雑記

クリスマスケーキは冬至の風習

投稿日:

クリスマスの時に
クリスマスケーキをは食べますが
これは何の言われから来ているのだろうかと
考えた事はありますか。

クリスマスとケーキはいつもセットだったから
考えた事もないというのが、大半の方の意見ではないでしょうか。

実は、このクリスマスにケーキを食べるというのは
西洋では、冬至のお祭りが発端なのです。

昔は、クリスマスではなく冬至にケーキを食べる習慣がありました。
ほとんどの国では冬至というのは闇から光明に変わる
お祭りの日だったのです。

そして、それぞれ土地では色んな行事がありました。
それを、キリストの誕生日と融合してしまったのです。
イエス・キリストの生誕を祝うことと一緒にしてしまおうと
いう風になったようです。

キリスト教では感謝祭の日から
毎週1本づつ蝋燭に火を点けて行く行事をしなから
クリスマスを待ちますが、それ以前の古い宗教では
冬至の前後12日間をお祭りの期間として祝っていたようです。

私達の日本でも、冬至の日にはゆず湯に入って
かぼちゃを食べてる風習があるようにです。

この、クリスマスにケーキを食べるという
西洋の習慣に日本で目をつけたのが
かなりメジャーなお菓子屋さんです。

銀座にも本店を置く女の子のキャラクターと
男の子のキャラクターを持つお店です。

昭和27年頃にクリスマスケーキを
大々的に売り出して、これがヒットしました。

日本ではちょうど高度経済成長に
さしかかるところだったからなのでしょう。

今では、必ずと言って
クリスマスにはケーキを食べるようになっていますが
本当は冬至を祝うお祭りだったのです。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

芥川賞直木賞と本屋大賞

出版関係の賞というのはいろんなものがあります。 特に有名なのは芥川賞と直木賞だと思います。 芥川賞は、「蜘蛛の糸」「藪の中」などで有名な芥川龍之介の 名前を冠して菊池寛が創設した文学賞で、純文学作品を …

no image

アニマルセラピーの普及を希望します

アニマルセラピーという言葉。 動物たちと触れ合うことによってストレスを解消するというものに なります。 確かに私の場合、犬と触れ合っていると心が落ち着くということが あったりします。 最近のアメリカの …

no image

地球滅亡ブーム

2012年もマヤ暦の滅亡論がありましたけど 結局何も起きず、まあそんなことだろうとほとんどの 日本人はそう思っていたと思いますが、まだまだ 地球滅亡の予言は続くようです。 2015年9月 マヤ暦の終り …

no image

眼鏡の曇りを取る方法

眼鏡をかけている人にとって冬の寒い時期に困るのは、 寒い外から暖かい場所に入ってきたときのレンズの曇りです。 ラーメンやなべなど暖かいものを食べるときも、すぐ眼鏡が 曇ってしまい困っていませんか。 レ …

no image

nexus7のCMがiPadとそっくり

nexus7のCMって見たことがありますか? iPadとそっくりだと思いませんか? 何気なく見ていて、新しいバージョンのiPadが 出たんだなあ、なんて思っていました。 そうしたら最後にロゴで 「go …

アーカイブ