健康

中性脂肪とエネルギー源

投稿日:

脂肪・・と聞くといいイメージがないのが
普通だと思いますが、私たちのからだには
ある程度の脂肪組織が必要です。

その脂肪組織の中でもっとも多く分布しているのが
中性脂肪です。

中性脂肪はトリグリセライドとも呼ばれ、
脂肪細胞の細胞質に脂肪滴となって存在しています。
脂肪組織は、中性脂肪のゆりかごのようなものと
いえます。

そのほかにも中性脂肪は血液の中や肝臓などにも
多く存在しています。

この中性脂肪はエネルギーを濃縮したかたちで
蓄えているエネルギー貯蔵庫であり、エネルギーの
質としてはたいへん良質なものです。

健康でいるためには、適度な中性脂肪の量が必要なのです。
例えば、遭難して食べ物がなくなったとき、からだの
他の組織を維持するために非常食としてこの中性脂肪が
使われます。いざというときの備えの役割なのです。

からだは非常時に備えて、中性脂肪を貯金しようとする
クセあり、余分に摂取したらせっせと蓄えていきます。
過剰に蓄えてしまうと燃焼させるのに苦労するという
特徴があるのです。

中性脂肪はエネルギー源ですが、一番手の燃料ではありません。
食べ物に含まれる糖を燃やしてエネルギーとして放出し、
その糖の余りを中性脂肪に変えて蓄えておく仕組みです。

脂肪というと油やバター、肉の脂身等を考えがちな
ところがありますが、実は炭水化物(=糖質)も
余った分は中性脂肪として蓄えられていきます。

中性脂肪はグリセロールと3種類の脂肪酸の
組み合わせでできています。エネルギーとして
利用されるときは、遊離脂肪酸(血清脂質の一つ)に
中性脂肪の中の3種類の脂肪酸がエネルギーとして
使われます。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

バナナがもたらす健康パワー

バナナが体に良い健康食品であることはみなさんご存知かと思いますが、 実際どんな効果を持っているのかはあまり知ら無い方がほとんどではないでしょうか? バナナには豊富に糖分が含まれています。 この糖分は体 …

no image

魚を食べて健康に

魚のほうが肉より健康にいいのは、皆さんご存知かと思います。 しかし、魚料理ってありきたりのものになって、飽きてきませんか? 今日は一味違った、魚料理をご紹介しようと思います。 見た目も豪華なので、お客 …

no image

肥満メカニズムではなく、太らないメカニズムを解明してほしい

肥満メカニズムを東北大が解明したということが ニュースとなっていました。 実際は凄い業績だと思いますが、単純に見れば、 飢餓に備えて栄養分を蓄えておく仕組みになっているのは 周知の事実だと思います。 …

no image

青汁の力をさらに高めるために

青汁はいろいろなメーカーから発売されていて、 その種類により期待される効果というのも違ってきます。 有効成分や品質にこだわった上にお手頃価格なものも多く、 区別なつきにくく、選ぶのは大変だと思います。 …

no image

肥満が引き起こす病気

最近、肥満ということが非常に気になってきています。 まだ明らかな肥満というわけではありませんがお腹が ぽっこりしてきています。 そこで、肥満が引き起こす病気ということで調べてみました。 ・脳血管疾患 …

アーカイブ