健康

現代人の死亡原因の多くは動脈硬化

投稿日:

少し前の日本人の食生活はお米が中心でした。

ご飯を多く食べる場合、どうしても漬物やみそ汁などの塩分の
多い食品を摂りすぎる傾向があり、結果として当時の日本には
高血圧症の人が多くみられました。

死因のトップとなったのも高血圧からくる、脳内出血でした。

ところが現代では、動物性たんぱく質をはじめ、高カロリーな
食事をとるようになり、高脂血症や高コレステロール血症と
いった病気にかかる割合が著しく増加してきました。

その結果として動脈硬化を招き心臓秒(虚血性心疾患)や
脳血管疾患を起こす人が多く見られるようになったのです。

こうした動脈硬化を原因とする病気で亡くなった人の合計は、
実は日本人の死亡要因の1位とされるがんと同じくらいの多さと
なっています。

この動脈硬化を引き起こす第一歩となっている肥満は、私達の
ライフスタイルに原因がある場合はほとんどです。

そのため、肥満の対策、改善が長生きの秘訣ともいえるのです。

動脈硬化を起こしやすい人は血液中の中性脂肪血が高いという
傾向があり、またLDLコレステロール(悪玉コレステロール)や
HDLコレステロール(善玉コレステロール)の低い人も要注意です。

最近ではRLPコレステロール(レムナントリボたんぱく)や
スモールデンスLDLが高い人にも動脈硬化が起きやすいことが
わかってきました。

RLPコレステロールは中性脂肪に富むリボたんぱくで、細胞に
とりこまれやすく、動脈硬化を早く促進します。これが多い場合には
中性脂肪値も高くなり、高脂血症を合併しやすいと言われています。
以上のように中性脂肪は動脈硬化に深く
関わっていることがわかると思います。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

基礎代謝とは?

ダイエットに関しては、これまでもさまざまな ことを書いてきましたが、「基礎代謝」ということが キーワードになるのは間違いないです。 有酸素運動も重要ですが、毎日必ず運動して、 カロリーをたくさん消費で …

no image

余分なエネルギーが中性脂肪になる

肥満のもととなる中性脂肪が増えるのは、糖質や脂質の 過剰摂取と、エネルギー消費量が、食事から取った エネルギー量より少ないことが原因です。 食べ過ぎと運動不足、単純ですがこれこそが 肥満の原因なのです …

no image

便秘で悩んでいる方へ私の体験談

私は男なのですが、小学生の頃から便秘症で悩んでいました。 何日も通じが無くて子供の頃には、もよおした時には 我慢が出来ずに漏らしてしまった事も何度かありました。 大人になってからも、この傾向は変わる事 …

no image

一日のカロリー数を数える

ダイエットで何をしても痩せないなんて いうのは声としてはよく聞きますが 理論的には嘘なハズです。 カロリー数を計算してしっかりと決まった量しか 食べないのであれば理論的は太るはずはありません。 運動し …

no image

青汁のデメリット

青汁というと健康に良いというイメージしかなく 体への悪影響・デメリットはないと考える人も多いと思います。 しかし、いくら青汁とはいえど、飲みすぎると問題が 起こる可能性があります。 例えば下痢です。青 …

アーカイブ