雑記

アイドリングストップのメリット、デメリット

投稿日:

最近では環境を綺麗にとか限りある資源を大切にとかを合言葉に
アイドリングストップ機能を搭載している車も増えていますよね。

また、アイドリングストップ機能が搭載されていなくてもドライバーが
自分の意思でこまめにアイドリングストップを行っているケースもしばしば見られます。

ところで、アイドリングストップってそんなに効果のあるものなのでしょうか?
メーカーも政府もアイドリングストップのメリットは大きく謳っていますが
そのデメリットに対してはあまりにも何も情報を与えていないような気がします。

では、そのメリットとデメリットを説明したいと思います。
まずはメリットですが、これは当然アイドリングストップしている間はガソリンを全く消費しませんので
省燃費や二酸化炭素排出量の低減につながる可能性があります。
ここで可能性としたのは実はそうならないケースもあるからなのです。
次にアイドリングストップ中はエンジンが止まっていますので夜間や閑静な
住宅地などでは騒音対策にもなります。

さて、デメリットの方ですが
まず、燃費が悪化し二酸化炭素搬出量が増える事がある。

え?と思う方が多いかと思いますが実はエンジンと言うのは始動時に
大量の燃料を使用する必要があるのです。
もちろん、アイドリングストップ機能搭載車はこの再始動時の燃費悪化を
極力防ぐ工夫がされています。

しかし、その機能が搭載されていない車や古い車ですと
こまめなアイドリングストップはむしろ燃費の悪化と環境汚染に繋がるケースが多々あります。
次に、バッテリーやセルモーターに負担がかかります。

アイドリングストップ機能搭載車を見てみればお分かりいただけるかと思いますが
車格に比べ大きめのバッテリーを搭載しています、車種によっては
バッテリーを2個搭載している事もあります。
それだけバッテリーの消耗が激しいと言う事です。
そして同時にセルモーターを回す回数も増えますのでセルモーターの消耗も激しいのです。

デメリットはまだあります。
自動車と言うのはエンジンが止まった状態ではブレーキアシストが
効かないためブレーキの効きが悪くなります。
アイドリングストップ機能搭載車ではこの点に関してとても研究されており
ストップ中でも十分な制動力を得る事が出来ますが非搭載車ですと
ブレーキの危機がかなり悪化しますので危険です。

このようにアイドリングストップはただやみくもに行えば良いと言うものではありません。
デメリットも多いと言う事をしっかりと認識することが必要です。
情報に振り回されてご自分の愛車を痛める結果にならないように気を付けてください。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

気のめぐりを良くするための波動修正法

この世界には目には見えないけれど、気(波動)といったエネルギーが流れています。 人間の体内にも、経絡といって気、血、水が絶えず体全体を 巡りながら、生命を維持しているのです。 今回は、そんな気のめぐり …

no image

言葉について

今は色々な人が言葉を使い、インターネット上で発信していくことが できるようになりました。 皆さんは正確な言葉遣いができているでしょうか。 今日は少しだけ、誤用とされる言葉について考えていきたいと思いま …

no image

さよなら渋谷 カマボコ駅舎 感想

今ちょうどテレビをつけたら NHKドキュメントで さよなら渋谷 カマボコ駅舎 がやっていました。 普段はこの番組は特に見ていないのですが、 テーマ的に気になったので見てしまいました。 東横線のホーム廃 …

no image

ビジネスジャーナルの人気記事がビジネスではない

最近検索でよく出てくるビジネスジャーナル。 http://biz-journal.jp/ 人気記事がサイドバーに並んでいるのですが、 その内容を見てみると ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ …

no image

ハンドメイドの需要と人気

最近ハンドメイドが人気があります。 それは、作家さん一人一人の個性で作られるものであり、 すべてにおいて一点ものであるからです。 人とは違った物を持ちたい。市場に自分の気に入るアイテムがない、 そうい …

アーカイブ