社会

東日本大震災。被災地の現実。

投稿日:

2013年になれば、東日本大震災から2年の月日が流れた事になります。
被災者のための復興財源が、震災被害とは全く関係ないところで
何億円も利用されていたり、被災者ではない人たちが平気な顔で
復興財源からお金の援助を申請していた事実は、日本の政府や震災と
関係のない人たちが被災地を忘れつつある証拠です。

また、被災地は本当に困っているのに震災ガレキを絶対に受け入れないと。
自治体が震災ガレキを受け入れるなら、裁判を起こしてでも受け入れないと
訴える人たちの姿が報道されるたび、東日本大震災の悲劇と被災地の悲惨さは
忘れ去られたのだと思いました。

被災地が今、どのようになっているか皆さんご存知ですか?
復興が進み、以前のように道路やお店が回復したところもありますが、
それは津波が襲った長い海岸線のごく一部です。

激甚被災地と言われているところは。街がそっくり無くなりました。
家も、木も。畑も。何もかもなくなってしまったのです。
その場所は今でも地獄絵図のような状態で残っているのです。

元に戻すどころか、手をつけることも出来ない状態なのです。
海水が入り込んでもはや農地にはならない荒れ果てた地面と、砂防林の松が
すっかり流されて歯抜けのようなミスボラシイ海岸線。

津波でぶち抜かれた家や学校が、取り壊される事もなく放置されて
いるところもあるのです。
持ち主が亡くなってしまったのでしょうか、いまだ引き取り手がない漁船が、
津波で流されてきたまま幹線道路の脇に横たわっています。

そして無くなった物の代わりに現れたのが、モンスターのようにうず高く
積み上げられたガレキの山。
まだまだ分別にも人の手が必要です。

もはやボランティアの人たちが来るのもまばらになって、道々に掲げられた
ボランティアへの感謝の言葉も虚しく空回る。これが被災地の現実なのです。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

告示日前の活動は紛らわしい

東京都知事が急募というチラシが 入っていたので、もう候補者は決まって特集している のに何故??と不思議にチラシを見てみました。 そしてその通りに検索したら特定の人の 応援サイトでした・・。 凄く紛らわ …

no image

国民年金保険料がアップ 月1万5040円に

国民年金保険料ですが2013年度は 現在の月額1万4980円から60円引き上げの 1万5040円となることが決定したそうです。 物価変動率等を考慮するので、60円の引き上げで 済んだというところもあり …

no image

色覚異常の割合と見え方についての考察

ふとブログ等を呼んでいて、色覚異常について 語ったものがあったので真剣に読んでみました。 そしてわかった事実として男性の5%(20人に1人)が 色覚異常を持っているということです。 女性は遺伝的になる …

no image

日本を観光立国にして経済を盛り上げる方法

経済を上昇させるにはどうしたらいいか、といった事が今世論で 騒がれていますが、私が思う比較的簡単で将来性の高い経済対策は、 日本を観光立国にする事です。 今でも充分に観光立国でないか、と思われる方も多 …

no image

結婚式で友人代表の挨拶を頼まれたとき

結婚式が二十代の後半くらいから、社会人ならば出席する機会が ぐんと増えてくると思います。 昔から知っている友人やともに会社で働く同僚が普段のちゃらけた様子と 違うきりっとした姿で式に臨んでいる様子を見 …

アーカイブ