エンターテイメント

WiiUのタブレットとゲーム機の将来

投稿日:

任天堂の新型ゲーム機「WiiU」が
12月8日に発売されて、今のところ人気が出ているようです。

タブレット型で携帯ゲームではないにも関わらず
TV画面を占有しないというところ、ゲームだけではなく
今後の拡張性を見据えたつくりとなっているようです。

任天堂としてはソフトだけではなくハードも
市場を獲得していかなければいけない立場のため
常に魅力的なハードを追求していかなければいけません。

ただ、毎回新ハードが出て、それに買いかえていく、
そして古いソフトはもう見向きもされなくなっていく、
そんな時代はそろそろ終わってくるのではないでしょうか。

一般ユーザーの立場からするとハードがどこであるかと
いうことはあまり大した問題ではなくゲームが遊べるか
どうかが重要な問題となります。

別にゲームをする媒体はPCでも通常のタブレット端末でも
十分なように思えます。
コントローラーだってUSB経由で装着することが可能です。

そろそろ全てPC/タブレットのゲーム化に移るというような
流れは起こせないのでしょうか?

処理能力の差等の部分は当然あるのでしょうが、ゲームの
為だけに専用ハードを買うというのはもうあまり受け入れられない
ように感じますし、段々とゲーム自体もクラウド化していくのが
当然だと思います。

ゲームというデータの権利を買ったのであれば、媒体は
どこでも、PCでもタブレットでもインターネットに接続して
ログインできる環境があればできるという状態を早期に
作った方が良いように思うんですよね。

ただ、消費者側の話で、利権的な部分では壊れてしまいますし、
他社の参入も容易になってしまいますし、ハード利益、
ロイヤリティ収入も激減してしまうでしょうから
どこで移行するかというのは難しいとは思います。

アメーバピグやモバゲー等がここまで流行ってきた今、
そろそろ根本的な脱却を図った方が良いのでは、
また望む望まないに関わらずそうなっていくのではと感じます。

adsense

adsense

-エンターテイメント

執筆者:

関連記事

no image

「七つの大罪」の感想

今少年マガジンで新連載が始まって数話の 七つの大罪ですが、みなさんはこの漫画いかがでしょうか? ファンタジー路線として少年漫画の王道を 行くような感じではあり、時代背景も中世で 雰囲気も出ているところ …

心因性メンタルマーメイドも打ち切りと最近のマンガボックス

マンガボックスで連載中の心因性メンタルマーメイドも打ち切りになってしまいました。 「ヒロインがずっと無言の高校生でそのまま高校生活を送り続けていく」、さすがにこのネタは続けにくかったのでしょうか。 学 …

no image

ピグライフ テーブルビートクエストが始まりました

ピグライフのテーブルビートクエストがついに 今日スタートです! 朝はまだ始まってなかったのですっかり油断してました(^0^;) クエスト1、クエスト2は植えるだけなのと、お手伝いと収穫なので、 植えて …

no image

A-BOUTが面白い

週刊少年マガジン連載中のA-BOUT。 一時期面白さが薄らいできたと思いましたが また今週面白さが復活してきたと思います。 知らない方のために言うと 高校生の喧嘩漫画ではあるのですが、 三年生が絶対的 …

AKB新曲が300万枚出荷 何故今でも売れるの?

AKBの新曲が初日でオリコン新記録の147.2万枚販売、 出荷枚数は300万枚を突破したそうです。 「僕たちは戦わない」という曲ですね。 そんなに今のAKBが売れているのか? 何故そこまで売れるのかと …

アーカイブ