社会

再チャレンジができる世の中に

投稿日:

橋下徹・日本維新の会代表代行の演説で以下のような
ものがあったとされています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
公共工事を増やしたところで日本の製品、商品は売れない。不景気だというが、iPhone(アイフォーン)は売れている。充電式扇風機はバカ売れ、(自動)掃除機はバカ売れ。商店街が景気が悪いと言うが、インターネットの商店街やネットの本屋は大繁盛。新しい技術で商売をやっている人たちは大繁盛だ。時代に合わせた商品やサービスで世界に競争しながら勝たなければいけない。やる気のある民間の皆さんを邪魔しない、妨害しない、これが公の行政の役割だ。うまくいかない人たちをどうやって再チャレンジさせるのか。政治や行政が日本の経済を成長させることはできない。(愛媛県大洲市での街頭演説で)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

公共工事は少なくとも必須なものであり
単純に公共工事を増やすかどうかと日本の製品、商品を
売れないということを結びつけることには
そもそも関連性がない話になってしまいます。

予算配分という論点はありますが、建設業やインフラ業の
人をこれでは敵にまわしてしまうリスクもあるのでは。

ただ、本当に重要な部分として
「うまくいかない人たちをどうやって再チャレンジさせるのか」

これは必要な論点で良いことを言っていると
思います。

少なくとも今の日本には再チャレンジ制度がなさすぎるんです。

終身雇用・年功序列。

この制度が今もあり続けています。
もう何十年も前からこの良し悪しは言われていることに
なりますが、未だ顕在。

もちろん悪い面だけではなく良い面もあります。

ただ、大半の優良と呼ばれる企業がこの制度を制度に近いと
いう現実があり、一度失敗した人が立ち上がりにくい世の中に
思えます。

また、実際、関係無しに良い人材を取りたいと思う企業があっても
うまくマッチングがしにくいようにも見えます。

別にスキルがないわけではなく、潜在スキルは高いけど
たまたま新卒就職で失敗してしまった人達、
転職で運悪く失敗してしまった人達、
起業して運悪く失敗してしまった人達、
こういった人達を救う風土がなさすぎます。

この空気がないので、チャレンジしにくい。
チャレンジしても報われにくくなってしまうんです。

一度自分の務めた会社を離れて2~3年起業に打ち込んで
そこから同じか、同等以上の会社に戻れるくらいの風土を
用意しても良いように思います。

新しいことを始めると白い目で見られるような
世の中は変えていかなければいけません。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

声かけ事案の内容は本当は違う?

警察から配信されている声かけ事案と いうのが最近話題になっています。 公園で遊んでいる女児2人組に対し、 男性が「お年玉」と言って100円ずつ 渡したという話が事案として出ていたことが ありました。 …

no image

日本の地熱発電があまり広まっていない理由

日本の地熱発電系の技術は世界の地熱発電施設の7割が使用されています。 しかし、日本においては地熱発電の開発は世界に比べ、劣っています。 温泉大国であるアイスランドは地熱発電を用いて、経済を支えています …

no image

山間部での除雪方法

私は豪雪地帯である新潟県の山間部に住んでいます。 県外の方と話す機会によく話題に登るのが、豪雪地帯の 雪の話ですが、よく相手からこう言われることがあります。 「雪のあまり降らない地域に住んでいると、雪 …

no image

金融円滑化法の問題

4年前、リーマンショックが起き、多くの企業の経営が難しくなりました。 そこで政府は平成21年、金融円滑化法という金融機関に対し、借金返済の 猶予を作る法律を作りました。 借金返済の額を先延ばしにする代 …

no image

最低賃金は良いのか悪いのか

最低賃金を無くすという話を橋本さんが 提案していて、今話題になっています。 これはいいのか、悪いのかということ、 凄く難しい問題です。 もちろん最低賃金が無くなると単純に 給料は下がるに決まっています …

アーカイブ