健康

中性脂肪とエネルギー源

投稿日:

脂肪・・と聞くといいイメージがないのが
普通だと思いますが、私たちのからだには
ある程度の脂肪組織が必要です。

その脂肪組織の中でもっとも多く分布しているのが
中性脂肪です。

中性脂肪はトリグリセライドとも呼ばれ、
脂肪細胞の細胞質に脂肪滴となって存在しています。
脂肪組織は、中性脂肪のゆりかごのようなものと
いえます。

そのほかにも中性脂肪は血液の中や肝臓などにも
多く存在しています。

この中性脂肪はエネルギーを濃縮したかたちで
蓄えているエネルギー貯蔵庫であり、エネルギーの
質としてはたいへん良質なものです。

健康でいるためには、適度な中性脂肪の量が必要なのです。
例えば、遭難して食べ物がなくなったとき、からだの
他の組織を維持するために非常食としてこの中性脂肪が
使われます。いざというときの備えの役割なのです。

からだは非常時に備えて、中性脂肪を貯金しようとする
クセあり、余分に摂取したらせっせと蓄えていきます。
過剰に蓄えてしまうと燃焼させるのに苦労するという
特徴があるのです。

中性脂肪はエネルギー源ですが、一番手の燃料ではありません。
食べ物に含まれる糖を燃やしてエネルギーとして放出し、
その糖の余りを中性脂肪に変えて蓄えておく仕組みです。

脂肪というと油やバター、肉の脂身等を考えがちな
ところがありますが、実は炭水化物(=糖質)も
余った分は中性脂肪として蓄えられていきます。

中性脂肪はグリセロールと3種類の脂肪酸の
組み合わせでできています。エネルギーとして
利用されるときは、遊離脂肪酸(血清脂質の一つ)に
中性脂肪の中の3種類の脂肪酸がエネルギーとして
使われます。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

ウォーキングで心身ともにリフレッシュ

運動不足解消のためにウォーキングを行っているという人は 少なくないはずです。 もちろんタラタラと歩くだけではダイエット効果につながることは 少ないようですが、以前は家から出て歩くことは全然なかったと …

no image

食事療法+運動療法で肥満を解消

肥満を解消するためのダイエット方法は、大きく以下の2つに 分類されます。 ・食事療法 ・運動療法 どちらにしても、正しい目標を設定して、無理なくできるように していくことが重要です。短期間での過激な原 …

no image

唇の乾燥とパック

寒くなってくると、真っ先に乾燥を感じる部分、唇。 普段からスキンケアやパックなど、 こまめな手入れをしている人に取っては十分な対策があるかもしれないけれど、 忙しくしているとなかなかそうはいきません。 …

no image

りんごジュースの育毛効果

テレビのコマーシャルで、薄毛はお医者さんで治せますと いう言葉を耳にしたことがある人も多いと思われます。 中高年男性の薄毛の原因として最も多い男性型脱毛は、 病院で治療を受けることができるようになって …

no image

初メタボ健診で思ったこと

今年、初メタボ健診でした。 あまりうれしいわけではないですが・・・。 一応、そういう名目でもないと 主婦は健康診断というものにでかけるチャンスが少ないので それはそれでうれしいことの範疇にするべきかな …

アーカイブ