雑記

言葉について

投稿日:

今は色々な人が言葉を使い、インターネット上で発信していくことが
できるようになりました。

皆さんは正確な言葉遣いができているでしょうか。

今日は少しだけ、誤用とされる言葉について考えていきたいと思います。

まず最初は「情けは人の為ならず」です。皆さんどういった意味で
使うでしょうか。友人の一人に聞いてみたら、「情けをかけて優しく
することは、その人のためにならないって意味だろ」って言われましたが、
大きな間違いです。

本当のところは「人に何かを為す事は、巡り巡って自分に返ってくる」と
いう意味なんです。古語の意味を理解する意識が、人々の意識から遠ざかり、
次第に現代の言葉と社会背景から理解するようになったため、このような
解釈になったそうです。

今では「情けは人の為ならず 巡り巡って己が(自分の)為」というように、
後ろに言葉をつけ、意味をわかりやすくするものもあるそうです。

因果律についての話なんですよね。皆さん、最近いいことしましたか?

次は「済し崩し」です。私もちょっと前までは、全体が次々と壊れていくと
いったニュアンスで使う言葉だと思っていました。これは「物事を少しずつ片付けていく」と
いった意味なんです。

他にも「失笑」も「人に蔑まれる笑いが起こること」といったニュアンスですが
「面白すぎて噴出すこと」という意味なんです。

最近は色々とうるさく言われることもあると思いますが、時代の背景と一緒に、
物事の価値が変わっていくものです。

言葉も同様に「煮詰まる」や「確信犯」といった誤用が広く認識されるように
なってきました。言葉には色々な捉え方ができますから、誤用で遊んでみるのも
楽しいかもしれませんね。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

インターネット上の文章のコピーには注意

よく外注の方を利用して記事を用意していたりするのですが、 一定の確率でどこかの文章をそのままコピーしてくるような 人に出会います。 ネット上の文章をコピーするということは 「引用」でない限り立派な著作 …

no image

いつからその科目を教えるべきなのか?

小学校の算数を6年生から教えると2年間で 6歳から始める8年分の算数の量を終わらせることが できる、という話のブログを見つけました。 http://readingmonkey.blog45.fc2.c …

no image

金子みすゞの詩について

劇団えるむの、「みすゞ凛ゝ」というお芝居を観ました。 金子みすゞの半生を、彼女の詩を紹介しながら綴っていくお話です。 東日本大震災の直後、一般的なテレビCMが自粛されACのコマーシャルばかりが 流れて …

思考能力を広げるための訓練

誰でも世の中を渡り歩いていると、人間関係やお金、物質的な事、 その他数々のトラブルでつまずく事があるかと思います。 そんな時にいかにそのトラブルを解決できるか、回避できるか、 さらにプラスの方向へと活 …

no image

吉田秀和と丸谷才一

文学とりわけ評論分野で戦後日本を代表する知識人、吉田秀和氏と丸谷才一氏 が今年亡くなりました。新聞での扱いも特別で、各紙に大きな追悼関連記事が 掲載されました。どちらも亡くなる直前まで現役として活動さ …

アーカイブ