社会

藻における日本の可能性

投稿日:

2010年、日本の大学教授が従来の植物より20倍以上の石油生産力をもつ藻がある事を発表しました。
これにより日本は将来石油産油国として生まれ変わる可能性が出たのです。

この藻は、深さ1メートル、広さ1ヘクタール分のプールでもし培養した場合、
約1年で1トンの石油が取れると計算上、予測されています。
この為、もしこれを日本の1年における石油輸入量を作るのであれば、
約2万ヘクタール分の土地があれば作れるのです。

日本の放棄地、休耕地はトータルで7万5千ヘクタールあるとされており、
全てを使用すれば、日本の需要分だけでなく、海外に石油を輸出することが出来るようになります。

そして藻の発見者である教授は、実用化に向け、大手自動車企業と協力して、
その藻で作られた石油を混合したガソリンで車を動かす実験を行い、
成功しました。そして現在は、東日本大震災に伴い、教授の出身地である
仙台に深刻な被害が出たことから、今後この藻を通し、震災復興に向けての
取り組みを行おうと計画しています。

この事から、この藻には日本の震災復興と需給バランスを大きく傾ける
要素を秘めています。故に今後の展開が大きく期待されています。

しかしこの研究において日本における課題があり、それは特許の申請です。
日本の研究施設は海外と比べ、充実してなく、また資金も海外と比べ
圧倒的に少ないのが現状です。

その為、海外から多くの協力を要請する内容が多くあり、しかしあまりにも
優れた藻であることから、特許を日本ではなく、海外に取られれば、逆に立場が
悪くなります。故に今後、日本が石油におけるリードを作る為には何よりも
国内における施設強化がより重要になっています。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

就職面接の基本マナー

面接にはマナーがあります。マナーを意識して面接を受けることで、 就職活動がうまくいくようになります。 面接に行く時には、何はさておきマナーが重要です。 発言がすばらしいものであっても、学業が優秀だった …

no image

内定辞退者に罵詈雑言

不況の影響で就活に苦しむ学生が多いといわれる昨今ですが、 内定がもらえたらもらえたで、もしその内定を辞退すると 採用担当者から罵詈雑言を浴びせられるケースがあるという記事を見ました。 この背景にあるの …

no image

仕事なく今日も一日「追い出し部屋」

「追い出し部屋」が話題となり、厚労省なども実態の調査に 乗り出しているようで、ツィッターなどでも熱い議論となっているようです。 元は朝日新聞がパナソニックの「事業・人材強化センター」という部署が、 そ …

no image

身元保証人の責任範囲

「借金の連帯保証人には絶対になるな」という言葉がすでに 常識となっているため、連帯保証人をお願いする人も受ける人も ほとんどいなくなっています。 ただ、身元保証人になる人はまだいるようです。 身元保証 …

no image

SNSで気をつけるべき事を芸能人記事から学ぶ

芸能人がTwitterなどで同じ事をしても炎上する人としない人がいます。 炎上したドランクドラゴンの鈴木さんは顔のせいで炎上しましたなど、 冗談を言っていますが、どんな基準なのか考えてみました。 ドラ …

アーカイブ