健康

リポたんぱくの種類

投稿日:2012/11/27 更新日:

脂肪の体への取りこまれ方の続きです。

体内に入った脂肪は小腸で消化・吸収され、
再合成されてカイロミクロンとなって
肝臓へ運ばれます。
その中身の多くは中性脂肪です。

カイロミクロンは必要なときに肝臓から放出され
血液を介して全身に運ばれます。

体内のいろいろな場所で細胞組織に入る前に
リパーゼという消化酵素と結合し、中身の中性脂肪は
細胞に取り込まれます。

そして残った部部は、LDL(低比重リポたんぱく)に
なったり、HDL(高比重リポたんぱく)に生成されます。

リパーゼの働きが弱まると、中性脂肪は細胞ないに
とりこまれなくなり、血液中の中性脂肪値が上昇する
ことになります。

◆リポたんぱくについて

リポたんぱくには5つの種類があって、どれも
含まれる成分(中世脂肪、コレステロール等)は
同じですが、中性脂肪とコレステロールの配合の
割合や大きさ、つくられる場所が異なります。

1.HDL(高比重リポたんぱく)

5種類の中でもっとも小さなリボたんぱくで
血管の隙間から自由に出入り可能なものに
なります。動脈内にたまったコレステロールを
回収し肝臓まで運ぶ働きがあり、いわば動脈の掃除係です。
善玉コレステロールの代表と言われています。

2.LDL(低比重リポたんぱく)

細胞膜やホルモンなどの素材となるコレステロールを
運びます。動脈壁にたまりやすく、そこで酸化して
しまうと、動脈硬化を招きます。
そのため悪玉コレステロールの代表とも
言われています。

3.IDL(中間比重リポたんぱく)

次に紹介するVLDLが分解されたあとにできる
残りカスの部分です。肝臓に入ってLDLを
つくります。

4.VLDL(超低比重リポたんぱく)

中性脂肪を運ぶリポたんぱくです。
肝臓で生成sれ、IDLをつくり、LDLのもとと
なります。

5.カイロミクロン

主に中性脂肪を運ぶリポたんぱくです。
小腸でつくられ、5つのリポたんぱくの中で
一番大きい種類です。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

五本指靴下で水虫解決

水虫に悩んでいる人にぜひお勧めしたいのが「五本指靴下」です。  がんこな水虫もこの五本指靴下で治ったという例が多数あります。 最近はどこでも五本指靴下が手に入るようになりましたが、 気をつけていただき …

no image

ダイエットにお勧めの酵素サプリメントの活用術

美容に興味があるという方の多くは、ダイエットに チャレンジされた経験があると思いますが、意外と 効果が出なくて苦労されたこともあるかと思います。 さらに、実際にエステなどのサービスを活用しようと思うと …

no image

海での日焼け対策

夏は海に潮干狩りや海水浴に行く方が多いと思います。 海のレジャーで気をつけたいのは日焼けです。 海水浴後、皮膚が赤くなってピリピリしてしまったと いう方もいるはずです。 日焼けはやけどと同じで、肌にと …

no image

喉の乾燥対策

今、私の家族のうち二人がゲホゲホずっと乾いた咳をしていて、 もしかしたら今流行りのマイコプラズマ肺炎とか結核なんじゃないかと 疑って病院に行って診てもらいましたが、まったくそんな気配はありませんでした …

no image

早食いは禁物

中性脂肪やコレステロールが気になる人が やってはいけないものとしては早食い、朝食抜きと いうものがあります。 早食いかどうかということは自分ではあまり わからないということも多いと思います。 何分くら …

アーカイブ