社会

日本を観光立国にして経済を盛り上げる方法

投稿日:

経済を上昇させるにはどうしたらいいか、といった事が今世論で
騒がれていますが、私が思う比較的簡単で将来性の高い経済対策は、
日本を観光立国にする事です。

今でも充分に観光立国でないか、と思われる方も多いかもしれませんが、
香港やシンガポール、韓国などは、母国語の他に英語、その他の言語を
話せる人が多いので、海外からの観光客は買い物や観光がしやすいのです。

それに街の中心地は夜10時ぐらいまで明るくて、観光客が普通に
ショッピングを楽しめるようになっていたり、カジノがあったり、
ハブ空港で24時間営業をしていたりと、観光客にとって便利な仕組みになっているのです。

シンガポール等は街の景観をとても大事にしていて、ゴミを捨てたら
罰金を取られるといった厳しい法律があったり、国の緑を大切にするための
木々のお医者さんが国家公務員だったりと、観光客集めに国を挙げて
徹底しているのです。

治安維持、街の景観、自然の整備、特産物、伝統工芸品の充実、
大規模なレジャー施設の運営etc.

これらの事に力を入れて世界的にトップレベルの観光立国になれば、
観光客だけでなく、住んでいる多くの日本人にとっても豊かになれると思います。

そして自然と英語や他国の言葉を習得する機会に恵まれたり、世界各地の
人々と触れ合いながら、それぞれの国の価値観や思想を学んでいく事ができるのです。

過疎化、高齢化が進む僻地でも、のんびりと過ごせるリゾート地へと
開拓できるチャンスはあると思います。

日本ならではの魅力を引き出しながら、世界中の憧れの的と
なるような観光立国になれるといいですね。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

円安は日本を救うのか

自民党が優位ということが世論調査などで 明らかになってくるに従って円安が進んできています。 自民党の総裁などは否定していますが、やはりどう考えてみても 自民党の総裁の発言が今の円安を誘導しているとしか …

残業が強制的に月80時間までになる?政府調整。

政府調整として長時間労働対策として 月80時間までの上限規制をするということを 始めるようです。 今も残業は原則禁止ですが、36協定で 時間制限を外すことができるように なっていたということ。 この8 …

残業上限が月100時間って今までと何が違うの?

残業の上限が月100時間で罰則付きに なるということで合意ができそうな流れに なっているようですね。 この残業上限100時間ってどうなのでしょうか? 今までと一体何が変わるのでしょうか? そもそも過労 …

no image

通信販売はクーリングオフができません

クーリングオフ制度があることは周知されていますが、その内容を 熟知している人はそれほど多くはありません。 クーリングオフというのは、いったん購入や契約をした後でも、 一定の条件を満たせば、消費者から一 …

no image

添い寝専門店が流行る

添い寝専門店が流行っていて、既に秋葉原にオープンして 今度は新宿にオープンしたという話がありました。 価格を見ると 20分 3000円 40分 5000円 60分 6000円 120分 11000円 …

アーカイブ