エンターテイメント

ゲームの未来はハイエンドなのか?

投稿日:

スクウェア・エニックスはひたすらハイエンドを
追求したゲームを作り続けているように見えます。

スクウェア・エニックスというよりはスクウェアの血と
いう部分でしょうか。ファイナルファンタジーに
始まった高画質・高クオリティを追求する世界。

その方向性はもはや現在では廃れてきて、
人々の向いている方向性は違うのでは?という思いが
ありましたが、この記事を読んでなるほどと
また理解が深まりました。

参考)
今,ハイエンドなゲーム制作に取り組む意味とは?
――スクウェア・エニックスが「Luminous Studio」で
目指す“ゲームの未来”について聞いてみた
http://www.4gamer.net/games/092/G009287/20121122035/

どうしてもPlay Station3ではなく、任天堂Wiiが成功したように
見えてしまう今、ゲームに求めているのはある意味単純さでも
あり、楽しさを求めているのであって決して映像を
求めているのではない、という思考に行きつきます。

単純に見るとそれは間違ってはいないのですが、
このインタビューからは今の映像追求ではなく、
さらにその先のゲームの未来を見据えて今現在を
一歩一歩進んでいるんだということが伺えます。

映像のキレイさには興味はなくなってきている、と
言いながら映画のアバターには確かに多くの人が
興味を抱いていたことは間違いありません。

そうすると現在の映像が綺麗な世界ではなく、
その先のバーチャルリアリティが完全に再現できる
世界が出来上がったとき、その技術は大きく見直され
評価される可能性もあるということです。

そして技術的には実現する時期はそう遠くないと
思われます。

ゲームがローテクなものがいいのかハイエンドな
ものがいいのか?

この2択を選ぶという問題ではないのかもしれません。

adsense

adsense

-エンターテイメント

執筆者:

関連記事

no image

「七つの大罪」の感想

今少年マガジンで新連載が始まって数話の 七つの大罪ですが、みなさんはこの漫画いかがでしょうか? ファンタジー路線として少年漫画の王道を 行くような感じではあり、時代背景も中世で 雰囲気も出ているところ …

IPPONグランプリ バカリズムが面白い。凄さ・レベルの高さが気になる

IPPONグランプリが始まりました。 2009年からフジテレビで不定期で始まるこの IPPONグランプリ。 細かい点数は関係なくて10人がOK、面白いと した場合のIPPON(一本)のみがカウントとい …

トリコの漫画が最終回に

少年ジャンプに掲載されている トリコの漫画がついに最終回に なってしまいました。 8年間の連載ということで 本当にお疲れ様でした。 ネット上のコメントとしては どんなものがあるのか、 紹介したいと思い …

no image

ピグライフをやる暇がない

アメーバピグのサービスの一つである ピグライフですが、ついにやる暇がなくなってしまい 停止することにしてしまいました。 毎日やらなければと思っていましたが やめてしまえばそれはそれで、別に何とも ない …

no image

矢沢あいが漫画執筆復帰!?

矢沢あいが久々に漫画を描いたということで ニュースになっていました。 矢沢あいはNANAで大人気というか、もともと 人気漫画家であったものがさらに火がついたというところですが 病気療養で休養していたと …

アーカイブ