健康

現代人のライフスタイルと肥満

投稿日:

かつて日本の食生活は米を中心とした比較的質素なものが
一般的なものとなっていました。

ところが、食生活が欧米化し、動物性たんぱく質や脂質を多くとるように
なり、肥満傾向は強くなってきました。
ファーストフードの人気もあり、この傾向はますます強まっているのでは
ないかと思われます。

運動量の低下も、肥満の増加との関係があります。
近所に行く時も自動車で移動したりすることが増え、
オフィスもデスクについたままで作業するという業務が
増え、もはや意識的に運動しない限り運動不足となってしまう
状態なのです。

また、ストレスと肥満という関係もあります。
現代はストレス社会であり、ストレスを発散させるために
アルコール、気分転換のために贅沢なディナーを取る等で
過剰なカロリーの摂取になり肥満に繋がっているとも
いえます。

脂肪は放っておくとどんどん蓄積されてしまいます。
成人の5人に1人、さらに50歳以上の男性の場合は2人に1人、
女性の場合は3人に1人が中性脂肪を中心とする高脂血状態にあると
言われています。
中高年層の3~5割が高脂血症を疑われているという極めて高い
数字が出ています。
じわじわと肥満が進行していくため、若い時期からの肥満対策というのも
今求められているといえます。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

八重歯の矯正は行った方が良いのか?

八重歯のある方をどのように感じますか? 日本人にとって、「八重歯は可愛いもの」という イメージを持つ方が多いようです。私もそう思います。 そういえば板野友美も八重歯がチャームポイントになっていますね。 …

no image

果物は毎食食べたほうがいいのか?

果物は健康的なので、食べたほうが良いという話は よく聞きますが、毎食食べても大丈夫なのでしょうか? 確かに果物はビタミンC等栄養分も高く、お菓子よりも 糖分が低い、カロリーが低いというところがあります …

no image

寝る前のクーラーはオフタイマーはNG

今年の猛暑、かなり大変なことになってきて いますよね。 とてもエアコン無しではやっていけない、 また無理するとすぐ熱中症になってしまうという 危険な状態になっていると思います。 本日の報道ステーション …

no image

血液検査の中の「HbA1c」

現在では、法律によって企業における社員の健康診断の 受診が義務付けられているため、毎年定期的に健康診断を 受ける人が増えてきています。 ただ、検査結果表をちゃんと確認する人は少ないのが実状です。 しか …

no image

お正月でたるんだお腹は、冬の間に戻すことをオススメします。

年末からお正月にかけて、動きたくないが食べたくなる悪循環な時期。 しかし、必ず1年に1回はやってくる時期。 食べ物が、美味しい時期。 そんな時に気になるのが、いっぱい食べて、休みを満喫した後のお腹回り …

アーカイブ