雑記

「終末の日」も終わり

投稿日:

古代マヤ暦に基づく週末の日が本日12月21日
とのことで、海外では本当に大騒ぎになっていますね。

事件が起きないように予防線を張っていたり
中国の方では取り締まりもあったりしているようです。

日本の中ではさすがに騒ぎは大きくないというか
みなさん冷静になっているというところでしょうか。

この日は暦が一段落して終わるだけでまた明日から
新たな暦が始まるというだけの話です。

さらに言ってしまえば古代マヤ暦という話が
この現代の状況とどう関係しようがあるというのでしょうか。

NASA等が宇宙や地球の大変動を発表しているのであれば
まだしも、この瞬間に何もない以上、決して何も
起こらないで終わる確率は99.999%でしょう。

何か昔のノストラダムスの大予言を
思い出してしまいます。

小さい頃からさんざんなネタとしてあちこちで
取り上げられて遠い未来的な話でしたが、本当に
そのときがきて、あっという間に何もなく
過ぎ去ってしまいました。

本気で信じていて、下手な行動をして何もなく
終わってしまったらどうするというのでしょう?

何を信じるかは自由といいますけど
終末思想だけはよくよく考える必要がありますね。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

どんな逆境にも負けない心の姿勢

毎日いろいろな人と関わり合いながら生きていたら、 人生いろいろな壁にぶつかる事があるかと思います。 おそらく誰でも、「どうして自分だけがこんなひどい目に 合わないといけないのか」とか、「自分ではこんな …

no image

知らず知らずに発している自分自身の悪いクセ

人のクセが気になってしまうということは多々あります。 そしてそのクセが不快なものであればあるほど、 喧嘩の原因になったり、叱責の対象になったりもします。 普段自分が不快なクセを披露していないかどうか、 …

no image

読むなら、シドニーシェルダンの本がおすすめです。

読んで面白いと思うサスペンスとして、シドニーシェルダンの 本をおすすめします。 なかでもゲームの達人は、名作であろうかと思います。 タイトルを見ると、テレビゲームかなと思うわけですが、 そうではなくて …

no image

朝型のススメ

最近、夜型生活になってしまって、問題だなあと感じています。 早寝早起きがいいというのは間違っていないと思います。 何もせず過ごしていればどんどん夜型になっていくような気がしています。 人間の体内時計が …

no image

隠棲の俳人尾崎放哉、と山頭火

尾崎放哉は明治、大正期の自由律の俳人です。荻原井泉水門下で、 同門下には放浪の俳人として今も人気の高い種田山頭火がいます。 帝大を出て生命保険会社に就職、支店長まで行きましたが、 酒乱の傾向があり、辞 …

アーカイブ