スポーツ

プロスポーツの観戦は自己責任で

投稿日:

以前、プロ野球の観戦中にファールボールが目に当たり失明したという女性が、
球場を管理している球団に対し、施設管理における不法行為があったとして、
損害賠償の訴訟を起こしました。裁判所の判決は被害者の請求の棄却となり、被害者の敗訴でした。

プロ野球の観戦では、球団は観客から入場料を徴収する代わりに、
観客に対して安全に野球を観戦させるという契約を締結しています。
当然、試合中のファールボールの危険から観客を守るべき安全配慮義務を負っています。

しかしながら、球団に求められる安全配慮義務の程度については、
プロ野球というものの特色として、投手が硬式ボールを投げ、打者がそれを
打ち返すというものである以上、本質的に一定の危険は内在しており、
またそのような臨場感がプロ野球観戦にとって必要不可欠な要素であると
いうことも考慮しなければなりません。

安全配慮義務を厳格に解釈しすぎると、結果的にグランドと観客席の間を
防護ネットで全て覆うことが求められるようになり、強いてはプロ野球観戦の
醍醐味を奪うことにもなりかねません。

球団の安全対策に相応の合理性が認められる限り、通常の範囲内で観客に
危険な結果が発生したとしても、それは不可抗力であると裁判所は認定しました。

なお、今回の事故は被害者がビールを購入したことが契機となって起きていますが、
試合が行われている間は、観客はボールの行方に注意を払うべきであり、
注意を怠ったことが原因で起きた事故は自己責任であると判示しました。

adsense

adsense

-スポーツ

執筆者:

関連記事

no image

WBCは果たして盛り上がるのでしょうか

今年はワールドベースボールクラシックの年になります。 前回、前々回は日本が優勝し試合も高視聴率を叩き出し大成功と なりましたが、果たして今年も盛り上がるのでしょうか。 不安な点と言えば日本人のメジャー …

日本ハム・大谷が「投手」としてWBC辞退 みんなの反応は?

日本ハムの大谷翔平がWBCを投手として 辞退することを発表したということです。 右足首の徐津愛が好転しないということで 投手としてプレーできないということ。 非常にもったいないというところも あります …

no image

ボウリングのスコアーアップのためのヒント

私は現在51歳になります。 第一次ボウリングブームの時は小学校4年生でした。 昭和47年(1972年)頃がいちばん盛り上がっていたように 記憶をしています。 私はたまたま、親しくしていた近所の伯父さん …

no image

高校サッカー選手権は戦国時代に突入

高校サッカーと言えば上位に勝ち上がるチームと言うか 地域がひと昔前は限られていたものでしたが、今年の上位高は 今まではそれほど強くない地域の学校で占められています。 時代の移り変わりによるものでしょう …

no image

松井秀喜 引退 本当にお疲れ様でした

プロ野球の松井秀喜選手が現役引退の 意思を固めたということで報道されています。 松井秀喜、引退へ 渡米10年「結果が出せなくなった」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a …

アーカイブ