社会

再チャレンジができる世の中に

投稿日:

橋下徹・日本維新の会代表代行の演説で以下のような
ものがあったとされています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
公共工事を増やしたところで日本の製品、商品は売れない。不景気だというが、iPhone(アイフォーン)は売れている。充電式扇風機はバカ売れ、(自動)掃除機はバカ売れ。商店街が景気が悪いと言うが、インターネットの商店街やネットの本屋は大繁盛。新しい技術で商売をやっている人たちは大繁盛だ。時代に合わせた商品やサービスで世界に競争しながら勝たなければいけない。やる気のある民間の皆さんを邪魔しない、妨害しない、これが公の行政の役割だ。うまくいかない人たちをどうやって再チャレンジさせるのか。政治や行政が日本の経済を成長させることはできない。(愛媛県大洲市での街頭演説で)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

公共工事は少なくとも必須なものであり
単純に公共工事を増やすかどうかと日本の製品、商品を
売れないということを結びつけることには
そもそも関連性がない話になってしまいます。

予算配分という論点はありますが、建設業やインフラ業の
人をこれでは敵にまわしてしまうリスクもあるのでは。

ただ、本当に重要な部分として
「うまくいかない人たちをどうやって再チャレンジさせるのか」

これは必要な論点で良いことを言っていると
思います。

少なくとも今の日本には再チャレンジ制度がなさすぎるんです。

終身雇用・年功序列。

この制度が今もあり続けています。
もう何十年も前からこの良し悪しは言われていることに
なりますが、未だ顕在。

もちろん悪い面だけではなく良い面もあります。

ただ、大半の優良と呼ばれる企業がこの制度を制度に近いと
いう現実があり、一度失敗した人が立ち上がりにくい世の中に
思えます。

また、実際、関係無しに良い人材を取りたいと思う企業があっても
うまくマッチングがしにくいようにも見えます。

別にスキルがないわけではなく、潜在スキルは高いけど
たまたま新卒就職で失敗してしまった人達、
転職で運悪く失敗してしまった人達、
起業して運悪く失敗してしまった人達、
こういった人達を救う風土がなさすぎます。

この空気がないので、チャレンジしにくい。
チャレンジしても報われにくくなってしまうんです。

一度自分の務めた会社を離れて2~3年起業に打ち込んで
そこから同じか、同等以上の会社に戻れるくらいの風土を
用意しても良いように思います。

新しいことを始めると白い目で見られるような
世の中は変えていかなければいけません。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

医者になるまでにかかる学費の問題

私立医大の学費について議論している サイトを見て、考えました。 「私大医学部に行くにはお金がかかりすぎる」 という当たり前の話ではあるのですが、 不公平感がありませんか?という想いです。 医学部は6年 …

no image

横浜市の待機児童ゼロについて

今朝のニュースで横浜市の待機児童がゼロになる 見通しについて報道されているのを見た。 かつては待機児童数日本一という不名誉な称号を掲げた 横浜市であるが、3年前今の女性市長に変わってから 大きくその問 …

no image

いろいろな点で便利な電子マネー

お金の支払いに、電子マネーを利用している人も中にはいるでしょう。 電子マネーは、クレジットカードのように人々にそれほど 普及しているイメージはあまりありませんが、利用している人も いらっしゃいます。 …

no image

通信販売はクーリングオフができません

クーリングオフ制度があることは周知されていますが、その内容を 熟知している人はそれほど多くはありません。 クーリングオフというのは、いったん購入や契約をした後でも、 一定の条件を満たせば、消費者から一 …

no image

老齢厚生年金の保険料

老齢厚生年金の保険料はいくらくらいの支払いになるのでしょうか。 老齢厚生年金の保険料は、毎月の自分の給与と賞与それぞれに、 定められた共通の保険料率をかけて算出するものになります。 毎月の給与は、一定 …

アーカイブ