雑記

死蔵している大型スピーカーの修理と再利用方法

投稿日:

今から20年から30年ほど前に、オーディオブームと呼ばれるブームがありました。
「原音再生」を目標に、様々な大型スピーカーやオーディオ製品が発売されたのです。
この当時のスピーカーを、大型リサイクルショップのジャンクコーナー等で見かける事があります。
また、納戸や物置などに、当時購入した物を死蔵しているご家庭も多いと思います。

昨今の最新型の薄型テレビは画質面は向上しましたが、音質面で満足できない事も多い様です。
デジタル的な処理を多用した音質は、聴く人間によってはとても耳障りに聞こえてしまうのです。
この様な薄型テレビにアンプと大型スピーカーを接続するだけで、音質はガラリと変わってくれます。

しかしジャンク品を購入してきて、そのまま音が出る可能性を期待してはいけません。
また、納戸や物置に死蔵しているスピーカーも同様です。

もし幸運にもハード的な故障が無くても、経年劣化によるウーファー部分の劣化は避けがたいからです。
当時のスピーカーに使用されていたウーファーの素材は、ウレタンが主流でした。

ウレタンが経年劣化を起こすと、触るだけでボロボロと崩壊する事になります。
そこで、できるだけ手間とお金をかけずに修理してしまいましょう。
同じ事を考える人が多いのか、ネット上でも様々な素材を用いて
修理を行った方の記事がアップされている様です。

和紙を用いて修理をする方、皮を用いる方、メーカーに専用部材を
発注する方など、それこそ十人十色とは、この事だと思わされます。

個人的にお勧めなのは、入手が容易な人工のセーム革です。
ホームセンターなどで、洗車用道具として販売されているからです。
これを破れたウーファー部分にボンドで貼り付けてやるだけで、修理は完了です。
後は、お好みの音質が出るかどうかを祈るだけです。

若い頃にオーディオブームを体験した方には、ぜひ挑戦して、
当時の音を再現してみてはいかがでしょうか。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

バッグに使用される帆布

バッグと言えば、革製のものか、ナイロン製のものが多くなっていますが、 最近は、帆布で作られたバッグを持っている若い女性をよく見かけます。 帆布は明治の頃にはすでに使われており、丈夫さを生かして人力車の …

no image

g.u.大ファン

ユニクロ系列ですが、ユニクロにも負けずとも劣らない品揃えな上に、 衣料やアイテムが格安とあって、同じデザインの服でも色違いで揃えたり、 組み合わせ次第ではアウターにしても安っぽさがあまりないような気が …

no image

勉強は勉強したくなる目的を作ればいい

勉強は嫌で嫌でできればしたくないという人、 また将来のために勉強しようと決意していても もともと好きでもないことをやろうとしているので いまいち集中ができない人。 これらの人達に足りないのは勉強をする …

no image

新しい歌舞伎座の、襲名披露を予想します

歌舞伎の実質的な独占興行会社は、松竹株式会社です。 白井松次郎、大谷竹次郎という兄弟が、関西で会社を立ち上げ成功して、 その後東京へ出て、演芸と演劇の興行権を次々に手中にしていった。 そして、時代の趨 …

no image

全席禁煙のカフェを増やしてほしい

ドトールの分煙が中途半端でひどいというような 記事を見かけました。 私も本当にそう思います。 ドトールだけでなくベローチェもそうですよね。 日本では禁煙が遅れていると言われています。 本当にマナーも悪 …

アーカイブ