ビジネス

フリーライターはそんなに儲かる職業ではない?

投稿日:

最近ではネットの記事を専門に書くような人も増えて
きて、ライターさんとはどういう人なのかということに
興味を持って見ていました。

BLOGOS等の論評サイトで見てみると、
月に60~70本の記事を書いて月収が20万円ほどと
いう例が出ています。

この例で見るとかなり実態は厳しいのではないかと
思えてしまいます。

月60~70が多いか少ないかですが、
1日20営業日とすると1日3~4本程度。

これが400字~600字の自由ブログ記事であれば
問題なく出来ると思いますが、それでもネタに困ってくると
思います。
さらにそうではなく、寄稿できるレベルの記事ということを
考えるとそれは最低では1000字以上。
2000字ということも珍しくもないように見えます。

そんな字数もしっかりしていて、しかも自己満足ではなく、
他人が見ることを前提とした記事を毎日書けるか、
そして一生懸命書いた後の報酬と考えると
結構厳しいものがあるのではないでしょうか。

さらに、そのジャンルですが、有名ブロガーのブログを
見ると、趣味ではなく、生計を立てようとして意図的に
頑張っているとなるとそのジャンルがどうしてもIT寄りに
なっているように見えます。

ITの限られた分野で新製品が新技術が次々に出てくる分野で
ないと継続性という面ではきついのかも知れません。

普通のニュースサイトで取り扱えるような内容だと
ただの意見感想でよほどの有名人でもない限り、
その発言には誰も興味を示しません。

このように見るとフリーライターでは余程のことが
ない限り厳しい生活になり、趣味的な面の方が
強くなると言えるでしょう。

お金を稼ぐことが目的であれば、アフィリエイト色を
強くする等別の面を強調していかなければいけないのかも
しれません。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

カンブリア宮殿 シリコンバレー 感想

カンブリア宮殿を何となく見てしまいました。 アメリカのシリコンバレーで小さいガレージから 企業が生まれた話はわくわくしますね。 優秀な学生ほど大手企業に目を向けず 起業する。 素晴らしい姿だと思います …

no image

リフォーム営業は女性主導の時代に?

リフォーム需要沸騰に、女性の営業職を積極採用していると いうようなニュースが出ています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ リフォーム需要沸騰、住宅各社は営業 …

no image

インターネット時代と仕事の可能性

時代とともに「仕事」といったものの概念も大きく変わりつつあります。 仕事には収入を得るための仕事と、家事や育児のように生活の一環と しての仕事がありますが、ここでは収入を得るための仕事に限って考えたい …

no image

ルミネの100万円お買い物し放題 広告が上手い

ルミネでルミネカードを持っている人が応募して 抽選で1名が100万円分お買い物し放題という キャンペーンをやっていました。 今は新宿ルミネ店での100万円当選が確定して 第二段に入っている状態です。 …

no image

ソニー凋落とアマゾン、アップルの台頭 日本企業の「発想の限界」

英紙がソニーの凋落とアマゾン、アップル等の台頭について 述べています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 英紙フィナンシャルタイムズでジリアン・テット氏がソニーについて書いている。「Why …

アーカイブ