亡くなった家族の遺骨をお墓ではなく、納骨堂に納められることが 多くなっています。納骨堂は別名、室内墓とも呼ばれているように、 室内に遺骨を置くところです。そのため、外にあるお墓と違って天候に …

アーカイブ