雑記

死蔵している大型スピーカーの修理と再利用方法

投稿日:

今から20年から30年ほど前に、オーディオブームと呼ばれるブームがありました。
「原音再生」を目標に、様々な大型スピーカーやオーディオ製品が発売されたのです。
この当時のスピーカーを、大型リサイクルショップのジャンクコーナー等で見かける事があります。
また、納戸や物置などに、当時購入した物を死蔵しているご家庭も多いと思います。

昨今の最新型の薄型テレビは画質面は向上しましたが、音質面で満足できない事も多い様です。
デジタル的な処理を多用した音質は、聴く人間によってはとても耳障りに聞こえてしまうのです。
この様な薄型テレビにアンプと大型スピーカーを接続するだけで、音質はガラリと変わってくれます。

しかしジャンク品を購入してきて、そのまま音が出る可能性を期待してはいけません。
また、納戸や物置に死蔵しているスピーカーも同様です。

もし幸運にもハード的な故障が無くても、経年劣化によるウーファー部分の劣化は避けがたいからです。
当時のスピーカーに使用されていたウーファーの素材は、ウレタンが主流でした。

ウレタンが経年劣化を起こすと、触るだけでボロボロと崩壊する事になります。
そこで、できるだけ手間とお金をかけずに修理してしまいましょう。
同じ事を考える人が多いのか、ネット上でも様々な素材を用いて
修理を行った方の記事がアップされている様です。

和紙を用いて修理をする方、皮を用いる方、メーカーに専用部材を
発注する方など、それこそ十人十色とは、この事だと思わされます。

個人的にお勧めなのは、入手が容易な人工のセーム革です。
ホームセンターなどで、洗車用道具として販売されているからです。
これを破れたウーファー部分にボンドで貼り付けてやるだけで、修理は完了です。
後は、お好みの音質が出るかどうかを祈るだけです。

若い頃にオーディオブームを体験した方には、ぜひ挑戦して、
当時の音を再現してみてはいかがでしょうか。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

老朽化の橋を救済する採掘機

現在、日本には高度経済成長期に建てられた今にも 壊れそうな老朽化の橋を多く抱えています。 数の多さにも問題がありますが、他にも橋を補強する為に 必要な杭が打てない問題があります。 補強工事の為には杭を …

no image

雛人形の配置と持ち物

年が明けて、春の訪れを伝えるお祭りが「ひな祭り」です。 ひな祭りの由来には諸説があり、明確にはなっていませんが、 中国の人形を川に流してお祓いをする風習に端を発し、 平安時代になって貴族の子供達による …

no image

ベランダ菜園の土作り

マンションやアパート等、庭の無い住宅環境でも、実現が可能な ガーデニングや家庭菜園が人気を集めている様です。 これらは俗に、「ベランダ菜園」、「ベランダガーデニング」と呼ばれています。 狭いベランダで …

no image

老齢厚生年金とは

年金の中でも会社員は老齢厚生年金に当たるという話を しています。 では、具体的に老齢厚生年金とはどのようなものなのかに ついてお話します。 日本の老齢年金は2階建て構造となり、1階部分は 全員が当ては …

no image

年収は財布の値段の200倍!?稼ぐ人は長財布?の嘘。

ヤフーニュースで 年収は、なぜ「使う財布の値段」の200倍になるか? という内容の記事が出ていました。 年収は、なぜ「使う財布の値段」の200倍になるか? http://newsbiz.yahoo.c …

アーカイブ