健康

現代人のライフスタイルと肥満

投稿日:

かつて日本の食生活は米を中心とした比較的質素なものが
一般的なものとなっていました。

ところが、食生活が欧米化し、動物性たんぱく質や脂質を多くとるように
なり、肥満傾向は強くなってきました。
ファーストフードの人気もあり、この傾向はますます強まっているのでは
ないかと思われます。

運動量の低下も、肥満の増加との関係があります。
近所に行く時も自動車で移動したりすることが増え、
オフィスもデスクについたままで作業するという業務が
増え、もはや意識的に運動しない限り運動不足となってしまう
状態なのです。

また、ストレスと肥満という関係もあります。
現代はストレス社会であり、ストレスを発散させるために
アルコール、気分転換のために贅沢なディナーを取る等で
過剰なカロリーの摂取になり肥満に繋がっているとも
いえます。

脂肪は放っておくとどんどん蓄積されてしまいます。
成人の5人に1人、さらに50歳以上の男性の場合は2人に1人、
女性の場合は3人に1人が中性脂肪を中心とする高脂血状態にあると
言われています。
中高年層の3~5割が高脂血症を疑われているという極めて高い
数字が出ています。
じわじわと肥満が進行していくため、若い時期からの肥満対策というのも
今求められているといえます。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

歯磨き後のすすぎはしない方がいい!?フッ素の問題

歯磨き後に口をすすがない方がいいという内容の 記事が出て議論が交わされています。 (参照) 歯磨き後の口はすすがない方がいいらしい http://www.lifehacker.jp/2013/01/1 …

no image

節電して熱中症になってはシャレになりません

2013年もまだまだ猛暑が続くということが わかってきました。 この夏の暑さ、みなさんも実感して ヤバさがわかっていますよね? 猛暑が危険なのは、家や建物の中であっても 変わりません。 ちょっと暑くて …

no image

ノニジュースで健康的なダイエット

女性にとって綺麗なボディラインは誰でも描いている願望です。 そのために、ダイエットに励んでいる女性も少なくありません。 ただ、体重が落ちただけで、ぎすぎすした身体になってしまっては 意味がありません。 …

no image

バナナがもたらす健康パワー

バナナが体に良い健康食品であることはみなさんご存知かと思いますが、 実際どんな効果を持っているのかはあまり知ら無い方がほとんどではないでしょうか? バナナには豊富に糖分が含まれています。 この糖分は体 …

no image

赤ちゃんのあせも対策

赤ちゃんというのは汗を大量にかきます。 そうした時に適切な対処をしていないと、 あせもに発展してしまう事があります。 対処というのは赤ちゃんのかいてしまった汗を綺麗にするという事で、 すぐに適切な方法 …

アーカイブ