健康

肥満と命にかかわる病気

投稿日:

肥満はなぜ問題になるのでしょうか?

それは、肥満がさまざまな生活習慣病を引き起こす大きな
要因となることがあるからです。

私達のエネルギーとなる物質の一つに糖(グルコース)があります。
糖は細胞が働く上で重要な物質なのですが、筋肉、肝脂肪、脳、赤血球で
それが使われるときには、インスリンというホルモン物質(膵臓から
つくられるホルモン)が必要になります。

インスリンが細胞に作用することによって、初めて
糖が細胞の中に入り込めることになります。

ところが肥満状態になると、このインスリンの働きが悪くなります。
糖がなかなか細胞の中に入り込めない状態をインスリン抵抗性といい、
放置して症状が悪化していくと血糖値が上昇し、糖尿病を
起こしてしまうのです。

また、肥満はこのように糖尿病を発症されるだけでなく、
マルチリスクファクターと呼ばれる高中性脂肪血症と高血圧を
合併することによって動脈硬化へと発展する場合があります。

最悪の場合、心筋梗塞や脳梗塞となって命にかかわるケースも
あります。

肥満を単なる体の状態と考えてはいけません。
さまざま生活習慣病との合併証を起こしやすい疾患という
認識を持つことが必要です。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

椅子を買うべきか、クッションを買うべきか

今、椅子を買うべきか、クッションを買うべきか 迷っています。 家のデスク用の椅子の話です。 今もともと座っている椅子は座る部分は クッション仕様になっているものの若干で あとは木の折りたたみ椅子のよう …

no image

気になる口臭を飴で改善

匂いの強い食べ物や、アルコールを飲んだあとなど、 自分の口臭が気になることがあります。 実際、周りの人がどの程度気づくのかはわかりませんが 自覚がある場合などは、一刻もはやくそういった 匂いを消してし …

no image

子供の肥満が急増

肥満を警戒しなければならにのは、大人に限った話では ありません。 日本の子供たちの間でも、肥満は激増しているのです。 1980年代から子供の脂肪摂取量は適性範囲の30%を超え、 その値は今も増え続けて …

no image

魚を食べて健康に

魚のほうが肉より健康にいいのは、皆さんご存知かと思います。 しかし、魚料理ってありきたりのものになって、飽きてきませんか? 今日は一味違った、魚料理をご紹介しようと思います。 見た目も豪華なので、お客 …

no image

新生児の皮膚・乾燥対策

赤ちゃん肌って言われるとうれしいものですが、 それは赤ちゃんの肌はすべすべしてきめの細かく整った肌を しているからです。 しかし、赤ちゃんの肌は一見整ってきれいに見えますが、 大人の皮膚の半分くらいし …

アーカイブ