社会

ノンアルコール飲料の急増と社会

投稿日:

ノンアルコール飲料ですが、その勢力は
ますます大きくなってきているように
思います。

ノンアルコール飲み会なんてものも
現在は開かれているとニュースでも出ています。

出費が抑えられますしよいとの話が出ています。

「ノンアルコール飲み会」急増 宴会のプランにも
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121206-00000525-san-life

お酒を出す小さめのお店に入ってふとアルコールの棚を見てみると
大量のキリンフリーが置いてあったりと、
数年前はこんなことなかったなあというのを
感じます。

ドライバーでもビールを飲む気分を味わえる、
しかも昔のものと違い本格的なビールテイストと
いうコンセプトが大ヒットとしてから、ドライバーだけで
なく、普通にノンアルコール飲料を飲むという習慣が
受け入れられてきたというところでしょうか。

個人的にはすごく良い傾向だと思っています。

昔は乾杯のときでもノンアルコールのときはウーロン茶
しかなく、見た目も明らかにお茶でまわりの空気を
読むと頼みにくいということがありましたが
今はおそらく変わってきているんでしょう。

コストという面もありますが、そんなに
いつでもお酒を飲んでいいというようなときでは
ないけど付き合いをしなければいけない、
そんなことが日本社会には多いと思います。

ただ、これが本当に健全なのかと言われると
そうとも言えない部分があります。
ノミュニケーションの重要性も承知してはいるのですが
飲めない人、飲まない人への配慮が不足した面が
ありました。

これが解消されてきて多様性を認めるような
社会に変わってきた。

これは素晴らしい流れだと思います。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

老齢年金の基礎年金の免除

老齢厚生年金の被保険者の資格については ・適用事業所である民間企業の一般社員、それ相応の勤務をしている人 ・25年間保険料を支払っている人になるということ この2点になります。 日本の公的年金では、2 …

有休をとる理由を聞いてはいけない マイナビ記事も削除に

有給休暇を取る理由を聞いてはいけない、 というのが法律で決まっている話は 常識にも関わらず守れていない企業が 多いものになっています。 理由の提示の強制はできず 労働者の権利としてとることが できるも …

no image

結局会社で生き残るのは運の要素が強い

2013年の人員削減が1万人規模になるというように パナソニックが発表しました。 パナソニックですらこの状況。 他のメーカーであっても、公になっているかどうかの 違いだけで似たようなところは多いのでは …

no image

「営業大学」は必要なのか?

文系に最も必要なのは営業の能力で 大学でも営業大学が必要だという話がありました。 参考 文・人文系学生の就職率は低い 「営業大学」なぜないか疑問 http://www.news-postseven.c …

no image

嫁姑問題と同居

嫁姑の問題は永遠です。 現在の嫁姑は意外と仲が良いと思われます。 肉体的な作業で嫁をいじめるようなものもあまりないし、 嫁もそれをさらりとかわせる技を持っているものと思われます。 そんな中でよく聞く問 …

アーカイブ