社会

結局会社で生き残るのは運の要素が強い

投稿日:

2013年の人員削減が1万人規模になるというように
パナソニックが発表しました。

パナソニックですらこの状況。
他のメーカーであっても、公になっているかどうかの
違いだけで似たようなところは多いのではないでしょうか。

うちの会社は大丈夫。なんて思っていても
いつ傾くかなんて誰にもわからないですし、
会社が大丈夫だとしても、会社自体が買収されて
買収された側が人員整理対象になるなんてことは
本当に珍しくないわけです。

このような状態で、本当に優秀であれば首を切られることは
ない、生き残っていけるなんて意見もあったりしますが、
もはやそれは現実的な話ではないと言えるのではないでしょうか。

・たまたまのその不採算部門に配属していたために
 解雇対象となってしまった。

・配属転換で急に過去の経験を活かせない職場に移ってしまい
 実績を上げようがなかった

というような事態はいくらでも起きうるように感じます。

そうすると結局、会社で生き残れるかどうかは
運の要素が非常に強いということになります。

運も実力のうちと言ってしまえばそれまでですが、
コントロールできない範囲が多すぎます。

いつどうなるかわからないということを前提として
生きる道を選んでいかなければいけない時代になっていると
いえるでしょう。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

65歳雇用の是非

先ほど、報道でNTTグループが社員を65歳まで 働かせるために賃金の上昇を抑える新賃金制度を 2013年度に導入するというものがありました。 結果的には、40~50代でもらえる賃金が 減るということに …

no image

コンビナートの老朽化における問題と対策

高度経済成長期に作られた建物は現在、老朽化の問題に直面しています。 その建物の一つに石油などを扱うコンビナートも含まれています。 コンビナートは危険物を扱うため、安全管理が徹底している対象ではあります …

no image

裁判員制度の裁判員の仕事

テレビや新聞でも時々「裁判員裁判」のことがニュースに 出るようになったこともあり、裁判員制度は国民の間に 定着してきています。 しかし、「何をするのか」、「何をしてはいけないのか」など、 具体的なこと …

no image

ホテリングルールから見る環境技術が生かされる方法

枯渇資源の利用方法についてある問題を抱えています。 それはどのように資源を有効活用すればいいのかという問題です。 石油や木のような資源活用を考える場合、一気に使えば資源が枯渇する 問題が起き、逆に全く …

no image

来年受験する人に向けて

今の中学生や高校生は受験に向けてラストスパートを かけていると思います。 そこで勉強しているうちに「もっと勉強しておけばよかった」と 思う人もいるはずです。 そこで来年受験をする中高生やそのお父さんお …

アーカイブ