健康

イライラにカルシウムは効かない

投稿日:

よくイライラしていると、カルシウムが足りないんだから
もっとカルシウムを取りなさい!とか
牛乳を飲みなさい!とか言われたこと、言ったことが
ありませんか?

このイライラとカルシウムの関係ですけど、
日常的なカルシウムの摂取とは事実上関係がないという話が
出ています。

カルシウム不足はイライラはかなりの都市伝説のよう。

その実態としては
血液の中にあるカルシウムの濃度が低下した場合、
イライラ・情緒不安定等の精神状態になるということは
ありますが、骨のカルシウム分があって、常に溶け出して
一定に保っているので、血中のカルシウムが不足するなんて
自体は起こらない。

もし起こっているのであれば、イライラどころではなく、
痙攣や別の症状も起こっていて、もう病気の状態であり、
カルシウムの摂取量の多い少ないどころの話ではない。

このような話でした。
もちろんカルシウム自体は重要な栄養素で骨をつくることにも
なるので長期健康的にも見て摂取すべきものですが、
それが即イライラと関連するものではないとのことです。

医学的な説は時間とともに変わっていきますし、
TVや雑誌で紹介される内容もかなり信憑性は怪しく
なってきていますよね。

では、イライラはどこから来るんでしょう?
ホルモンバランスの異常という説もありますが、
具体的な解決法はまだ調べられていません。

何かの成分に頼るよりは自分で解消する方法を
考えたほうがよさそうな気もしますね。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

乾燥肌を防ぐL_アスコルビン酸リン酸マグネシウム

乾燥肌、敏感肌を防ぐ第一歩は、保湿を中心とした スキンケアです。 そこで、L_アスコルビン酸リン酸マグネシウム塩という 持続活性型ビタミンCを使用した美容クリームがオススメです。 このビタミンCの最大 …

no image

何気に食べるみかんが一番 ~みかんの健康効果~

みかんの健康効果をまとめてある記事を 見つけました。 意外とみんな知らない「みかん」の驚くべき健康効果まとめ http://news.livedoor.com/article/detail/72972 …

no image

脂肪は1gあたり9キロカロリー

脂肪とカロリー数の関係。これはよくわからない部分が 多いのではないでしょうか。 栄養素の持つエネルギーでいうと たんぱく質や炭水化物のもつエネルギー量は1gあたり 4キロカロリーになります。 そして脂 …

no image

質の良い睡眠は、美容と健康の要

美容と健康にかかせない要素はたくさんあると思います。 睡眠・食事・運動どれも大切ですが、中でも睡眠は1日 の疲れを心身共に回復する力を持っています。 睡眠によって細胞分裂が盛んになり、昼間活発に働く …

no image

口臭対策

口臭対策として口臭外来というところがあるわけですが、 そこでは口臭の原因を特定するというところから始まります。 口臭の原因は一つではなくさまざまな原因が考えられるからです。 一番多いのは口の中の細菌で …

アーカイブ