社会

ノンアルコール飲料の急増と社会

投稿日:

ノンアルコール飲料ですが、その勢力は
ますます大きくなってきているように
思います。

ノンアルコール飲み会なんてものも
現在は開かれているとニュースでも出ています。

出費が抑えられますしよいとの話が出ています。

「ノンアルコール飲み会」急増 宴会のプランにも
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121206-00000525-san-life

お酒を出す小さめのお店に入ってふとアルコールの棚を見てみると
大量のキリンフリーが置いてあったりと、
数年前はこんなことなかったなあというのを
感じます。

ドライバーでもビールを飲む気分を味わえる、
しかも昔のものと違い本格的なビールテイストと
いうコンセプトが大ヒットとしてから、ドライバーだけで
なく、普通にノンアルコール飲料を飲むという習慣が
受け入れられてきたというところでしょうか。

個人的にはすごく良い傾向だと思っています。

昔は乾杯のときでもノンアルコールのときはウーロン茶
しかなく、見た目も明らかにお茶でまわりの空気を
読むと頼みにくいということがありましたが
今はおそらく変わってきているんでしょう。

コストという面もありますが、そんなに
いつでもお酒を飲んでいいというようなときでは
ないけど付き合いをしなければいけない、
そんなことが日本社会には多いと思います。

ただ、これが本当に健全なのかと言われると
そうとも言えない部分があります。
ノミュニケーションの重要性も承知してはいるのですが
飲めない人、飲まない人への配慮が不足した面が
ありました。

これが解消されてきて多様性を認めるような
社会に変わってきた。

これは素晴らしい流れだと思います。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

日銀の独立性

最近、自民党政権になってから、「日本銀行の独立性」が よくニュースの話題にのぼるようになりました。 日本銀行は「日銀」と略されていますが、1882年に設立された 日本で唯一の中央銀行であり、銀行券を発 …

週刊文春 ユニクロ潜入取材の記事を読みました

週刊文春のユニクロの記事を 読みました。 今週号はユニクロにガチで 潜入取材したということで 発売前から話題になっていましたね。 潜入する人がそれまでに 出版してユニクロから訴えられて いるので(ユニ …

no image

ETCの導入における二つの目的

高速道路の料金システムである「ETC」がかなり普及し、 現在では、高速道路の料金の90%近くがETCで支払われています。 ETCとは「Electronic Toll Collection System …

no image

小学生はうなぎが嫌い

小学生の嫌いな料理ランキングが 1位 レバー料理 2位 うなぎ 3位 サラダ 4位 つけもの 5位 焼き魚 となっているとの発表がありました。 かなり意外な感じがしないでしょうか? レバーは好き嫌いが …

no image

晩婚化と出会いの場

日本の晩婚化・非婚化が顕著になっており、結婚する平均年齢は 女性が27.4歳、男性が29.3歳となっています。 10年前に比べると、実に2歳以上も結婚する年齢が遅くなっています。 日本の晩婚化が進んで …

アーカイブ