社会

最低賃金は良いのか悪いのか

投稿日:

最低賃金を無くすという話を橋本さんが
提案していて、今話題になっています。

これはいいのか、悪いのかということ、
凄く難しい問題です。

もちろん最低賃金が無くなると単純に
給料は下がるに決まっていますが、この下がった
給料分を見て、最低分の生活賃金は別に保障しましょうと
いう話。

現在も生活保護という概念があるので、
働きたいけれど、最低賃金のおかげで生活できないと
いうような人に関しては新たな道が開けることに
なります。

この制度、本当にそうなるのでしょうか?
もちろんまだ決まったわけでもなんでもありませんが
理想論というようにどうしても見えてしまいます。

企業側としては何としても人は安く使いたいのは
当然の論理。一部の有能な正社員は高く扱うのは
あっても、作業員としてのアルバイトはできるだけ
低く低くしたい。

最低賃金が無くなればいくらでも下げることができる。

市場論理がきちんと働けばとしても現実は
働かない。
こんなに安い仕事であれば働かない、私は
このくらいの時給の仕事でないとやらないということが
成り立てばいいですが、いくらでも下げられて
全ての企業が賃金を下げてしまえばそれに従わざるを
得なくなってしまいます。

今現在、コンビニ等で時給が850円であるのが
全てが一斉に700円にしたとき、やはりそこで
働かざるを得ない人達はたくさんいるのではないでしょうか?

そして生活の不足分は税金を投入するとした
場合、その財源は??

と考えると非常に危険であると感じてしまうのです。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

サラリーマンのランチ事情が異常に こんな世の中でいいのか?

サラリーマンのランチ代がたったの250円以下に なっているというニュースありました。 しかも地方水準ではなくて都内のサラリーマン水準と いう話です。 (参照) サラリーマンの24%「ランチ代は250円 …

クリぼっちでもいい?でも誰かといた方がいいですよね。

若い男性のうち3割がクリぼっちだと いうこと。 仕事やバイトもいつも通りに 行っているそうです。 別に絶対に誰かと一緒にいなければ いけないなんてルールは 全くありませんけど、これはこれで なんだか寂 …

no image

2013年 生命保険の保険料の値上げ

2013年の新年度(4月)から生命保険の保険料が値上げされる 可能性が高まっています。その原因となるのが、 金融庁による「標準利率の引き下げ」です。 生命保険会社は、保険料の運用によって得られる収益を …

no image

晩婚化と出会いの場

日本の晩婚化・非婚化が顕著になっており、結婚する平均年齢は 女性が27.4歳、男性が29.3歳となっています。 10年前に比べると、実に2歳以上も結婚する年齢が遅くなっています。 日本の晩婚化が進んで …

no image

家事の能率

専業主婦の時間は毎日たっぷりあります。 時間の上手な使い方によって効率よく家事をこなすことが できた場合はとても満足感を得られます。 少しでも家事の能率が落ち、家事の作業が後手後手に なってしまった日 …

アーカイブ