ビジネス

コピーライティングの情報商材に気持ち悪さを感じる

投稿日:

最近、コピーライティングの情報商材が
発売されています。

著者はコピーライティングで情報商材を
10億円以上売っているとか・・。

情報商材といっても色々な種類があるのですが、
この場合「稼ぐ系」の情報商材なんですよね。

これに非常に気持ち悪さを感じてしまうのです。
もちろん良いものは良いのでしょうが、
このコピーライティングによって売られた
商材は本当に効果があったのでしょうか?

買う人の目的はコピーライティングに関心を持って
購入することではなくて、その商材を買って
実際に勉強して何らかの方法で稼げるように
なるということだと思います。

期待していた結果が出せるかどうかが
その商材のカギとなるわけです。
少なくともその商材を買うという投資行為が
赤字になってしまうようでは、その商材自体が
詐欺と言われてもおかしくありません。

10億円以上は1年間で販売したという話ですが、
果たして購入者の方々は合計で10億円以上
稼げたのでしょうか?

もしかして
本当はその商材はそこまでの効果がないにも関わらず
「コピーライティングの力によって」魅力的なものに
映り売れていたとしてら、危なくないでしょうか?

口コミ等で良いという話で売れ続けていくのは
消費者の実態に基づくものであり良い行為だと
思いますが、コピーライティングが想像より
よく見せかけているとなると、それは誇大広告等の
話になってきてしまいます。

もちろんこれが本当は良い商品であるけど、
知名度が低いために売れていない、というような
ものであれば大きく効果を出すものであり、
それは健全だと思います。

どうもそうでないコピーライティングは

・本当にそれを身につけてしまって大丈夫なのか?
・またそれを身につけることができるということ自体が
 コピーライティングの上手さに引っかかっているのでは?

という疑問が生じ、気持ち悪さを感じてしまうのです。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

新卒の就職活動開始!就活ドラフトで紹介を受けてみませんか?

就職活動がついにスタートと いうことでニュース報道がされていました。 新卒就職を狙うみなさんは もうどこの企業、どこの業界を 狙っていくか等決まっていますでしょうか? 普通にリクナビに登録して就職活動 …

no image

資本主義社会を生き抜く方法

今、日本でも貧富の差が大きくなっていると いえます。 社会的弱者が増え続けていることで、資本主義なんて、 こんなシステムは役になっていないと思う人もいるかと 思います。 税金の差があるといっても富の再 …

no image

飲食店の原価率

サラリーマンが退職して、ラーメン店や焼鳥屋などの 飲食店を開いたけど、儲かっていない、という話をよく聞きます。 すべての商売の基本は利益であり、利益の計算を無視した 商売の存続はあり得ません。利益計算 …

no image

デキるビジネスマンは〝名刺〟が違う! 小さな工夫で名刺の効果を100倍にする方法

社会に出れば誰でも最初に作るのが〝名刺〟です。 いまの時代は便利なもので、名刺のテンプレート素材を使えば 自宅のプリンターで必要分が印刷できてしまいます。 そうなってくると名刺に工夫を凝らそうと派手な …

no image

電機小売店のショールーム化について

電子書籍端末のkindleの販売をヤマダ電機が 拒否したということが話題になっています。 amazonの販売端末であり、敵に塩を送ることに なってしまうというのがその理由とのことですが、 確かに言われ …

アーカイブ