社会

東日本大震災。被災地の現実。

投稿日:

2013年になれば、東日本大震災から2年の月日が流れた事になります。
被災者のための復興財源が、震災被害とは全く関係ないところで
何億円も利用されていたり、被災者ではない人たちが平気な顔で
復興財源からお金の援助を申請していた事実は、日本の政府や震災と
関係のない人たちが被災地を忘れつつある証拠です。

また、被災地は本当に困っているのに震災ガレキを絶対に受け入れないと。
自治体が震災ガレキを受け入れるなら、裁判を起こしてでも受け入れないと
訴える人たちの姿が報道されるたび、東日本大震災の悲劇と被災地の悲惨さは
忘れ去られたのだと思いました。

被災地が今、どのようになっているか皆さんご存知ですか?
復興が進み、以前のように道路やお店が回復したところもありますが、
それは津波が襲った長い海岸線のごく一部です。

激甚被災地と言われているところは。街がそっくり無くなりました。
家も、木も。畑も。何もかもなくなってしまったのです。
その場所は今でも地獄絵図のような状態で残っているのです。

元に戻すどころか、手をつけることも出来ない状態なのです。
海水が入り込んでもはや農地にはならない荒れ果てた地面と、砂防林の松が
すっかり流されて歯抜けのようなミスボラシイ海岸線。

津波でぶち抜かれた家や学校が、取り壊される事もなく放置されて
いるところもあるのです。
持ち主が亡くなってしまったのでしょうか、いまだ引き取り手がない漁船が、
津波で流されてきたまま幹線道路の脇に横たわっています。

そして無くなった物の代わりに現れたのが、モンスターのようにうず高く
積み上げられたガレキの山。
まだまだ分別にも人の手が必要です。

もはやボランティアの人たちが来るのもまばらになって、道々に掲げられた
ボランティアへの感謝の言葉も虚しく空回る。これが被災地の現実なのです。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

独身が考えるべき一生のお金 ~本当に独身はお金に困るのか?~

独身の場合、お金が裕福で困らないという考えを 抱きがちだが一生というライフスパンで見た場合、 お金に困る可能性があるという内容の記事を 見ました。 ・お金にゆとりがあると贅沢になりがち、ファミリー世帯 …

no image

添い寝専門店が流行る

添い寝専門店が流行っていて、既に秋葉原にオープンして 今度は新宿にオープンしたという話がありました。 価格を見ると 20分 3000円 40分 5000円 60分 6000円 120分 11000円 …

no image

定年の年齢を65歳まで引き上げる取り組みについて

現在の定年制限は60歳と法律で決められています。 しかし政府は今後の五年間、段階的に定年制限を上げていき、 65歳まで引き上げていくよう法律を改正しています。 医療技術の進歩により平均寿命があがり、6 …

no image

パート主婦もスマホ使いが当たり前の時代

消費税増税が近づく中、少しでも働いて家計を助けたいというのが 主婦の方の本音ではと思いますが、不景気な昨今なかなか条件の いい仕事など中々ありつくことはできません。 そんな中、主婦の仕事の面接で「スマ …

no image

体験者の声も疑いを持つこと

最近、動画セミナーを見る機会が増えてきました。 以前はインターネット上で成立する商売の場合、縦長の ランディングページ、キラーページと呼ばれるような サイトで表現して完了というパターンの売り込みが 多 …

カテゴリ

アーカイブ