雑記

言葉について

投稿日:

今は色々な人が言葉を使い、インターネット上で発信していくことが
できるようになりました。

皆さんは正確な言葉遣いができているでしょうか。

今日は少しだけ、誤用とされる言葉について考えていきたいと思います。

まず最初は「情けは人の為ならず」です。皆さんどういった意味で
使うでしょうか。友人の一人に聞いてみたら、「情けをかけて優しく
することは、その人のためにならないって意味だろ」って言われましたが、
大きな間違いです。

本当のところは「人に何かを為す事は、巡り巡って自分に返ってくる」と
いう意味なんです。古語の意味を理解する意識が、人々の意識から遠ざかり、
次第に現代の言葉と社会背景から理解するようになったため、このような
解釈になったそうです。

今では「情けは人の為ならず 巡り巡って己が(自分の)為」というように、
後ろに言葉をつけ、意味をわかりやすくするものもあるそうです。

因果律についての話なんですよね。皆さん、最近いいことしましたか?

次は「済し崩し」です。私もちょっと前までは、全体が次々と壊れていくと
いったニュアンスで使う言葉だと思っていました。これは「物事を少しずつ片付けていく」と
いった意味なんです。

他にも「失笑」も「人に蔑まれる笑いが起こること」といったニュアンスですが
「面白すぎて噴出すこと」という意味なんです。

最近は色々とうるさく言われることもあると思いますが、時代の背景と一緒に、
物事の価値が変わっていくものです。

言葉も同様に「煮詰まる」や「確信犯」といった誤用が広く認識されるように
なってきました。言葉には色々な捉え方ができますから、誤用で遊んでみるのも
楽しいかもしれませんね。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

第六感を鍛えるには

あの人は勘がいい、霊感がある、予知能力があるといった人が、 あなたの周りもいませんか? では、どうして彼らはそんなに勘がいいのでしょうか? そして勘とはいったいどんな能力なのでしょうか? 今回は、そん …

no image

エコとかけ離れるプリンター

あまり、部屋に大きなものを置きたくないので パソコンはノート、プリンターはモバイル、スキャナーはハンディと 比較的場所の取らないものばかりにしていました。 プリンターもかなり年数を使っていましたが 大 …

no image

2013年 梅雨入りの時期について

梅雨入りということが先日東京でも 5月29日ごろに発表されて平均より 10日も早いということで発表されていました。 梅雨になるとじめじめしてイヤだなあと 思ったり、今は自転車を使っているので 自転車を …

no image

様々な情報をフルに活用する方法

情報化社会と云われる現代で日々生活していると、TV,インターネット、 新聞、電車の吊り広告、ラジオ、雑誌と、こちらからあえて追いかけなくても、 あらゆるところから何かしらいろいろな情報が入ってくるかと …

no image

キーシンの「ショパン前奏曲」はジェットコースター

生涯のすべてをピアノに捧げたともいえるフレデリック・ショパン。 当然数多くの傑作があります。 専門家の評価はいろいろですが、「前奏曲」の評価は際立っているようです。 ほかにも「練習曲」「ソナタ3番」「 …

カテゴリ

アーカイブ