社会

公共事業で経済は潤うのか

投稿日:

衆院選が近く、各政党がさまざまな経済政策を披露していますが、
「国土強靱化計画」を標榜して公共事業に力を入れる政党もあります。

震災復興のための堤防整備や先日のトンネル崩落事故もあり、災害対策の
意味でも老朽化したインフラの整備が必要となりますが、そこから公共事業への
なし崩し的な投資が行われる懸念もあります。

「コンクリートから人へ」と標榜していた現与党も、結局はダム開発や
新幹線延伸など、見直しベースだった公共事業に結局投資することなり、
経済政策を進める上で公共事業はある種の麻薬ではないかと思わせます。

つまり、目先の経済を動かすには有効かもしれませんが、それは結局後の
世代の金融資産を当てにすることであり、未来を削ってでも(要は経済的体力を
失うことを覚悟の上で)行っているということです。

それらの公共事業が有効利用されていれば問題はないのかもしれませんが、
クローズアップされるのは公共事業で整った地方都市、その裏で経済的には
まったくといっていいほど振るわない地方都市です。

新幹線や高速道路の敷設でストロー現象がおこり、地元である程度進んでいた
経済活動がほとんど大都市に流出してしまうことが散見されます。

これは経済活動は人口が多いほど効率的になるので大都市中心に
なるのは当然の現象とはいえ、地方経済のますます疲弊を招くのは否めません。

では公共事業は全て悪なのかといえばそういうわけではなく、経済性との
バランス感覚が重要になってくるということです。

人口が多ければ経済活動が効率的になるというセオリーから、
いわゆる「国土の均衡ある発展」は理論上不可能です。

そこでヒントになるのが「熊本アートポリス」というプロジェクトでは
ないでしょうか。

これは国内外の建築家を招き、それぞれのテーマで公営住宅や美術館といった
公共施設を建設するプロジェクトですが、これは地方経済の独自性を守りつつ、
公共投資を可能にするのでがないでしょうか。

また、そのような建築資産は独自性といった価値も高く、それを軸にした
観光といった経済活動も期待できます。ただ、経済活動を抜きに、安易な箱物への
投資は厳に慎まなければなりません。

地方への公共投資にモニュメント的なものは不要です。
より経済活動の実態に即したものが求められます。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

裁判員裁判制度の検証はどうなっているのか

時折、ふと思うこと、裁判員裁判制度に関する事件の行方は、 たまに報道されるのですが、裁判員制度自体に対する検証は、 どこへ行っているのでしょう。 かなり昔、メンタルケアは、やはり欠かせない、というよう …

no image

振り込め詐欺の被害防止策は、家族を信じ、愛する事

「133億円」。これは平成24年1~11月までの、5,595件の振り込め詐欺に よりおよその被害額の合計です(警察庁HPより)。 発生件数は5,595件12月分も入るといくらになるかわかりませんが、 …

no image

ゆとり世代 円周率は3ではない?

ゆとり世代の代表的な話といえば 円周率が3.14ではなくおよそ3になってしまうと いう話でした。 こんな適当な計算方法にしてしまって 本当にいいのか? ある意味嘘を教えることになってしまうのに 本当に …

no image

2013年 生命保険の保険料の値上げ

2013年の新年度(4月)から生命保険の保険料が値上げされる 可能性が高まっています。その原因となるのが、 金融庁による「標準利率の引き下げ」です。 生命保険会社は、保険料の運用によって得られる収益を …

no image

最低賃金は良いのか悪いのか

最低賃金を無くすという話を橋本さんが 提案していて、今話題になっています。 これはいいのか、悪いのかということ、 凄く難しい問題です。 もちろん最低賃金が無くなると単純に 給料は下がるに決まっています …

アーカイブ