社会

ネット使用が2時間以内になれば正常

投稿日:

プライベートのインターネット使用が2時間以内であれば
正常で、そうでない場合はインターネット依存症の
可能性があるようです。

参考)
「ネット依存症」深刻化 スマホなど携帯型端末も要因
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121204-00000532-san-soci

従来のひきこもりと異なり、スマホやタブレットは
持ち歩きが可能であるため、物理的には外出できている、
健全な生活ができているように見えながら
実際は心が崩壊していくという構造でしょうか。

私自身を振り返ってみても、十分に危ないということを
感じます。ちょっとしたオンラインゲームや
ネットサーフィン程度で2時間なんてあっという間です。

昔は常時接続なんて存在しなかった時代もあれば
インターネットに接続なんて概念がなかった時代も
ありました。

そのときに一体何をしていたのか?と考えると
きちんと時間を使っていたわけなので、その時間が
ネットにシフトしているということは何かを
その分失っているわけです。

ただ、深刻な症状を引き起こすということは
一つの事例としてはあっても、個人的にはそれを利用して
良い関係を築いていくことは不可能ではないと
考えています。

SNSによる繋がりがバーチャルだけではなく
リアル化していくことは珍しくないですし、
インターネットの環境を利用して仕事に繋げるという
こともできるはず。

ネット依存で社会生活ができなくなるのであれば
ネット依存傾向を逆に利用する。

このくらいの考え方ももって悩んでいる人は
取り組んでいただければと思います。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

クリぼっちでもいい?でも誰かといた方がいいですよね。

若い男性のうち3割がクリぼっちだと いうこと。 仕事やバイトもいつも通りに 行っているそうです。 別に絶対に誰かと一緒にいなければ いけないなんてルールは 全くありませんけど、これはこれで なんだか寂 …

no image

居酒屋で働いていたときの経験

私は以前、都内のある居酒屋で働いていました。 居酒屋で働くのはあまり好きではありませんでした。 何しろ、酔っ払いの客に応対せねばならず、酔客というのは いったいどんなことを言い出すのか分からないからで …

学歴も格差社会となってきている 子どものためには大卒!?

学歴で分断される日本のリアルと いうような記事が出絵いました。 学歴の格差があるという話ですが 以前から●●大の出身かどうかで 就職や出世に響くというような話は ごく当たり前に起こっていますが、 実態 …

no image

ノンアルコール飲料の急増と社会

ノンアルコール飲料ですが、その勢力は ますます大きくなってきているように 思います。 ノンアルコール飲み会なんてものも 現在は開かれているとニュースでも出ています。 出費が抑えられますしよいとの話が出 …

no image

藻における日本の可能性

2010年、日本の大学教授が従来の植物より20倍以上の石油生産力をもつ藻がある事を発表しました。 これにより日本は将来石油産油国として生まれ変わる可能性が出たのです。 この藻は、深さ1メートル、広さ1 …

アーカイブ