健康

脂肪吸引は医師の技術力が影響する

投稿日:

偏った食生活をしていると、体に余分な脂肪が残ってしまうことがあります。
その脂肪がダイエットをしてもなかなか取れない時は「脂肪吸引」で
除去する方法もあります。

脂肪吸引とは余分な脂肪を吸い取る施術のことで、痩せたい部分にのみ行うものです。
ダイエットとは違って、脂肪細胞自体がなくなることから、
リバウンドの心配もありません。脂肪吸引の施術には色々な方法がありますが、
一般的に行われているのは超音波脂肪吸引法というものです。

この方法の特徴は超音波を発生させる特殊な吸引管(カニューレ)を
使用することです。このカニューレは脂肪層を通過する際に超音波の
エネルギーを発します。エネルギーによって脂肪細胞の壁を破壊し、
そして液状化された脂肪を吸引していきます。超音波脂肪吸引法においては、
頬、二の腕、腹部、お尻、太もも、など、あらゆる部分の施術が可能となっています。

ただ、脂肪吸引は外科的な手術でもあるため、術後に内出血や腫れ、
痛みが出ることがあり、すぐには普段の生活に戻れません。

また、局所麻酔による麻酔トラブルが生じる可能性もあります。

実は、脂肪吸引で最もデメリットと言えるのは、医師の技術力によって
施術結果に大きな差が出ることです。
経験豊富な医師に施術してもらえるかどうかが成功のポイントになっています。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

口臭の改善

歯科の多くが口臭外来を行うようになってきています。 何故歯科が行っているかというと、口臭の原因の 大きいものが歯や口の中にあるというケースが多いためです。 歯をきちんと磨けば大丈夫と思っている人も多い …

no image

目に見える肥満と見えない肥満

肥満といってもそのタイプは大きく分けて2つになります。 ・皮下脂肪型肥満  女性に多く見られる。上半身よりもお尻から下半身にかけて脂肪が  つき、ぽっちゃりして見えることから、洋ナシ型肥満と言われる。 …

no image

幼児の乾燥肌について

冬になると、乾燥肌に悩まされることが多くなります。 特に幼児は、肌の乾燥がそのままかゆみになり、 身体をかきこわして出血などを起こす事があるので、注意が必要です。 幼児の乾燥肌防止には、やはり全身用の …

no image

深い眠りにつく方法

睡眠には浅い眠りと深い眠りの2種類がり、 浅い眠りをレム睡眠、深い眠りをノンレム睡眠と いいます。 レム睡眠とノンレム睡眠はそれぞれ交互に繰り返し 1セット90分となっています。 この90分の周期が朝 …

no image

階段歩きで意外なダイエット効果

ダイエット…誰しもが、強い決意を持ってのぞむのの、 なかなか続かないのがダイエットです。 今度こそは、今回こそは三日坊主をやめる!絶対に続けてみせる!と 思ってもなかなかうまくいかないのがダイエットで …

アーカイブ