健康

リポたんぱくの種類

投稿日:2012/11/27 更新日:

脂肪の体への取りこまれ方の続きです。

体内に入った脂肪は小腸で消化・吸収され、
再合成されてカイロミクロンとなって
肝臓へ運ばれます。
その中身の多くは中性脂肪です。

カイロミクロンは必要なときに肝臓から放出され
血液を介して全身に運ばれます。

体内のいろいろな場所で細胞組織に入る前に
リパーゼという消化酵素と結合し、中身の中性脂肪は
細胞に取り込まれます。

そして残った部部は、LDL(低比重リポたんぱく)に
なったり、HDL(高比重リポたんぱく)に生成されます。

リパーゼの働きが弱まると、中性脂肪は細胞ないに
とりこまれなくなり、血液中の中性脂肪値が上昇する
ことになります。

◆リポたんぱくについて

リポたんぱくには5つの種類があって、どれも
含まれる成分(中世脂肪、コレステロール等)は
同じですが、中性脂肪とコレステロールの配合の
割合や大きさ、つくられる場所が異なります。

1.HDL(高比重リポたんぱく)

5種類の中でもっとも小さなリボたんぱくで
血管の隙間から自由に出入り可能なものに
なります。動脈内にたまったコレステロールを
回収し肝臓まで運ぶ働きがあり、いわば動脈の掃除係です。
善玉コレステロールの代表と言われています。

2.LDL(低比重リポたんぱく)

細胞膜やホルモンなどの素材となるコレステロールを
運びます。動脈壁にたまりやすく、そこで酸化して
しまうと、動脈硬化を招きます。
そのため悪玉コレステロールの代表とも
言われています。

3.IDL(中間比重リポたんぱく)

次に紹介するVLDLが分解されたあとにできる
残りカスの部分です。肝臓に入ってLDLを
つくります。

4.VLDL(超低比重リポたんぱく)

中性脂肪を運ぶリポたんぱくです。
肝臓で生成sれ、IDLをつくり、LDLのもとと
なります。

5.カイロミクロン

主に中性脂肪を運ぶリポたんぱくです。
小腸でつくられ、5つのリポたんぱくの中で
一番大きい種類です。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

歯周病予防にはCHX洗口液

50代後半の男性からの投稿を紹介します。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 50代後半の男性です。40代から歯科で初期の歯周病と診断され、それ以来 歯科の指導による歯磨き方と液を使っています。お …

no image

花粉症 熱 38度

昨日から急にまた鼻水や喉の調子が悪かったので また花粉が発症した、と耳鼻科に行って薬を もらってきました。 確かにその薬を飲んで、鼻水や喉については和らいで きた状態です。 でも、なんか頭がぼーっとす …

no image

コーヒーを飲んで肥満になる!?

コーヒーは脂肪を燃焼させる効果があるというような 話、コーヒーを飲んで痩せるというような話は一般的な 話としてよく聞きます。 ただ、それとは全く反対で1日に5杯以上のコーヒーを 飲むと肥満・糖尿病にな …

no image

ストレスとカロリー

人間はストレスを感じると、無意識に脳から 身を守るためにカロリーを消費しやすくなるという 話を見つけました。 参考) http://www.ntv.co.jp/megaten/library/date …

no image

子供の肥満が急増

肥満を警戒しなければならにのは、大人に限った話では ありません。 日本の子供たちの間でも、肥満は激増しているのです。 1980年代から子供の脂肪摂取量は適性範囲の30%を超え、 その値は今も増え続けて …

アーカイブ