社会

結局会社で生き残るのは運の要素が強い

投稿日:

2013年の人員削減が1万人規模になるというように
パナソニックが発表しました。

パナソニックですらこの状況。
他のメーカーであっても、公になっているかどうかの
違いだけで似たようなところは多いのではないでしょうか。

うちの会社は大丈夫。なんて思っていても
いつ傾くかなんて誰にもわからないですし、
会社が大丈夫だとしても、会社自体が買収されて
買収された側が人員整理対象になるなんてことは
本当に珍しくないわけです。

このような状態で、本当に優秀であれば首を切られることは
ない、生き残っていけるなんて意見もあったりしますが、
もはやそれは現実的な話ではないと言えるのではないでしょうか。

・たまたまのその不採算部門に配属していたために
 解雇対象となってしまった。

・配属転換で急に過去の経験を活かせない職場に移ってしまい
 実績を上げようがなかった

というような事態はいくらでも起きうるように感じます。

そうすると結局、会社で生き残れるかどうかは
運の要素が非常に強いということになります。

運も実力のうちと言ってしまえばそれまでですが、
コントロールできない範囲が多すぎます。

いつどうなるかわからないということを前提として
生きる道を選んでいかなければいけない時代になっていると
いえるでしょう。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

仕事なく今日も一日「追い出し部屋」

「追い出し部屋」が話題となり、厚労省なども実態の調査に 乗り出しているようで、ツィッターなどでも熱い議論となっているようです。 元は朝日新聞がパナソニックの「事業・人材強化センター」という部署が、 そ …

no image

65歳の定年制と40歳の定年制はどちらが良いのか?

先ほどワールドビジネスサテライトで 65歳の定年制と40歳の定年制は どちらが良いのか?なんて質問が出ていました。 実に良い質問だと思います。 65歳定年制、もっと働ける世の中を、という動きに 疑問を …

no image

利用が進まないプラチナバンド

最近CMなどでもしばしば耳にするようになったスマホなどの 周波数帯のプラチナバンドですが、割り当てられてもすぐには 利用できない理由があるそうです。 プラチナバンドというのは700~900メガヘルツの …

no image

経営者保証で全財産を失わなくても済むようになる?

中小企業を経営していてお金を借りる場合に ついてくるのが「経営者保証」。これは会社に何か あった場合に社長自らが保証するというもので 会社が倒産した場合、社長が身ぐるみはがされて しまうという恐ろしい …

no image

子供が生まれた後のそれぞれのストレス発散

子供が生まれると途端に生活が一変します。 今まで自分ペースもしくはご主人と二人のペースであったものが、 すべて生まれたばかりの子供のペースになります。 赤ちゃんは言葉を話すことができないから仕方のない …

アーカイブ