健康

子供の肥満が急増

投稿日:

肥満を警戒しなければならにのは、大人に限った話では
ありません。

日本の子供たちの間でも、肥満は激増しているのです。
1980年代から子供の脂肪摂取量は適性範囲の30%を超え、
その値は今も増え続けています。

それどころか、幼稚園児の数%に肥満が認められるという研究結果さえ
報告されているのです。

日本人とアメリカ人を比較した場合、30歳以上の人では
中性脂肪値、コレステロール値ともにアメリカ人の方が
高くなっています。しかし30歳未満の人に限定してみると
どちらの値も日本人の方が高くなっているという現象が起こっています。

そして最近では、専門家の間では日本人の0~20歳代の人の
大動脈や肝動脈には、動脈硬化が広がっているという見方が
あります。

このままでは、近い将来、若い世代の虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)が
急増することが考えられます。

肉食中心の料理メニューがだんだんと増えるに従って子供のからだは
大きくなりましたが、動物性脂肪摂取量も大幅に増加してきました。
核家族化が進んだハンバーグ等の子供の好きな料理がメインになったことも
要因の一つとされています。

ファーストフードの間食、コンビニのジュースやスナック菓子、夜食。
朝食を取らないで通学、といった子供が増え、栄養面での問題だけで
なく不規則な食生活も肥満の原因となってきています。

食事だけではなく、外での遊びが減ってきたこと、歩いて
移動することが減った等の運動不足も起こっています。

早い時期に親が率先して行動して、食生活を改善させて
適度な運動をするように働きかけて、生活習慣全体を立て直すことが
大切です。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

新生児の皮膚・乾燥対策

赤ちゃん肌って言われるとうれしいものですが、 それは赤ちゃんの肌はすべすべしてきめの細かく整った肌を しているからです。 しかし、赤ちゃんの肌は一見整ってきれいに見えますが、 大人の皮膚の半分くらいし …

ビオワンファインは犬用サプリメントとしてどう?【口コミ評判】

新しく犬用サプリメントとして ビオワンファインという名前のものが 発売されています。 このビオワンファインとは どのようなサプリメントなのかについて 調べてみました。 ビオワンファインとは ビオワンフ …

no image

コレステロール治療薬とその分類

高コレステロール血症、その言葉よりももしかすると 高脂血症とい言葉の方が聞き覚えがあるかもしれません。 世の中、食事の欧米化が進み、血中コレステロール値が 高くなってきている傾向にあります。 血中コレ …

no image

鼻の中の乾燥

毎冬鼻の中の乾燥に悩まされる人は少なくないでしょう。 痛さを伴った不快感や鼻をかむたびにティッシュに 血がにじむといったことをはじめ、本来水分によって 異物を吸着し外に押し戻すという鼻粘膜の免疫作用が …

no image

ダイエットを成功に導く食事のポイント

ダイエットを成功させるために食事としては以下のことを 意識すれば効果的です。 ・脂肪の多い食材は調理法で脂を落とす  フライパンで炒めるよりも煮ることによって脂肪分が落ちる料理も多いです。 ・糖質の摂 …

アーカイブ