ビジネス

儲かる専門職は?

投稿日:

儲かる専門職は何か?という内容での検索が
ありました。

今の時代、儲かる専門職と一概に言えるような
ものは少なくなっているのではないでしょうか。

昔はすぐ医者、弁護士という言葉が出てきたように
思いますが、最近はそうでもなくなっています。

医者も割りにあわない勤務時間であったり、
独立するのに必要な資本等が大変であったり、
弁護士も制度改革により弁護士余りが起こって
結局古参で市場を取られてしまい、純粋な
新規弁護士が参入するのは厳しい市場に
なっているように見えます。

他の職業も時代に合わせて変わってくるんでしょう。
外資系金融やトレーダー等は相変わらず専門職としては
高収入なのでしょうが、これはなろうと思って
なれるような職業とは少し異なるようにも
思えます。

職人的な専門職はその人でなければできないという利点も
ある代わりにできる作業に限度が生じ、一定以上の
売り上げを上げにくいという問題もあります。

専門職の収入が異常に高いというのはあまりなく
やはり経営側にまわっていく職業でないと
本当に儲けるというのは難しいのかもしれません。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

農業における新しいビジネススタイル

現在の日本の農業においてはTPPの問題があると思います。 TPPの参加に伴い、関税がなくなり、安い農作物が日本に入り、 競争が難しくなるという不安を農家の人たちは指摘しています。 ただここでの問題にお …

正社員不足が企業の45%!?転職しやすくなるのか?

時事通信の記事で正社員不足が 企業の45%で感じているというような ものが出ていました。 特にIT業で人材難になっているということです。 景気が再び回復基調にあるからなのか、 以前の非正規では賄えない …

no image

不動産売買における手付金の意味

不動産の売買では、契約成立時に買主から売主に対して 「手付金」が支払われる慣習があります。 この手付金は、特別な取り決めが無い限り、「解約手付」となります。 解約手付というのは、契約が履行されるまでの …

no image

第二次産業から第三次産業に代わる経緯

日本企業はかつて高度経済成長期において大量生産という 第二次産業スタイルで栄光を築いてきました。 しかし、今は韓国や中国における海外勢におされ、 経営難に陥る形へと至っています。 このことから今後新し …

no image

採用面接の簡単攻略法

テレビのニュースやワイドショー番組で報道されていましたが、 企業の採用試験を受ける際に筆記試験ではなく、面接の方が 苦手で面接試験突破のために塾やセミナーあるいは 個人コーチにまさしく手とり足とり指導 …

アーカイブ