社会

65歳雇用の是非

投稿日:

先ほど、報道でNTTグループが社員を65歳まで
働かせるために賃金の上昇を抑える新賃金制度を
2013年度に導入するというものがありました。

結果的には、40~50代でもらえる賃金が
減るということになりそうです。

この結果、一企業の導入の話なので是も非もなく
企業判断ということになるわけですが本当に
良い話なのでしょうか。

年金が支払われるのが遅くなったからその分
60歳ではなく65歳まで働くことができる
制度にしなければならない、というところまで
いいのですが、各個人にとってみれば5年間
余計に働くということになります。

5年間多く働くことによって追加賃金を得ると
いうことで、これだけでも従来の年金が無くなる
話なので納得できないけど受け入れるというしか
ないところですが、更に賃金を抑制するというのは、
結局従来の60歳までの賃金を65歳分に
按分しているだけということになってしまいます。

事実上の賃下げではないでしょうか。

一生懸命働いてだんだんと40代になるにつれて
頑張って役職等ついてきたにもかかわらず
もらえる給料が少ないというのでは、何のために
頑張ってきたという話になってしまいますよね。

もちろん組織の理屈としては正しく、賃金は
なるべく抑制しなければいけないので正しい方法に
なります。

ただ、このような動きを見ると、今後更に抑制されて
いく方向というのは避けられなくなり、
自分の身は自分で守れるようにしておかないと
いざというときに信頼していたものも守られなく
なってしまうような事態も起こりうるのでは
ないかなと思ってしまいます。

会社や政府に頼らない生き方、そんな生き方かつ
生活に必要な費用をまかなえる方法を考えて
いかなければいけないのかもしれません。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

老齢年金と被保険者

そもそも年金とは何なのでしょうか? 今、多くの人が聞く年金の問題として 自分が働いても将来貰えるわけではない 支払う金額がどんどん上がっていく、貰える金額はどんどん 下がっていくという話があると思いま …

no image

添い寝専門店が流行る

添い寝専門店が流行っていて、既に秋葉原にオープンして 今度は新宿にオープンしたという話がありました。 価格を見ると 20分 3000円 40分 5000円 60分 6000円 120分 11000円 …

no image

ホテリングルールから見る環境技術が生かされる方法

枯渇資源の利用方法についてある問題を抱えています。 それはどのように資源を有効活用すればいいのかという問題です。 石油や木のような資源活用を考える場合、一気に使えば資源が枯渇する 問題が起き、逆に全く …

no image

結局会社で生き残るのは運の要素が強い

2013年の人員削減が1万人規模になるというように パナソニックが発表しました。 パナソニックですらこの状況。 他のメーカーであっても、公になっているかどうかの 違いだけで似たようなところは多いのでは …

no image

盲導犬の育成と理解

今報道ステーションで盲導犬についての特集を見ています。 ・法律で決められているにも関わらず盲導犬を拒んでしまうと  いうお店がある ・盲導犬は全国で1000頭あまりしかいない ・訓練を受けて盲導犬にな …

アーカイブ