社会

日本を観光立国にして経済を盛り上げる方法

投稿日:

経済を上昇させるにはどうしたらいいか、といった事が今世論で
騒がれていますが、私が思う比較的簡単で将来性の高い経済対策は、
日本を観光立国にする事です。

今でも充分に観光立国でないか、と思われる方も多いかもしれませんが、
香港やシンガポール、韓国などは、母国語の他に英語、その他の言語を
話せる人が多いので、海外からの観光客は買い物や観光がしやすいのです。

それに街の中心地は夜10時ぐらいまで明るくて、観光客が普通に
ショッピングを楽しめるようになっていたり、カジノがあったり、
ハブ空港で24時間営業をしていたりと、観光客にとって便利な仕組みになっているのです。

シンガポール等は街の景観をとても大事にしていて、ゴミを捨てたら
罰金を取られるといった厳しい法律があったり、国の緑を大切にするための
木々のお医者さんが国家公務員だったりと、観光客集めに国を挙げて
徹底しているのです。

治安維持、街の景観、自然の整備、特産物、伝統工芸品の充実、
大規模なレジャー施設の運営etc.

これらの事に力を入れて世界的にトップレベルの観光立国になれば、
観光客だけでなく、住んでいる多くの日本人にとっても豊かになれると思います。

そして自然と英語や他国の言葉を習得する機会に恵まれたり、世界各地の
人々と触れ合いながら、それぞれの国の価値観や思想を学んでいく事ができるのです。

過疎化、高齢化が進む僻地でも、のんびりと過ごせるリゾート地へと
開拓できるチャンスはあると思います。

日本ならではの魅力を引き出しながら、世界中の憧れの的と
なるような観光立国になれるといいですね。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

電気は安定的に供給されなければいけない

原発と電力の関係、現在の政党に関する意見を 頂いたものを掲載します。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 福島第一原発の事故が起こってから日本の原発政策は大混乱です。 停止している原発の再稼働の …

no image

遺言書の相続における有効性

被相続人が亡くなって相続を開始する場合は、まず遺言書の 有無の確認から始めます。 遺言は、人の生前の意思を死後に実現させるための 手段として制度化されたものです。 民法は、自分の財産を遺言によって自由 …

no image

社長になりませんか?は怪しい

社長になりませんか?とうたっている 求人募集広告や掲示板、SNS経由でのメッセージ等で 見たことはありませんか? 自分も社長になれる!ということで 興味津津という人も多かったりするのではないでしょうか …

no image

高齢化社会における福祉の重要性

今や多くの先進国においては、高齢化社会が到来しております。 しかもそれは、今後もどんどん加速されてゆきそうです。 日本もまた例外ではありません。少子高齢化は以前から大きな社会問題と なっており、それな …

no image

為替介入の効果

為替介入とは、日銀などの当局が、通貨の売買を行なうことで 外国為替市場に影響を与えることを言います。 ほとんどの場合、過度な円高を抑制するために円を売って ドルを買うことで円売り介入をします。 多くの …

アーカイブ