社会

再チャレンジができる世の中に

投稿日:

橋下徹・日本維新の会代表代行の演説で以下のような
ものがあったとされています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
公共工事を増やしたところで日本の製品、商品は売れない。不景気だというが、iPhone(アイフォーン)は売れている。充電式扇風機はバカ売れ、(自動)掃除機はバカ売れ。商店街が景気が悪いと言うが、インターネットの商店街やネットの本屋は大繁盛。新しい技術で商売をやっている人たちは大繁盛だ。時代に合わせた商品やサービスで世界に競争しながら勝たなければいけない。やる気のある民間の皆さんを邪魔しない、妨害しない、これが公の行政の役割だ。うまくいかない人たちをどうやって再チャレンジさせるのか。政治や行政が日本の経済を成長させることはできない。(愛媛県大洲市での街頭演説で)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

公共工事は少なくとも必須なものであり
単純に公共工事を増やすかどうかと日本の製品、商品を
売れないということを結びつけることには
そもそも関連性がない話になってしまいます。

予算配分という論点はありますが、建設業やインフラ業の
人をこれでは敵にまわしてしまうリスクもあるのでは。

ただ、本当に重要な部分として
「うまくいかない人たちをどうやって再チャレンジさせるのか」

これは必要な論点で良いことを言っていると
思います。

少なくとも今の日本には再チャレンジ制度がなさすぎるんです。

終身雇用・年功序列。

この制度が今もあり続けています。
もう何十年も前からこの良し悪しは言われていることに
なりますが、未だ顕在。

もちろん悪い面だけではなく良い面もあります。

ただ、大半の優良と呼ばれる企業がこの制度を制度に近いと
いう現実があり、一度失敗した人が立ち上がりにくい世の中に
思えます。

また、実際、関係無しに良い人材を取りたいと思う企業があっても
うまくマッチングがしにくいようにも見えます。

別にスキルがないわけではなく、潜在スキルは高いけど
たまたま新卒就職で失敗してしまった人達、
転職で運悪く失敗してしまった人達、
起業して運悪く失敗してしまった人達、
こういった人達を救う風土がなさすぎます。

この空気がないので、チャレンジしにくい。
チャレンジしても報われにくくなってしまうんです。

一度自分の務めた会社を離れて2~3年起業に打ち込んで
そこから同じか、同等以上の会社に戻れるくらいの風土を
用意しても良いように思います。

新しいことを始めると白い目で見られるような
世の中は変えていかなければいけません。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

パート主婦もスマホ使いが当たり前の時代

消費税増税が近づく中、少しでも働いて家計を助けたいというのが 主婦の方の本音ではと思いますが、不景気な昨今なかなか条件の いい仕事など中々ありつくことはできません。 そんな中、主婦の仕事の面接で「スマ …

ミニマリストって今でもいるの?一時的ブームの気がします。

ミニマリストを実践した人が 陥っている落とし穴なんて記事が 上がっていました。 質にこだわりすぎて高額なものを 買いすぎて、日常の消耗品まで 高くなり節約になっていない。 下着やバスタオルも少ないため …

no image

内定辞退者に罵詈雑言

不況の影響で就活に苦しむ学生が多いといわれる昨今ですが、 内定がもらえたらもらえたで、もしその内定を辞退すると 採用担当者から罵詈雑言を浴びせられるケースがあるという記事を見ました。 この背景にあるの …

no image

老齢年金と被保険者

そもそも年金とは何なのでしょうか? 今、多くの人が聞く年金の問題として 自分が働いても将来貰えるわけではない 支払う金額がどんどん上がっていく、貰える金額はどんどん 下がっていくという話があると思いま …

no image

家事の能率

専業主婦の時間は毎日たっぷりあります。 時間の上手な使い方によって効率よく家事をこなすことが できた場合はとても満足感を得られます。 少しでも家事の能率が落ち、家事の作業が後手後手に なってしまった日 …

アーカイブ