雑記

アイドリングストップのメリット、デメリット

投稿日:

最近では環境を綺麗にとか限りある資源を大切にとかを合言葉に
アイドリングストップ機能を搭載している車も増えていますよね。

また、アイドリングストップ機能が搭載されていなくてもドライバーが
自分の意思でこまめにアイドリングストップを行っているケースもしばしば見られます。

ところで、アイドリングストップってそんなに効果のあるものなのでしょうか?
メーカーも政府もアイドリングストップのメリットは大きく謳っていますが
そのデメリットに対してはあまりにも何も情報を与えていないような気がします。

では、そのメリットとデメリットを説明したいと思います。
まずはメリットですが、これは当然アイドリングストップしている間はガソリンを全く消費しませんので
省燃費や二酸化炭素排出量の低減につながる可能性があります。
ここで可能性としたのは実はそうならないケースもあるからなのです。
次にアイドリングストップ中はエンジンが止まっていますので夜間や閑静な
住宅地などでは騒音対策にもなります。

さて、デメリットの方ですが
まず、燃費が悪化し二酸化炭素搬出量が増える事がある。

え?と思う方が多いかと思いますが実はエンジンと言うのは始動時に
大量の燃料を使用する必要があるのです。
もちろん、アイドリングストップ機能搭載車はこの再始動時の燃費悪化を
極力防ぐ工夫がされています。

しかし、その機能が搭載されていない車や古い車ですと
こまめなアイドリングストップはむしろ燃費の悪化と環境汚染に繋がるケースが多々あります。
次に、バッテリーやセルモーターに負担がかかります。

アイドリングストップ機能搭載車を見てみればお分かりいただけるかと思いますが
車格に比べ大きめのバッテリーを搭載しています、車種によっては
バッテリーを2個搭載している事もあります。
それだけバッテリーの消耗が激しいと言う事です。
そして同時にセルモーターを回す回数も増えますのでセルモーターの消耗も激しいのです。

デメリットはまだあります。
自動車と言うのはエンジンが止まった状態ではブレーキアシストが
効かないためブレーキの効きが悪くなります。
アイドリングストップ機能搭載車ではこの点に関してとても研究されており
ストップ中でも十分な制動力を得る事が出来ますが非搭載車ですと
ブレーキの危機がかなり悪化しますので危険です。

このようにアイドリングストップはただやみくもに行えば良いと言うものではありません。
デメリットも多いと言う事をしっかりと認識することが必要です。
情報に振り回されてご自分の愛車を痛める結果にならないように気を付けてください。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

テレビ需要の落ち込みは想定できなかった?

テレビ国内出荷が落ち込み最大というような ニュースが出ていました。 出荷台数が前年46%減という話です。 当然の話だと思います。 地上デジタル放送の切り替えが2011年で完了したわけです。 テレビの買 …

no image

HB-101は凄かった!

野菜が高い時期があったので、それ以来家庭菜園をしています。 簡単にプランターでできるものもあるし、部屋の中で水だけでできるのもあります。 毎日少しずつ大きくなるのを見ていると、とても楽しいし元気ももら …

no image

授業中などの眠気を覚ます方法

学生ならば授業中、社会人ならば退屈で長い会議の時間帯は どうしても眠くなるものです。 集中したいのにどうしてもふらふらっと来てしまう、 例えきっちり前の晩早く寝ていてもその症状はどうしても 現れてしま …

no image

できるだけ多くポイントを貯めよう!

世の中には数えきれないくらいのポイントがあります。 クレジットカードを使えばポイントが貯まります。 コンビニで指定のポイントカードを出せばポイントが貯まります。(割引される場合もあります) 証券会社で …

no image

若いうちに海外へ行くことの重要性

若者の海外離れが叫ばれて久しいですが、その原因としては海外へ 行くことがそう難しいことではなくなっただけに海外に特別な 憧れや希望を抱かない若者が増えたこと、不況の影響で経済的に 余裕がないこと、ゆと …

アーカイブ