健康

脂肪の体への取りこまれ方

投稿日:2012/11/27 更新日:

血液を試験管のなかんい入れておくと、
やがて上下2つの層に分かれます。

上の層が血清、下の層が血球です。

血清の中に含まれているのは主に水分で
そのほかにもたんぱく質や糖質、脂質等が
混ざっています。これらはすべて、からだに
とって必要なものなのです。

そして、その中の脂質(血清脂質)には、
中性脂肪、コレステロールの他、遊離脂肪酸、
リン脂質などが含まれます。脂質は血液にのって
全身に運ばれていくものなのです。

食べ物は、小腸で消化・吸収されます。
中性脂肪やコレステロール等の脂質も
一部は腸管から吸収され、残りは血液を
通って全身の組織や細胞に運ばれていきます。

ですが、そのままの油の姿では、水と油の
関係であり、血液中に溶け込むことができません。

そこで脂質はたんぱく質と結合して複合たんぱく質
(リボたんぱく)に姿を変え、血液中に入っていきます。

脂をたんぱく質の皮で包んだと考えてください。
このたんぱく質の皮はアポたんぱくとリン脂質と
いう成分でできています。

・・続く・・

adsense

adsense

-健康

執筆者:


  1. […] 投稿ナビゲーション ← 前へ 次へ → […]

関連記事

no image

マグボトルでおかゆを作って、ダイエットに挑戦

女性なら興味を持つ人も多いダイエット。 でも、リバウンドをしてしまわないか、体調を崩して しまうのではないかという心配もあるのは事実です。 無理な食事制限は、かえってストレスになることもしばしばですよ …

no image

1歳の乾燥肌対策

私自身は肌の乾燥に関してのトラブルや悩みはなく、 比較的どんな化粧品やクリームを使っても大丈夫な方です。 一方主人は元々乾燥肌であり、また趣味で日焼けを 繰り返ししている事から更に乾燥に拍車をかけた状 …

no image

子どもの乾燥肌について

今年の冬、子どもが乾燥肌だったみたいで初めて お腹や背中に湿疹が広がりました。 去年は生まれてそんなに経っていないので慎重にお風呂に入れたり、 保湿クリームを塗っていましたが、今年は1歳も過ぎてある程 …

no image

毎朝の豆乳で冬太りを予防しませんか?

実は豆乳は、低カロリーですが基礎代謝を活発にする機能があるので、 まさに今が旬の鍋や、お酒には欠かせない貴重な味方のドリンクなのです。 ダイエットとなると、よくあるのが3食中1食をドリンクに置き換えダ …

no image

部屋の乾燥を防ぐ

冬になると、エアコンをかけるので、部屋がもの凄く乾燥します。 部屋が乾燥すると、一日の大半を部屋の中で過ごす私には肌荒れの症状が出て大変です。 唇の皮が剥げてきて、ガサガサになりますし、鼻の下もガサガ …

アーカイブ