エンターテイメント

ゲームの未来はハイエンドなのか?

投稿日:

スクウェア・エニックスはひたすらハイエンドを
追求したゲームを作り続けているように見えます。

スクウェア・エニックスというよりはスクウェアの血と
いう部分でしょうか。ファイナルファンタジーに
始まった高画質・高クオリティを追求する世界。

その方向性はもはや現在では廃れてきて、
人々の向いている方向性は違うのでは?という思いが
ありましたが、この記事を読んでなるほどと
また理解が深まりました。

参考)
今,ハイエンドなゲーム制作に取り組む意味とは?
――スクウェア・エニックスが「Luminous Studio」で
目指す“ゲームの未来”について聞いてみた
http://www.4gamer.net/games/092/G009287/20121122035/

どうしてもPlay Station3ではなく、任天堂Wiiが成功したように
見えてしまう今、ゲームに求めているのはある意味単純さでも
あり、楽しさを求めているのであって決して映像を
求めているのではない、という思考に行きつきます。

単純に見るとそれは間違ってはいないのですが、
このインタビューからは今の映像追求ではなく、
さらにその先のゲームの未来を見据えて今現在を
一歩一歩進んでいるんだということが伺えます。

映像のキレイさには興味はなくなってきている、と
言いながら映画のアバターには確かに多くの人が
興味を抱いていたことは間違いありません。

そうすると現在の映像が綺麗な世界ではなく、
その先のバーチャルリアリティが完全に再現できる
世界が出来上がったとき、その技術は大きく見直され
評価される可能性もあるということです。

そして技術的には実現する時期はそう遠くないと
思われます。

ゲームがローテクなものがいいのかハイエンドな
ものがいいのか?

この2択を選ぶという問題ではないのかもしれません。

adsense

adsense

-エンターテイメント

執筆者:

関連記事

no image

神様の言うとおり 感想

神様の言うとおり弐が少年マガジンで 連載開始されたことで影響を受けて、もともとの 神様の言うとおりの1のバージョンを見たく、 1巻から読んでみることにしました。 改めてみて、この漫画は凄いですね。 正 …

「反逆の影使い」がまさかの打ち切り!

週刊少年マガジンで連載中の新連載 「反逆の影使い」ですが、本日発売の マガジンであまりにも唐突に連載が 終了してしまいました! これは完全に打ち切りというヤツです・・。 マガジンは本当に人気がないとな …

no image

WiiUのタブレットとゲーム機の将来

任天堂の新型ゲーム機「WiiU」が 12月8日に発売されて、今のところ人気が出ているようです。 タブレット型で携帯ゲームではないにも関わらず TV画面を占有しないというところ、ゲームだけではなく 今後 …

R25がサービス終了 時代の流れで誰も見なくなったのか?

リクルートが出しているR25の サービスが終了するということが 発表されていますね。 13年間の歴史に幕ということです。 結構昔はフリーペーパーの有名どころとして R25は流行っていました。 ただで読 …

no image

進撃の巨人 12巻の発売日は?

今話題となっている進撃の巨人の漫画。 このブログでも進撃の巨人の関連キーワードで 検索されることがとても多くなってきました。 進撃の巨人11巻は8月9日発売ということで その発売日を心待ちにしている人 …

アーカイブ