雑記

クリスマスケーキは冬至の風習

投稿日:

クリスマスの時に
クリスマスケーキをは食べますが
これは何の言われから来ているのだろうかと
考えた事はありますか。

クリスマスとケーキはいつもセットだったから
考えた事もないというのが、大半の方の意見ではないでしょうか。

実は、このクリスマスにケーキを食べるというのは
西洋では、冬至のお祭りが発端なのです。

昔は、クリスマスではなく冬至にケーキを食べる習慣がありました。
ほとんどの国では冬至というのは闇から光明に変わる
お祭りの日だったのです。

そして、それぞれ土地では色んな行事がありました。
それを、キリストの誕生日と融合してしまったのです。
イエス・キリストの生誕を祝うことと一緒にしてしまおうと
いう風になったようです。

キリスト教では感謝祭の日から
毎週1本づつ蝋燭に火を点けて行く行事をしなから
クリスマスを待ちますが、それ以前の古い宗教では
冬至の前後12日間をお祭りの期間として祝っていたようです。

私達の日本でも、冬至の日にはゆず湯に入って
かぼちゃを食べてる風習があるようにです。

この、クリスマスにケーキを食べるという
西洋の習慣に日本で目をつけたのが
かなりメジャーなお菓子屋さんです。

銀座にも本店を置く女の子のキャラクターと
男の子のキャラクターを持つお店です。

昭和27年頃にクリスマスケーキを
大々的に売り出して、これがヒットしました。

日本ではちょうど高度経済成長に
さしかかるところだったからなのでしょう。

今では、必ずと言って
クリスマスにはケーキを食べるようになっていますが
本当は冬至を祝うお祭りだったのです。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

一週間の料理献立を楽しく正しくたてよう

主婦が一週間の献立を考えるのは、案外難しいものです。 家族の好きなものを取り入れながらも、栄養には 配慮しなくてはなりません。 好き嫌いのない夫婦二人分ならそう苦労もないですが、 三世帯同居ともなると …

no image

メッセンジャー対スカイプの決着

windowsメッセンジャーですが、「2013年第1四半期に 提供を完全に終了する」ということが 発表されましたね。 栄枯盛衰といいますか、ついにメッセンジャーも 終わりの時代がきたということです。 …

no image

算数の疑問「+の数が=をまたぐと-の数になるのはどうして?」

子供が学校で習ったことがわからなくて先生に聞いても よく分からず親の自分に聞いてきた、そんなときにビシッと 答えられたら親の株は急上昇です。 そこで、よくある算数の疑問をうまく説明する方法をご紹介しま …

no image

暇がある人には自転車趣味がおすすめ

まだまだ寒い時期ですが、そろそろ運動不足が目立ってきて お腹周りがたるんできた人も多いと思います。 そんな人は運動で体を積極的に動かすのが嫌で、かといって このままではいたくないという思いが強いはずで …

no image

シンメトリーを嫌う日本人

昨年末歌舞伎役者中村勘三郎が57歳の若さで亡くなりました。 ちょうど京都の南座では息子の中村勘九郎の襲名公演が開かれており、 あわせて話題にのぼりました。次男の七之助も襲名公演に出演していました。 こ …

アーカイブ