健康

余分なエネルギーが中性脂肪になる

投稿日:

肥満のもととなる中性脂肪が増えるのは、糖質や脂質の
過剰摂取と、エネルギー消費量が、食事から取った
エネルギー量より少ないことが原因です。

食べ過ぎと運動不足、単純ですがこれこそが
肥満の原因なのです。

からだの中で余ったエネルギーは中性脂肪となって
体内に蓄積され、肥満となっていきます。
つまり、入るエネルギーと出るエネルギーの収支の差が
肥満に結びつくといえます。

何故エネルギーバランスが崩れるようなことが
起こってしまうのでしょうか?もちろん食べ過ぎや
飲みすぎということになりますが、学生時代に
クラブ・サークル等で運動をしていた人が社会人に
なって運動しなくなった。デスクワーク中心生活になったと
いうケースが考えられます。

運度量が減少すれば当然食事量も減らさなければ
いけませんが、運動をしていたときと変わらないと
いう人も多いのではないでしょうか。
当然、余ったエネルギーは中性脂肪として蓄えられて
いくことになります。

肥満を解消するためには、自分自身が普段どのくらい
運動をしているかを考えて、エネルギーの収支バランスを
意識することから始める必要があります。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

生活習慣病のセルフチェック

中性脂肪が多い人には、生活面での何らかの 共通要素がある傾向があります。生活習慣病を 避けるために、まず肥満危険度をチェックしてみましょう。 YES/NOで答えてみてください。 1.両親が太っている …

no image

健康になるためにはまず食事から改善することが大事

いつの時代でも、自分の身体への関心は持っているものです。 そのため、ダイエットなどのスタイルを良くする健康法は、 女性だけでなく男性からも求められるものになっていますし、 それと同時により簡単に、かつ …

no image

夜寝る前の部屋と体(喉)の乾燥対策

部屋の乾燥対策は、エコを考えると 暖房にエアコンを使ったり 加湿器を使うことは、あまり考えたくないのです。 布団をまず、布団乾燥機で温めておきます。 ない人は、掛け布団をめくっておくことが大切です。 …

no image

口内炎の種類について

口内炎とは頬の内側や歯茎などの口の中や、 その周辺の粘膜にに出来る炎症のことをいいます。 口内炎には様々な種類がありますが、もっとも出来やすいのが アフタ性口内炎と言って、疲労や免疫力の低下、ストレス …

no image

生活習慣病予防に有効なトレーニングは何か

適度な運動をすることが慢性的な生活習慣病に有効なことは 異論のないところだと思いますが、では筋トレなどの瞬発的な 運動とランニングなどの有酸素運動とではどちらの運動の方が 生活習慣病予防の観点では有効 …

アーカイブ