ビジネス

電機小売店のショールーム化について

投稿日:

電子書籍端末のkindleの販売をヤマダ電機が
拒否したということが話題になっています。

amazonの販売端末であり、敵に塩を送ることに
なってしまうというのがその理由とのことですが、
確かに言われているとおり、顧客を奪われる要因が
大きくなっているように思われます。

電機小売店がショールーム化されていて、
実際に商品を見ることができる小売店で
商品を確かめる。

そして家に帰ってamazonで型番を入力して
発注する。amazonの方が安く、送料も無料と
なっている今、そうしない理由がない。

商品を置いてくれるお店に対する感謝、
店員さんに対する義理等は一切経済合理性からは
関係ありません。

これが街の商店であれば、つきあいもあるから
この人から買わなければというのがあっても
大規模小売店でそのような感情は抱きにくいでしょう。

ショールーム化の回避策として、故障時や
梱包・運搬等、使い方等のアフターサービス類を
充実させて人が売る工夫をしていかなければ
いけないと提案されているものもありますが、
これもいずれ技術革新による限界が来るのでは
ないでしょうか。

今のネットショッピングでは確かに型番と機能は
見えても、詳細までを確認することはできません。
ただ、段々と動画化が進んでいるように動画で
商品が見えるようになってくる時代はそんなに
遠くないでしょう。

営業マンがスカイプで質問を承るというのも
十分可能なように思います。

そしてこれが、3-D、バーチャル体験ができる技術が
普及したとき、わざわざ店頭に行く必要というのが
ショールーム以外の要素がなくなってしまうのでは
ないかと思えるのです。

まだその時期には達していませんが、
時代の流れを否定しても何も変わりません。

新たな動きを起こしていったものが勝つと
いうときが来るのではと考えます。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

飲食店を運営することのリスク

また新しく食中毒が発生したというニュースが 報道されています。 山梨県で仕出し業者の弁当を食べた240人が 食中毒症状を訴えたというものです。 営業停止処分が出されたということでこの 停止処分はもちろ …

no image

今後のための後輩育成のすすめ

会社員人生ではいくつか難関が自分の前に立ちはだかると 思いますが、入社後すぐの混乱状態を抜け出すと次に 差し掛かる大きな問題が後輩育成だったりします。 別に後輩育成なんて誰でもやっていることだし、 時 …

no image

コピーライティングの情報商材に気持ち悪さを感じる

最近、コピーライティングの情報商材が 発売されています。 著者はコピーライティングで情報商材を 10億円以上売っているとか・・。 情報商材といっても色々な種類があるのですが、 この場合「稼ぐ系」の情報 …

no image

忙しいから勉強できないでは一生勉強できない

社会人の人では勉強をしたくても時間がなく 勉強できないという人がとても多いように思います。 正社員でいられるということが幸せであるような 大変な時代、正社員で生き残ることすらが大変な時代と なってきて …

no image

勉強は質よりも量である

勉強は質よりも量・・・こんなことを言うのと 逆じゃないのか?少ない時間で最大の効果を出すのが 勉強というものじゃないのか?という声が多く聞こえて きそうな気がします。 ただ、冷静に見てみると、この「量 …

アーカイブ