ビジネス

マクドナルドの不調の原因とは

投稿日:

不況の中、外食を控えるという人が増えてきている中、
一時期ファーストフードは脚光を浴びました。

結果、売上を順調に伸ばし続けてきたマクドナルドは、まさに、
不況に強い業界かと思われましたが、ここ最近になり、状況が一変、
業績好調だったのがまさかの悪化。マクドナルドの業績が不調となりました。

そう聞くと、やはりお店の方でのお客様の数にも変化があるのではと思い、
近くのマクドナルドを尋ねると、相変わらずの賑わいを見せています。

平日の午前中など、仕事の合間なのか訪れているサラリーマンやおそらく
定年を迎えて人なのでしょう、年配の男性がちらほらと。そして、談笑している主婦の皆様。

ドライブスルーにも次から次へと車が入ってきており、
業績が伸び悩んでいるとは思い難い状況。

どうしてマクドナルドの業績が悪化傾向にあるのか、お店の状況を見ても
理解ができないのですが、答えは、お客様が持っているトレイの中にありました。

注文している商品を見てみると、100円マックと呼ばれる低価格の物が
中心に注文している人が多かったのです。

マクドナルドを利用する人たちを見ていると、とりあえず何か注文するという感じで、
特にこれが食べたいからマクドナルドへ行くというふうな雰囲気が見られませんでした。
ですから、安い商品が売れてしまうのです。

例えば、以前のマクドナルドであれば、注目を集める為に思考を凝らし、
ヒット商品を生み出してきました。結果、その商品が食べたいからマクドナルドに
足を運ぶという形がありましたが、現在では、そう言ったメニューもなく、
ヒットを生み出せない。

これが食べたいからマクドナルドへ行きたいという商品がないのです。

その上で、この不況ですから、マクドナルドを利用したいのだが、
注目すべき商品がないから100円マックで十分となるのです。
つまり、お客様の数は減ってはいないけれど、単価が落ちたのです。

1コインで商品が買えると当時は相当なインパクトがあり、まずはマクドナルドへ
足を運んでもらうという狙いから打ち出した作戦だったのでしょうが、
結果的に首を絞めてしまっているのは、この100円マックなどの低価格商品
なのではないでしょうか。

今後のマクドナルドの課題としては、お金を出しても、消費者が食べたいと
思える商品を打ち出せるかどうかが問題でしょう。

今後の商品開発に期待です。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

“特保コーラ”が炭酸市場を牽引

キリンビバレッジの「キリンメッツコーラ」やサントリー食品インターナショナルの 「ペプシスペシャル」など特定保健用食品の“特保コーラ”の大ヒットにより、 国内炭酸飲料市場が拡大しているという記事がありま …

no image

年下上司にタメ口を使う人

今や珍しくない年下上司ということで 敬語で話すのかタメ口なのかということでの 話題がありました。 参考データによるとタメ口がアリが20.4%、 ナシが79.6%となっています。 参考 今や珍しくない「 …

no image

自己啓発と時間の価値

世の中には「投資」という言葉があります。 今持っている貴重なお金等の資源を投入する代わりに 将来、その投資したものを上回るリターンを得るというものです。 ここには時間の価値というものが存在していて、 …

no image

商店街の復興から見る、新しいビジネスモデル

現在の商店街においてはシャッター通りなど、存続が危ぶまれる現状を抱えています。 商店街の経営が苦しくなっているのは付近に大型店舗が増えているという事も ありますが、他にも店主の高齢化が進み、後継者が見 …

自動車教習所が食べ放題付き。この方法で本当にいいの?

自動車教習所で食べ放題付きのものが あるということが話題になっているそうです。 大阪の箕面自動車教習所に なるそうですが、食べ放題、飲み放題が ついていて、自動車教習のときでなくても 食事だけでも良く …

アーカイブ