健康

リポたんぱくの種類

投稿日:2012/11/27 更新日:

脂肪の体への取りこまれ方の続きです。

体内に入った脂肪は小腸で消化・吸収され、
再合成されてカイロミクロンとなって
肝臓へ運ばれます。
その中身の多くは中性脂肪です。

カイロミクロンは必要なときに肝臓から放出され
血液を介して全身に運ばれます。

体内のいろいろな場所で細胞組織に入る前に
リパーゼという消化酵素と結合し、中身の中性脂肪は
細胞に取り込まれます。

そして残った部部は、LDL(低比重リポたんぱく)に
なったり、HDL(高比重リポたんぱく)に生成されます。

リパーゼの働きが弱まると、中性脂肪は細胞ないに
とりこまれなくなり、血液中の中性脂肪値が上昇する
ことになります。

◆リポたんぱくについて

リポたんぱくには5つの種類があって、どれも
含まれる成分(中世脂肪、コレステロール等)は
同じですが、中性脂肪とコレステロールの配合の
割合や大きさ、つくられる場所が異なります。

1.HDL(高比重リポたんぱく)

5種類の中でもっとも小さなリボたんぱくで
血管の隙間から自由に出入り可能なものに
なります。動脈内にたまったコレステロールを
回収し肝臓まで運ぶ働きがあり、いわば動脈の掃除係です。
善玉コレステロールの代表と言われています。

2.LDL(低比重リポたんぱく)

細胞膜やホルモンなどの素材となるコレステロールを
運びます。動脈壁にたまりやすく、そこで酸化して
しまうと、動脈硬化を招きます。
そのため悪玉コレステロールの代表とも
言われています。

3.IDL(中間比重リポたんぱく)

次に紹介するVLDLが分解されたあとにできる
残りカスの部分です。肝臓に入ってLDLを
つくります。

4.VLDL(超低比重リポたんぱく)

中性脂肪を運ぶリポたんぱくです。
肝臓で生成sれ、IDLをつくり、LDLのもとと
なります。

5.カイロミクロン

主に中性脂肪を運ぶリポたんぱくです。
小腸でつくられ、5つのリポたんぱくの中で
一番大きい種類です。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

中性脂肪とエネルギー源

脂肪・・と聞くといいイメージがないのが 普通だと思いますが、私たちのからだには ある程度の脂肪組織が必要です。 その脂肪組織の中でもっとも多く分布しているのが 中性脂肪です。 中性脂肪はトリグリセライ …

no image

夕食後にハーブティーのすすめ

一日の仕事を終えて帰宅し、眠りにつくまでの時間は、 ゆっくり好きなことをして過ごす最上のリラックスタイムですね。 そんな時、好きなお酒やコーヒーを片手にというのも 楽しいものですが、とりすぎたアルコー …

no image

アトピーと乾燥肌対策

とにかく、アトピーと乾燥は強烈なタッグですね。 うちは娘がアトピーです。秋に入るといっぺんに全身が乾燥し始めます。 肘の周辺やひざの裏、背中、お腹。乾燥するから痒いんですね。 かき壊して、飛び火になる …

no image

jinspc 花粉カットのラインナップが完売!!

jinpcを以前に買って効果があったと思ったので 花粉カット、花粉防止用のメガネも買ってみようかと 思っていました。 今年の花粉は本当にひどく病院で薬を処方して もらって、何とか抑えていますが、それで …

no image

寝る前のクーラーはオフタイマーはNG

今年の猛暑、かなり大変なことになってきて いますよね。 とてもエアコン無しではやっていけない、 また無理するとすぐ熱中症になってしまうという 危険な状態になっていると思います。 本日の報道ステーション …

アーカイブ