社会

衆院選を前に改めて選挙制度を考察する

投稿日:

いよいよ衆議院議員選挙が近いですが、日本は二大政党に向いているのか
否かというのが一つのテーマとなっています。

ただ、現与党は失策続きで低空飛行が続き、その対抗勢力たる最大野党も
結局先祖帰りするだけではないかという懸念もあり、今ひとつインパクトに欠けるような気がします。

すると、いわゆる「第三極」が注目されますが、この乱立状況は予想以上です。
地域政党がいつの間にか国政に殴りこんできたり、原発を争点にしたり、
横文字(マニフェストではない)を標榜していたり、歴史ある党のはずが
存在感を示せなかったりとさまざまです。

しかし、結局政策が見えない、党が多すぎてカラーがよくわからないも事実であり、
近年の傾向ですが無党派層がどう流れるかで政権も大きく変わりそうです。

だからこそ、投票は行くべきなのですが、ここまで混迷していると投票の
判断が難しいともいえます。では、どこに注意して政策を見ればよいのでしょうか。

現与党に期待する人はおそらく少ないでしょう。震災復興もままならず、
それでいて増税路線に舵を切る。また、周辺諸国から「日本」という国家に
対する挑戦が喧しくなったのも、ひとえに現与党の政策の弱さの結果とも
いえるかもしれません。

すると、最大野党が標榜しているのは右傾化でもなんでもなく、至極まっとうな
主張とも言えるのですが、経済政策は公共事業中心のはっきり言って時代遅れとしか
思えないようなものも多く、やはり首を傾げざるを得ません。

いわゆる第三極で一番声高な党はどうでしょうか。完全な迷走であり、
船頭多くして-の典型に思えてなりません。

また、政策を丁寧に見ていくとどこに着地させたいのかわからないもの
ばかりで、かえって日本経済の活力をそぐのではないかと危惧されます。

二大政党といわれて久しいですが、結局日本には二大政党はそぐわないのでは
ないでしょうか。二大政党はメディア戦略、もっといえばメディアによる
政治コントロールに向いているのでメディア主導でこれでもかとばかり
主張されていますが、日本人のメンタリティは「和を持って尊しとなす」を
持ち出すまでもなく、少数意見だからといって多数の原理で押さえ込むと
いったことは避けられてきました。

ここでなし崩し的にメディア支配を進行させるのでなく、それこそ「和」を
持った政治を実現すべく、中選挙制への移行や比例代表の縮小を真剣に
考えるべきでしょう。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

100円ショップで買って失敗したもの

100円ショップは今や流行っているという時期を 通り越して完全普及、成熟期に入ったといえると 思います。 消費者も最初は100円で買うことができるという 新鮮さでなんでも飛びついていましたが、最近は …

接客

「おもてなし」を中国は真似できるのか?日本のマニュアルが流出

日本のおもてなしの接客マニュアルが流出して中国で見られているという話が出ています。 読売新聞の記事で出ていました。 流出というと何か大変なことのようにも思えてしまいますが、これは企業秘密というよりは、 …

no image

ネットショッピングでのクレジットカード決済増加

ネットショッピングの増加に伴い、クレジットカードでの決済も増加し、 それまでのネットショッピングにおけるクレジットカードでの決済に対する 抵抗感が少しずつ薄れてきている、という記事がありました。 ある …

no image

科学者を一番働かせるには

科学者をどのように働かせれば一番効率が良いのかという議論は、 実は20世紀の前半に既に大体の結論が出ています。 それは「放っておくこと」です。ノーベル物理学賞を受賞した 朝永振一郎の戦前の理化学研究所 …

no image

親がつけるキラキラネーム

最近では子供に珍しい個性的な名前が流行っています。 これをキラキラネームと言います。 キラキラネームの例はさまざまありますが、光に宇宙の宙の字を 入れてぴかちゅうと読んだり、姫に凜と書いてぷりんと読ん …

アーカイブ