ビジネス

コピーライティングの情報商材に気持ち悪さを感じる

投稿日:

最近、コピーライティングの情報商材が
発売されています。

著者はコピーライティングで情報商材を
10億円以上売っているとか・・。

情報商材といっても色々な種類があるのですが、
この場合「稼ぐ系」の情報商材なんですよね。

これに非常に気持ち悪さを感じてしまうのです。
もちろん良いものは良いのでしょうが、
このコピーライティングによって売られた
商材は本当に効果があったのでしょうか?

買う人の目的はコピーライティングに関心を持って
購入することではなくて、その商材を買って
実際に勉強して何らかの方法で稼げるように
なるということだと思います。

期待していた結果が出せるかどうかが
その商材のカギとなるわけです。
少なくともその商材を買うという投資行為が
赤字になってしまうようでは、その商材自体が
詐欺と言われてもおかしくありません。

10億円以上は1年間で販売したという話ですが、
果たして購入者の方々は合計で10億円以上
稼げたのでしょうか?

もしかして
本当はその商材はそこまでの効果がないにも関わらず
「コピーライティングの力によって」魅力的なものに
映り売れていたとしてら、危なくないでしょうか?

口コミ等で良いという話で売れ続けていくのは
消費者の実態に基づくものであり良い行為だと
思いますが、コピーライティングが想像より
よく見せかけているとなると、それは誇大広告等の
話になってきてしまいます。

もちろんこれが本当は良い商品であるけど、
知名度が低いために売れていない、というような
ものであれば大きく効果を出すものであり、
それは健全だと思います。

どうもそうでないコピーライティングは

・本当にそれを身につけてしまって大丈夫なのか?
・またそれを身につけることができるということ自体が
 コピーライティングの上手さに引っかかっているのでは?

という疑問が生じ、気持ち悪さを感じてしまうのです。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

日本のガラパゴス化から見る日本製品の行方

ガラパゴス化という言葉を聞き、多くの日本人がその言葉を 悪い意味として受け取っています。 ガラパゴス化という意味で、多くの日本人が、日本では普及しているのに、 海外では通用しない、つまり自分たちはグロ …

no image

大企業で働く大変さとは

現在、就職氷河期により、職に就く大変さをよく耳にすると思います。 その中の一つの多くの若い人が3年以内に大企業であるにもかかわらず 退職するという事態が目立っています。 なぜこのような事態が行っている …

no image

第二次産業から第三次産業に代わる経緯

日本企業はかつて高度経済成長期において大量生産という 第二次産業スタイルで栄光を築いてきました。 しかし、今は韓国や中国における海外勢におされ、 経営難に陥る形へと至っています。 このことから今後新し …

no image

バリューコマース上場とネットビジネス

11/15にバリューコマースがマザーズから東証一部に 上場する承認を受けたと発表がありました。 最新の2012年12月期第3四半期の累計連結業績(2012年1月~9月)は、 売上高68億1,900万円 …

no image

漫画喫茶の経営は良いビジネスなのか?

漫画喫茶が儲かってしかたがなくて 良いビジネスであるというような内容の 記事が出ています。船井総研が言った内容のようです。 漫画喫茶の月商600万円 うち原価は80万円の超おいしい商売 http:// …

カテゴリ

アーカイブ