ビジネス

マクドナルドの不調の原因とは

投稿日:

不況の中、外食を控えるという人が増えてきている中、
一時期ファーストフードは脚光を浴びました。

結果、売上を順調に伸ばし続けてきたマクドナルドは、まさに、
不況に強い業界かと思われましたが、ここ最近になり、状況が一変、
業績好調だったのがまさかの悪化。マクドナルドの業績が不調となりました。

そう聞くと、やはりお店の方でのお客様の数にも変化があるのではと思い、
近くのマクドナルドを尋ねると、相変わらずの賑わいを見せています。

平日の午前中など、仕事の合間なのか訪れているサラリーマンやおそらく
定年を迎えて人なのでしょう、年配の男性がちらほらと。そして、談笑している主婦の皆様。

ドライブスルーにも次から次へと車が入ってきており、
業績が伸び悩んでいるとは思い難い状況。

どうしてマクドナルドの業績が悪化傾向にあるのか、お店の状況を見ても
理解ができないのですが、答えは、お客様が持っているトレイの中にありました。

注文している商品を見てみると、100円マックと呼ばれる低価格の物が
中心に注文している人が多かったのです。

マクドナルドを利用する人たちを見ていると、とりあえず何か注文するという感じで、
特にこれが食べたいからマクドナルドへ行くというふうな雰囲気が見られませんでした。
ですから、安い商品が売れてしまうのです。

例えば、以前のマクドナルドであれば、注目を集める為に思考を凝らし、
ヒット商品を生み出してきました。結果、その商品が食べたいからマクドナルドに
足を運ぶという形がありましたが、現在では、そう言ったメニューもなく、
ヒットを生み出せない。

これが食べたいからマクドナルドへ行きたいという商品がないのです。

その上で、この不況ですから、マクドナルドを利用したいのだが、
注目すべき商品がないから100円マックで十分となるのです。
つまり、お客様の数は減ってはいないけれど、単価が落ちたのです。

1コインで商品が買えると当時は相当なインパクトがあり、まずはマクドナルドへ
足を運んでもらうという狙いから打ち出した作戦だったのでしょうが、
結果的に首を絞めてしまっているのは、この100円マックなどの低価格商品
なのではないでしょうか。

今後のマクドナルドの課題としては、お金を出しても、消費者が食べたいと
思える商品を打ち出せるかどうかが問題でしょう。

今後の商品開発に期待です。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

企業が求める柔軟性のある人材とは

よく企業の求める人材の中に柔軟性のある方という部分があります。 多くの学生が柔軟性とは物事に対し、柔軟に取り組むという 印象で済んでしまうかもしれませんが、具体的にはどんな柔軟性が 求められているか分 …

no image

知ってトクする スーパーの陳列マル秘テクニック

スーパーマーケットといえば訪れた人なんてまずいないくらい 日常に密着した店舗です。 世の中にはいろいろなスーパーがありますが、どの店へ行っても 商品の配置はある程度似通っています。 必用なもの、よく利 …

no image

“特保コーラ”が炭酸市場を牽引

キリンビバレッジの「キリンメッツコーラ」やサントリー食品インターナショナルの 「ペプシスペシャル」など特定保健用食品の“特保コーラ”の大ヒットにより、 国内炭酸飲料市場が拡大しているという記事がありま …

no image

時給1000円以上のアルバイト

アルバイトの時給は今少しずつ上がってきているように 思います。アベノミクス効果?なのかはわかりませんが 以前であれば850円くらいの職種であっても900円~1000円くらいに なったり、比較的に100 …

no image

健康診断受けぬ社員、上司賞与も減額

コンビニエンスストア大手ローソンは、社員が健康診断を受けなかった場合、 社員と直属の上司の賞与を減額する制度を2013年から導入する、 という記事がありました。 私はこれを読んだ時正直、何でこんなアホ …

アーカイブ