社会

ノンアルコール飲料の急増と社会

投稿日:

ノンアルコール飲料ですが、その勢力は
ますます大きくなってきているように
思います。

ノンアルコール飲み会なんてものも
現在は開かれているとニュースでも出ています。

出費が抑えられますしよいとの話が出ています。

「ノンアルコール飲み会」急増 宴会のプランにも
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121206-00000525-san-life

お酒を出す小さめのお店に入ってふとアルコールの棚を見てみると
大量のキリンフリーが置いてあったりと、
数年前はこんなことなかったなあというのを
感じます。

ドライバーでもビールを飲む気分を味わえる、
しかも昔のものと違い本格的なビールテイストと
いうコンセプトが大ヒットとしてから、ドライバーだけで
なく、普通にノンアルコール飲料を飲むという習慣が
受け入れられてきたというところでしょうか。

個人的にはすごく良い傾向だと思っています。

昔は乾杯のときでもノンアルコールのときはウーロン茶
しかなく、見た目も明らかにお茶でまわりの空気を
読むと頼みにくいということがありましたが
今はおそらく変わってきているんでしょう。

コストという面もありますが、そんなに
いつでもお酒を飲んでいいというようなときでは
ないけど付き合いをしなければいけない、
そんなことが日本社会には多いと思います。

ただ、これが本当に健全なのかと言われると
そうとも言えない部分があります。
ノミュニケーションの重要性も承知してはいるのですが
飲めない人、飲まない人への配慮が不足した面が
ありました。

これが解消されてきて多様性を認めるような
社会に変わってきた。

これは素晴らしい流れだと思います。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

クリスピードーナツの人気が落ちた?

クリスピードーナツですが、日本での展開当初は ものすごい勢いで並んでいて、まともに買うことも できないという感じでした。 でも、あんなに並んでいるんだからおいしいに 違いない!早く買えるときが来ないか …

no image

自己破産は債務者の権利

債務整理には4つの種類があります。 任意整理、特定調停、自己破産、個人(民事)再生です。 債務整理は、例えば数万円程度の借金があるだけでは使えません。ここで言う 借金とは、多数の金融機関から高額な借金 …

no image

ワーキングマザーが経験する最初の壁とは

男女雇用機会均等法が施行されてもう20年以上がたちますが、結婚、出産しても 女性が仕事を辞めずに働き続けられるようにすることは企業の義務であり、 出産後も育児休暇を経て仕事復帰する女性が増えています。 …

no image

晩婚化と出会いの場

日本の晩婚化・非婚化が顕著になっており、結婚する平均年齢は 女性が27.4歳、男性が29.3歳となっています。 10年前に比べると、実に2歳以上も結婚する年齢が遅くなっています。 日本の晩婚化が進んで …

no image

医者になるまでにかかる学費の問題

私立医大の学費について議論している サイトを見て、考えました。 「私大医学部に行くにはお金がかかりすぎる」 という当たり前の話ではあるのですが、 不公平感がありませんか?という想いです。 医学部は6年 …

アーカイブ