社会

65歳雇用の是非

投稿日:

先ほど、報道でNTTグループが社員を65歳まで
働かせるために賃金の上昇を抑える新賃金制度を
2013年度に導入するというものがありました。

結果的には、40~50代でもらえる賃金が
減るということになりそうです。

この結果、一企業の導入の話なので是も非もなく
企業判断ということになるわけですが本当に
良い話なのでしょうか。

年金が支払われるのが遅くなったからその分
60歳ではなく65歳まで働くことができる
制度にしなければならない、というところまで
いいのですが、各個人にとってみれば5年間
余計に働くということになります。

5年間多く働くことによって追加賃金を得ると
いうことで、これだけでも従来の年金が無くなる
話なので納得できないけど受け入れるというしか
ないところですが、更に賃金を抑制するというのは、
結局従来の60歳までの賃金を65歳分に
按分しているだけということになってしまいます。

事実上の賃下げではないでしょうか。

一生懸命働いてだんだんと40代になるにつれて
頑張って役職等ついてきたにもかかわらず
もらえる給料が少ないというのでは、何のために
頑張ってきたという話になってしまいますよね。

もちろん組織の理屈としては正しく、賃金は
なるべく抑制しなければいけないので正しい方法に
なります。

ただ、このような動きを見ると、今後更に抑制されて
いく方向というのは避けられなくなり、
自分の身は自分で守れるようにしておかないと
いざというときに信頼していたものも守られなく
なってしまうような事態も起こりうるのでは
ないかなと思ってしまいます。

会社や政府に頼らない生き方、そんな生き方かつ
生活に必要な費用をまかなえる方法を考えて
いかなければいけないのかもしれません。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

薬のネット販売を認める判決

先ごろ、薬がインターネットで買えるようになる最高裁の判決がでました。 以前はインターネットの通信販売で買うことが可能でしたが、 2009年薬事法改正により販売を禁止に。 これを受けて多くの人が不便を強 …

no image

日銀の独立性

最近、自民党政権になってから、「日本銀行の独立性」が よくニュースの話題にのぼるようになりました。 日本銀行は「日銀」と略されていますが、1882年に設立された 日本で唯一の中央銀行であり、銀行券を発 …

no image

接遇に込められているもの~人への優しさと配慮~

今や飲食やホテル業界だけでなく、「接遇」は、 人との関わりで大切なこととして重要視されるようになりました。 接遇についての研修や講演会も盛んになり、 人々に浸透してきた言葉ではないでしょうか。 接遇と …

no image

クリスピードーナツの人気が落ちた?

クリスピードーナツですが、日本での展開当初は ものすごい勢いで並んでいて、まともに買うことも できないという感じでした。 でも、あんなに並んでいるんだからおいしいに 違いない!早く買えるときが来ないか …

no image

イマドキの子育て

一昔前までは、子育て中のママはいろいろな楽しみを 我慢する時期のような風潮がありました。 しかし最近は芸能人にも「ママタレ」と言われる、 母親であることを売りにした芸能人が多く見られます。 彼女らは我 …

アーカイブ