健康

リポたんぱくの種類

投稿日:2012/11/27 更新日:

脂肪の体への取りこまれ方の続きです。

体内に入った脂肪は小腸で消化・吸収され、
再合成されてカイロミクロンとなって
肝臓へ運ばれます。
その中身の多くは中性脂肪です。

カイロミクロンは必要なときに肝臓から放出され
血液を介して全身に運ばれます。

体内のいろいろな場所で細胞組織に入る前に
リパーゼという消化酵素と結合し、中身の中性脂肪は
細胞に取り込まれます。

そして残った部部は、LDL(低比重リポたんぱく)に
なったり、HDL(高比重リポたんぱく)に生成されます。

リパーゼの働きが弱まると、中性脂肪は細胞ないに
とりこまれなくなり、血液中の中性脂肪値が上昇する
ことになります。

◆リポたんぱくについて

リポたんぱくには5つの種類があって、どれも
含まれる成分(中世脂肪、コレステロール等)は
同じですが、中性脂肪とコレステロールの配合の
割合や大きさ、つくられる場所が異なります。

1.HDL(高比重リポたんぱく)

5種類の中でもっとも小さなリボたんぱくで
血管の隙間から自由に出入り可能なものに
なります。動脈内にたまったコレステロールを
回収し肝臓まで運ぶ働きがあり、いわば動脈の掃除係です。
善玉コレステロールの代表と言われています。

2.LDL(低比重リポたんぱく)

細胞膜やホルモンなどの素材となるコレステロールを
運びます。動脈壁にたまりやすく、そこで酸化して
しまうと、動脈硬化を招きます。
そのため悪玉コレステロールの代表とも
言われています。

3.IDL(中間比重リポたんぱく)

次に紹介するVLDLが分解されたあとにできる
残りカスの部分です。肝臓に入ってLDLを
つくります。

4.VLDL(超低比重リポたんぱく)

中性脂肪を運ぶリポたんぱくです。
肝臓で生成sれ、IDLをつくり、LDLのもとと
なります。

5.カイロミクロン

主に中性脂肪を運ぶリポたんぱくです。
小腸でつくられ、5つのリポたんぱくの中で
一番大きい種類です。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

ダイエットは修行です

今年で50代半ばになる主婦です。 20代はかなりの大食漢でしたが、代謝が良かったのか、 あまり太らなかったんですね。 しかし3人の子供を産み、30代後半になる頃は基礎代謝が 落ちてきたらしく、さほど食 …

no image

股関節ストレッチ

股関節が堅くなると老化のスピードが速くなるといわれます。 老人歩きと俗に言われる歩き方は前傾姿勢で足を擦るように 短い歩幅での歩き方です。 これは股関節が堅くなっていて、歩幅が広くとれないのが 原因の …

no image

部屋 乾燥 対策

乾燥に悩まされる季節になりました。 家電量販店などに行くと加湿器コーナーも出来ていて いろんな商品が売っています。 雑貨屋さんでも最近はかわいい加湿器が売られているのを 見かけるようになりました。 部 …

no image

アロマテラピーでストレス解消

アロマテラピーは、注目度が高い リラックス方法となっています。 草花から抽出した天然オイルを使い、香りに よってからだの緊張をほぐすというもので ヨーロッパでは17世紀ごろから用いられてきたと いう歴 …

no image

健康で、長生きしたければ、嘘を減らす事、米ノートルダム大学の衝撃の実験

健康の為には、果物や野菜を食べ、定期的に運動をし、 できるだけ嘘をつかないようにするとよい。 そんな、衝撃の結果が、米ノートルダム大学心理学教授の Anita Kelly氏らの研究で明らかになったそう …

アーカイブ