ビジネス

電機小売店のショールーム化について

投稿日:

電子書籍端末のkindleの販売をヤマダ電機が
拒否したということが話題になっています。

amazonの販売端末であり、敵に塩を送ることに
なってしまうというのがその理由とのことですが、
確かに言われているとおり、顧客を奪われる要因が
大きくなっているように思われます。

電機小売店がショールーム化されていて、
実際に商品を見ることができる小売店で
商品を確かめる。

そして家に帰ってamazonで型番を入力して
発注する。amazonの方が安く、送料も無料と
なっている今、そうしない理由がない。

商品を置いてくれるお店に対する感謝、
店員さんに対する義理等は一切経済合理性からは
関係ありません。

これが街の商店であれば、つきあいもあるから
この人から買わなければというのがあっても
大規模小売店でそのような感情は抱きにくいでしょう。

ショールーム化の回避策として、故障時や
梱包・運搬等、使い方等のアフターサービス類を
充実させて人が売る工夫をしていかなければ
いけないと提案されているものもありますが、
これもいずれ技術革新による限界が来るのでは
ないでしょうか。

今のネットショッピングでは確かに型番と機能は
見えても、詳細までを確認することはできません。
ただ、段々と動画化が進んでいるように動画で
商品が見えるようになってくる時代はそんなに
遠くないでしょう。

営業マンがスカイプで質問を承るというのも
十分可能なように思います。

そしてこれが、3-D、バーチャル体験ができる技術が
普及したとき、わざわざ店頭に行く必要というのが
ショールーム以外の要素がなくなってしまうのでは
ないかと思えるのです。

まだその時期には達していませんが、
時代の流れを否定しても何も変わりません。

新たな動きを起こしていったものが勝つと
いうときが来るのではと考えます。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

Amazonで買い物したことはあるか?当然ありますよね?

Amazonで買い物をしたことが あるのかどうか、これについてTOKYO FMが リスナー調査をしたそうです。 その結果が 頻繁に買い物している 24.6% ときどき買い物する 34.4% 何回かは買 …

no image

LCCの料金は公平性の上に成り立っています

日本でピーチというLCC(格安航空会社)が設立されて以来、 LCCを利用する旅行者が急激に増加しています。 日本の航空会社の系列のLCCも増え、海外からも次々と 参入していることから、顧客の争奪戦も始 …

三菱自動車からカルロスゴーン氏への報酬は何億?

三菱自動者が役員報酬の 上限を3倍の30億円に設定したと いうことで報道されていました。 今の業績で役員報酬が大幅に上がることは 常識的に考えられず、どう考えても これは日産から就任するカルロスゴーン …

no image

「NAVERまとめ」のインセンティブ制度の変更

「NAVERまとめ」のインセンティブ制度がげ変更されて、 アクセスの質重視に変わるということです。 確かに質に関してはかなり怪しいものが 見受けられたように思います。 著作権等も本当にこれはいいのか! …

no image

紹介予定派遣はスタッフの派遣先への就職が目的

派遣という仕事があることはすべての人に知られていますが、 「紹介予定派遣」という仕事に関しては、知らない人も少なくありません。 派遣の場合、スタッフは派遣会社に所属し、派遣会社との契約に 基づいて派遣 …

アーカイブ