社会

生活保護法改正・現物給付案は適切か?

投稿日:

生活保護法を改正して金銭ではなくて
食糧や衣服を現物給付するという案が
出ているそうです。

この案は本当に正しいのでしょうか?

金銭が貰えるとなると不正受給をする人達が
出てくる、お金そのものがもらえてしまうので
働くモチベーションが無くなる等があるのかも
しれませんが、これは若干ずれているような
気がしないでもないのです。

コストが削減できるのならいいのですが、
余計な調整がかかって、コスト増になってしまうのでは
とも思えます。

それよりは今の金銭の受給状況をしっかりと管理して
受け取る人が、どのような立場で何にそのお金を
使っていくのかを考えていかなければいけないように
思えます。

またそろそろ、仕事ができずに稼げないということも
解消する手段が本当にないのでしょうか?

生活費まではいかないにせよ、行政側が課題を出して
一定金額までは稼がせるような指導があってもいいと
思います。

精神的な問題がある方については仕方がない部分があると
思います。ただ、病気がちでアルバイトが出来ない、体が
弱くて働く先がない。
本当に今でも一切の仕事はないのでしょうか?
無理やり働きに行けという残酷なことをいうわけではなく、
このITの時代に、技能を習得すれば、在宅でできる仕事も
いくらでもあると思うのです。

データ入力の仕事だって、うさんくさくないものもあるでしょう。
クリエイティブ性を養っていけば、できる仕事もあると思います。
本当に必要な人ももちろんいると思いますし、
また今一時的には必要でも、行政のバックアップのもと技能を
習得していけばいずれ自立できるような人もたくさんいるのでは
ないでしょうか。

そのような支援に重点を置いた動きをもっと見せても
良いように感じます。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

正しい事が社会的に認められる例

現在、体罰や危険運転における法律など不条理な問題が多々あると思います。 このように日本では間違っている問題に対し、正しい形に変えることへの 難しい部分が存在します。 このような問題に対し、一つの解決策 …

no image

色覚異常の割合と見え方についての考察

ふとブログ等を呼んでいて、色覚異常について 語ったものがあったので真剣に読んでみました。 そしてわかった事実として男性の5%(20人に1人)が 色覚異常を持っているということです。 女性は遺伝的になる …

no image

敷金は返還してもらうべきです

多くの人が経験していると思いますが、賃貸のアパートやマンションを 引っ越す時に悩みの種となるのが「敷金の返還」です。 畳やカーペット、壁などが薄汚れてきているため、敷金を放棄したり、 大家さんから張り …

「創作ニュースすら自由に流せない」・・流したらダメでしょう

創作ニュースをツイッターで流すというような ことで混乱があったようです。 例のエビ中の方の件ですね。 発表されてもいないことを勝手に ツイッターにさも本当のように流す。 ツイッター側から規制で消された …

no image

親から住宅資金を借りる場合

住宅を購入する時に、住宅ローンの他に、親から資金援助を 受ける人がいます。当然、親から贈与を受ければ贈与税が掛かるので、 住宅の購入資金以上のお金が必要になります。 もし、ちゃんと返すつもりでいるのな …

アーカイブ