雑記

アイドリングストップのメリット、デメリット

投稿日:

最近では環境を綺麗にとか限りある資源を大切にとかを合言葉に
アイドリングストップ機能を搭載している車も増えていますよね。

また、アイドリングストップ機能が搭載されていなくてもドライバーが
自分の意思でこまめにアイドリングストップを行っているケースもしばしば見られます。

ところで、アイドリングストップってそんなに効果のあるものなのでしょうか?
メーカーも政府もアイドリングストップのメリットは大きく謳っていますが
そのデメリットに対してはあまりにも何も情報を与えていないような気がします。

では、そのメリットとデメリットを説明したいと思います。
まずはメリットですが、これは当然アイドリングストップしている間はガソリンを全く消費しませんので
省燃費や二酸化炭素排出量の低減につながる可能性があります。
ここで可能性としたのは実はそうならないケースもあるからなのです。
次にアイドリングストップ中はエンジンが止まっていますので夜間や閑静な
住宅地などでは騒音対策にもなります。

さて、デメリットの方ですが
まず、燃費が悪化し二酸化炭素搬出量が増える事がある。

え?と思う方が多いかと思いますが実はエンジンと言うのは始動時に
大量の燃料を使用する必要があるのです。
もちろん、アイドリングストップ機能搭載車はこの再始動時の燃費悪化を
極力防ぐ工夫がされています。

しかし、その機能が搭載されていない車や古い車ですと
こまめなアイドリングストップはむしろ燃費の悪化と環境汚染に繋がるケースが多々あります。
次に、バッテリーやセルモーターに負担がかかります。

アイドリングストップ機能搭載車を見てみればお分かりいただけるかと思いますが
車格に比べ大きめのバッテリーを搭載しています、車種によっては
バッテリーを2個搭載している事もあります。
それだけバッテリーの消耗が激しいと言う事です。
そして同時にセルモーターを回す回数も増えますのでセルモーターの消耗も激しいのです。

デメリットはまだあります。
自動車と言うのはエンジンが止まった状態ではブレーキアシストが
効かないためブレーキの効きが悪くなります。
アイドリングストップ機能搭載車ではこの点に関してとても研究されており
ストップ中でも十分な制動力を得る事が出来ますが非搭載車ですと
ブレーキの危機がかなり悪化しますので危険です。

このようにアイドリングストップはただやみくもに行えば良いと言うものではありません。
デメリットも多いと言う事をしっかりと認識することが必要です。
情報に振り回されてご自分の愛車を痛める結果にならないように気を付けてください。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

老齢厚生年金の被保険者

老齢厚生年金は、国民年金(第1号被保険者)のみの人に比べると お得な年金ということになります。 将来のことを考えると、老齢厚生年金に入りたい!と思う方もいると思います。 被保険者になるには、通常の会社 …

no image

クリックしたくなる広告

広告といっても、その効果はさまざま。 ここではインターネット広告の話になりますが、 クリックしたくなる広告とそうではない広告と いうのがあると思います。 そうではない広告というのは、それは内容が下手と …

no image

心の声を言葉へと表して書くという事の大切さ

現代では、ブログやフェイスブックといった便利なツールがあるので、 日々自分が思った事を言葉に表しながら、世界中へと発信する事が 簡単にできるようになりました。 心の声を言葉へと表して書いていくという作 …

no image

勉強は勉強したくなる目的を作ればいい

勉強は嫌で嫌でできればしたくないという人、 また将来のために勉強しようと決意していても もともと好きでもないことをやろうとしているので いまいち集中ができない人。 これらの人達に足りないのは勉強をする …

no image

エアフライヤー 油を使わないで油を使う料理ができる!?

油を使わないで高温の空気の循環で から揚げ、コロッケ、とんかつ等をあげられる エアフライヤーというものが4月20日に 発売するようです。 価格は29800円とのこと。 これどうなんでしょうか? 油を使 …

アーカイブ