健康

乾燥肌対策とクリーム

投稿日:

毎年寒くなると恒例の悩みがやってきます。
乾燥肌です。

それこそ十代の頃はほとんど気にしていませんでしたが、
二十代になった今となってはクリームが味方のシーズンです。

手にはハンドクリーム。
体にはボディークリーム。場合によっては薬用のものを使っています。

ハンドクリームは日中作業をする時と、寝る時でわけて二種類のものを使っています。
ハンドクリームも色んなものがあるので少量のものを色々試して、
その結果何となく落ち着いたものを愛用しています。

日中用のものはベタつかないもの。
作業時のものについてシミになったりしては困るので、
あんまりにも肌の温度で溶けやすいものはダメで、
最終的には植物性のものに落ち着きました。

寝る時はベタつきを気にする必要はないので、
とにかく保湿力やひび割れのケアに特化したものを使っています。

気をつけていても毎年指先のわれはどうしても出来てしまうので、
とにかくそれを治すのにひとやくかってくれる部分が大事でした。

続いてボディークリーム。
これは最近はもう珍しくもなくなってきましたね。
これに関しては以前友達からもらったものを使っています。

香りが強めなので普段使いはしていないのですが、
少し気分を変えたい時や、ゆっくり眠りたい時には使っています。
もちろん乾燥がちな肌を油膜でおおうことになるので、
朝方肌がぴりぴりすることもありません。

たまに体質でじんましんが出る時もあるのですが、
その時は薬用のクリームを使っています。

もう私の冬にはクリームが手放せません。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

旬の葉物野菜で脂肪燃焼

季節に応じて採れる野菜はやはり旬の物が栄養価も高く、 美味しく頂けますが、特に、旬の葉物野菜は脂肪燃焼にも効果的です。 例えば、春なら春に採れるレタスや菜の花、甘い春キャベツ、 夏には夏のレタスやモロ …

no image

肥満メカニズムではなく、太らないメカニズムを解明してほしい

肥満メカニズムを東北大が解明したということが ニュースとなっていました。 実際は凄い業績だと思いますが、単純に見れば、 飢餓に備えて栄養分を蓄えておく仕組みになっているのは 周知の事実だと思います。 …

no image

副作用も引き起こす薬との向き合い方

病気になった時や体調がすぐれない時に行く所と言えば病院です。 病院では医師の診察を受けた上で薬を処方されるわけですが、この薬の 種類や量が適正でないと思わぬ副作用に苦しむことになります。 もちろん、一 …

ころころ歯ブラシの口コミ評判をチェックしてみました。

ころころ歯ブラシって知ってますか? 歯ブラシも最近では性能の高いものが発売されてきています。 どれでもいいと思えば、安いものはいくらでも手に入りますしドラッグストアで買えば簡単です。 でも、実際に歯を …

no image

栄養士は絶対食べない食べ物なんて気にしないこと

栄養士が絶対に食べない体に悪い食べ物等について 書いた記事がありました。 栄養士が絶対に口にしない“カラダに悪い食べ物・飲み物”6選 http://irorio.jp/asteroid-b-612/2 …

アーカイブ