健康

肥満と命にかかわる病気

投稿日:

肥満はなぜ問題になるのでしょうか?

それは、肥満がさまざまな生活習慣病を引き起こす大きな
要因となることがあるからです。

私達のエネルギーとなる物質の一つに糖(グルコース)があります。
糖は細胞が働く上で重要な物質なのですが、筋肉、肝脂肪、脳、赤血球で
それが使われるときには、インスリンというホルモン物質(膵臓から
つくられるホルモン)が必要になります。

インスリンが細胞に作用することによって、初めて
糖が細胞の中に入り込めることになります。

ところが肥満状態になると、このインスリンの働きが悪くなります。
糖がなかなか細胞の中に入り込めない状態をインスリン抵抗性といい、
放置して症状が悪化していくと血糖値が上昇し、糖尿病を
起こしてしまうのです。

また、肥満はこのように糖尿病を発症されるだけでなく、
マルチリスクファクターと呼ばれる高中性脂肪血症と高血圧を
合併することによって動脈硬化へと発展する場合があります。

最悪の場合、心筋梗塞や脳梗塞となって命にかかわるケースも
あります。

肥満を単なる体の状態と考えてはいけません。
さまざま生活習慣病との合併証を起こしやすい疾患という
認識を持つことが必要です。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

基礎代謝の低下

同じ量しか食べていないのにどんどん太っていく、 全く痩せる気配がない・・・。 これらは基礎代謝の低下から起こっていることが 考えられます。 基礎代謝のピークって知っていますか? なんと15歳~17歳の …

no image

乾燥肌対策とクリーム

毎年寒くなると恒例の悩みがやってきます。 乾燥肌です。 それこそ十代の頃はほとんど気にしていませんでしたが、 二十代になった今となってはクリームが味方のシーズンです。 手にはハンドクリーム。 体にはボ …

no image

腰痛の治し方について

30歳ころ、カブに乗ろうとしたときギックリ腰をやってしまいました。 脂汗がたらたら流れ、しばらくその場でじっとしていました。 少し治まったのでこわごわカブを引いて勤務先まで戻りました。 この時が私のギ …

no image

ダイエット成功への道、計るだけダイエット

ただ計るだけでダイエットができるはずない。 始める前は誰でもそう思うでしょう。しかしこの計るだけダイエットこそは、 ダイエット成功への大きな鍵を持っているのです。 ダイエットの大敵はストレスです。 無 …

no image

青汁の力をさらに高めるために

青汁はいろいろなメーカーから発売されていて、 その種類により期待される効果というのも違ってきます。 有効成分や品質にこだわった上にお手頃価格なものも多く、 区別なつきにくく、選ぶのは大変だと思います。 …

アーカイブ