ビジネス

マクドナルドの不調の原因とは

投稿日:

不況の中、外食を控えるという人が増えてきている中、
一時期ファーストフードは脚光を浴びました。

結果、売上を順調に伸ばし続けてきたマクドナルドは、まさに、
不況に強い業界かと思われましたが、ここ最近になり、状況が一変、
業績好調だったのがまさかの悪化。マクドナルドの業績が不調となりました。

そう聞くと、やはりお店の方でのお客様の数にも変化があるのではと思い、
近くのマクドナルドを尋ねると、相変わらずの賑わいを見せています。

平日の午前中など、仕事の合間なのか訪れているサラリーマンやおそらく
定年を迎えて人なのでしょう、年配の男性がちらほらと。そして、談笑している主婦の皆様。

ドライブスルーにも次から次へと車が入ってきており、
業績が伸び悩んでいるとは思い難い状況。

どうしてマクドナルドの業績が悪化傾向にあるのか、お店の状況を見ても
理解ができないのですが、答えは、お客様が持っているトレイの中にありました。

注文している商品を見てみると、100円マックと呼ばれる低価格の物が
中心に注文している人が多かったのです。

マクドナルドを利用する人たちを見ていると、とりあえず何か注文するという感じで、
特にこれが食べたいからマクドナルドへ行くというふうな雰囲気が見られませんでした。
ですから、安い商品が売れてしまうのです。

例えば、以前のマクドナルドであれば、注目を集める為に思考を凝らし、
ヒット商品を生み出してきました。結果、その商品が食べたいからマクドナルドに
足を運ぶという形がありましたが、現在では、そう言ったメニューもなく、
ヒットを生み出せない。

これが食べたいからマクドナルドへ行きたいという商品がないのです。

その上で、この不況ですから、マクドナルドを利用したいのだが、
注目すべき商品がないから100円マックで十分となるのです。
つまり、お客様の数は減ってはいないけれど、単価が落ちたのです。

1コインで商品が買えると当時は相当なインパクトがあり、まずはマクドナルドへ
足を運んでもらうという狙いから打ち出した作戦だったのでしょうが、
結果的に首を絞めてしまっているのは、この100円マックなどの低価格商品
なのではないでしょうか。

今後のマクドナルドの課題としては、お金を出しても、消費者が食べたいと
思える商品を打ち出せるかどうかが問題でしょう。

今後の商品開発に期待です。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

中国にある韓国ロッテが閉鎖 政治リスクが大きすぎる国では?

中国にある韓国ロッテが 20店舗以上も閉鎖になったという話が 出ています。 韓国ロッテが何かしたという話ではなく THAAD配備計画への反発のため 民間企業が影響を受けているという 状態。 ちょっと中 …

no image

勉強は質よりも量である

勉強は質よりも量・・・こんなことを言うのと 逆じゃないのか?少ない時間で最大の効果を出すのが 勉強というものじゃないのか?という声が多く聞こえて きそうな気がします。 ただ、冷静に見てみると、この「量 …

no image

“特保コーラ”が炭酸市場を牽引

キリンビバレッジの「キリンメッツコーラ」やサントリー食品インターナショナルの 「ペプシスペシャル」など特定保健用食品の“特保コーラ”の大ヒットにより、 国内炭酸飲料市場が拡大しているという記事がありま …

no image

無知と貧乏からの脱出

自分が年齢を重ねてきたから特に思うのかもしれません。 今の若い人ってほんと新聞を読まないんですね~ 驚いてしまいます。 インターネットでニュースは読めると思っているかも しれませんが、新聞とネットでは …

no image

健康診断を受けないと上司もペナルティに

コンビニのローソンですが、部下の社員が 健康診断を受けなかった場合に、部下のペナルティだけではなく、 上司もペナルティとしてボーナス減額を受けるという ことが発表されています。 健康診断受けぬ社員、上 …

アーカイブ