健康

中性脂肪とエネルギー源

投稿日:

脂肪・・と聞くといいイメージがないのが
普通だと思いますが、私たちのからだには
ある程度の脂肪組織が必要です。

その脂肪組織の中でもっとも多く分布しているのが
中性脂肪です。

中性脂肪はトリグリセライドとも呼ばれ、
脂肪細胞の細胞質に脂肪滴となって存在しています。
脂肪組織は、中性脂肪のゆりかごのようなものと
いえます。

そのほかにも中性脂肪は血液の中や肝臓などにも
多く存在しています。

この中性脂肪はエネルギーを濃縮したかたちで
蓄えているエネルギー貯蔵庫であり、エネルギーの
質としてはたいへん良質なものです。

健康でいるためには、適度な中性脂肪の量が必要なのです。
例えば、遭難して食べ物がなくなったとき、からだの
他の組織を維持するために非常食としてこの中性脂肪が
使われます。いざというときの備えの役割なのです。

からだは非常時に備えて、中性脂肪を貯金しようとする
クセあり、余分に摂取したらせっせと蓄えていきます。
過剰に蓄えてしまうと燃焼させるのに苦労するという
特徴があるのです。

中性脂肪はエネルギー源ですが、一番手の燃料ではありません。
食べ物に含まれる糖を燃やしてエネルギーとして放出し、
その糖の余りを中性脂肪に変えて蓄えておく仕組みです。

脂肪というと油やバター、肉の脂身等を考えがちな
ところがありますが、実は炭水化物(=糖質)も
余った分は中性脂肪として蓄えられていきます。

中性脂肪はグリセロールと3種類の脂肪酸の
組み合わせでできています。エネルギーとして
利用されるときは、遊離脂肪酸(血清脂質の一つ)に
中性脂肪の中の3種類の脂肪酸がエネルギーとして
使われます。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

梅毒のニュースが多くなっています。紙幣を触っただけでもうつる?

梅毒が流行っているという話が 多く出てきています。 先日も キスでも感染する梅毒 ということで記事を書きましたが、 今度は紙幣でも感染するなんて話まで 出てきてしまいました。 お金を触る仕事をしていて …

no image

職場でうつ状態を繰り返す人への対応方法

職場内でうつ病の診断を受けて休職を余儀なくされる人は多いです。 過労などのために生きるエネルギーが枯渇してしまっている人には 従来通りの対応方法である「服薬と十分な休養」で、3~6ヶ月もすると 状態が …

no image

間違いだらけのダイエット方法

世の中のダイエット情報を見ると、次から次へと 新しいダイエット方法が出てきます。 最もらしく雑誌で紹介し、本が出版され、DVD等も 発売されるもの、TVでプロモーションがかかるものも 多いので惑わされ …

no image

お正月でたるんだお腹は、冬の間に戻すことをオススメします。

年末からお正月にかけて、動きたくないが食べたくなる悪循環な時期。 しかし、必ず1年に1回はやってくる時期。 食べ物が、美味しい時期。 そんな時に気になるのが、いっぱい食べて、休みを満喫した後のお腹回り …

no image

健康野菜ヤーコンをご存じですか

南米アンデス山脈が原産の野菜、ヤーコンをご存じでしょうか。 このヤーコン、食物繊維がとても豊富で、フラクトオリゴ糖の 含有量もとても多いのです。 なので、生活習慣病やダイエットなど、いろいろな面で体が …

アーカイブ