社会

facebookには食べ物を載せてはいけない

投稿日:

facebookの食べ物問題で炎上した話が
あります。

あちこちで騒がれていたのが目につきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
突然ですが、なにも考えずにFacebookで食べ物の投稿を
毎日のようにしている方々に言いたいことがあります。

あなたのFacebook友達の中に、アフリカで内戦後で飢餓に苦しんで、
助けを求めるためにFacebookをやっている 人もいるかもしれません。

少なくとも、
わたしのFacebook友達の中にはいます。
「そんなに食べてるのか!焼き肉? 毎日?」とか思うでしょう。
実際本当にそういうコメントをしていたアフリカの人の投稿を見ました。

インターネットを通して、グローバル化しています。
人類のための何ができるか考える人たちが増えて!
と願います。おいしい食べ物をあなたが食べていることを
公表することによって人類幸せになるの
でしょうか??
https://www.facebook.com/jun.y.kitamura/posts/5001134034433

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これが結局SNSの難しいところになると思います。
特に閉鎖的ではなく、あまりにもオープンかつ
実名を前提としてfacebookでは問題になりやすいといえるでしょう。

これも単なる比喩として、おそらく本人の意図との
共通認識としては

「毎日食べ物をアップしている人達がいる中で
 貧しい生活をしている人達がいるので
 その人達のことを忘れないようにしなければならない」

これが正しいものではないでしょうか。

もとの発言のまま解釈すると
facebookに食べ物を載せてはいけない、人類が幸せになるものではないから。

他のコメントでもありましたが、子供の写真を載せてはいけない、
子供が作られないで悩んでいる人々もいるのだから、

そして同じ理屈をいうと
自分の成功したこと、楽しいことを書いてはいけない、
世の中には苦しんでいる人がいるのだから、

そんな話になってしまいます。

世界中の全ての人のことを考え、気になることを
書いてはいけないのであれば、インターネットという世界には
何一つ楽しいことは書けないという結論になる可能性が
極めて高いのではないでしょうか。

そしてそんな悲観的に満ちたインターネットの世界を
作ることが一体に誰にとって幸福なのか?

むしろインターネット上を楽しい場所にして
それを見て、自分達も頑張っていく、
そんな方法の方が良いように思えます。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

フィリピン人家政婦で掃除専門でお願いできる!日本人よりいい?

Nスタのニュースでフィリピン人の 家政婦を頼んでいる人についての 特集があって、思わず見入ってしまいました。 日本では日本人の家政婦も珍しいのに フィリピン人の家政婦を頼むの?と 思ってしまいますが、 …

no image

社長になりませんか?は怪しい

社長になりませんか?とうたっている 求人募集広告や掲示板、SNS経由でのメッセージ等で 見たことはありませんか? 自分も社長になれる!ということで 興味津津という人も多かったりするのではないでしょうか …

no image

裁判員裁判制度の検証はどうなっているのか

時折、ふと思うこと、裁判員裁判制度に関する事件の行方は、 たまに報道されるのですが、裁判員制度自体に対する検証は、 どこへ行っているのでしょう。 かなり昔、メンタルケアは、やはり欠かせない、というよう …

no image

M&Aと少子高齢化の関係

経済用語のM&A。日本国内でも有名になってきています。 この言葉が一般的になったのは、2005年のライブドアによるフジテレビ 買収騒動前後かもしれませんが、それで若干悪い印象を持った人も い …

no image

経済と環境の両立における課題

現在の廃棄物処理に対し、経済の取り組みを犠牲に環境を守る、 いわば経済と環境の両立が求められています。 ここの問題に対する課題は日本人の特性による間違った対処です。 日本人は主にメディアに取り上げられ …

アーカイブ