雑記

王様も楽ではなかった?

投稿日:

王様、といってぱっと浮かぶイメージといえばどんなものでしょう?

でっぷり太ってて、王冠を被って、威張ってそうで、庶民とは一切
触れあわない雲の上の人……そんなイメージをお持ちではないですか?

でも、実際はそうでもなかったみたいです。
今でも王族の生活は世間の注目の的ですが、昔もそれは同じ。
しかも、「王族は国民みんなのもの」といった認識だったそうです。

例えば、昔のフランスでは、国王の食事は、毎回公開の儀礼のような
ものだったよう。特にルイ十五世はゆで卵の食べ方がとても上手で、
ヴェルサイユ宮殿を訪れる国民は、その卵を割る技術に感動したとか。

それだけならまだしも、ルイ13世は臨終の際にも、瀕死の王を
一目みようと群衆が押し寄せてきたとか。

衆人の目にさらされているのは王様だけではありません。
王妃様もお化粧する様子が一般公開されたり、後の方になると、
出産の様子まで公開されていたようです。

いかかがでしょうか? 今のパパラッチもはだしで逃げ出すくらいの
プライバシー侵害ですね。王族の生活というのは、庶民にとって娯楽の
一つだったのでしょうか。

当時の王様は、今みたいな象徴としての存在だけではなく、実質的に
国を動かしていたわけですから、公共としての存在という側面が
大きかったのでしょうから仕方ないのかもしれません。

「王様になりたい」などと子供時代は考えたものですが、裏事情を
知ってしまうととても気軽にそんなことは口にできないですね。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

猫と一緒に暮らすのに最低限おぼえておくこと。

気まぐれで自由に動き回る猫達と快適に一緒に暮らすには、 どういったことに心掛ければよいでしょう。 可愛い愛猫との上手な暮らし方をお教えします。 猫たちは飼い主の事を格上の存在だとは思っていません。 大 …

no image

最近のディーゼル車はすごい

最近販売されているディーゼル車の実力には目を見張るものがあります。 今までのディーゼル車といえば、排気ガスが臭い、加速が遅い、 ガラガラうるさいといったイメージでバスやトラックなどの 商用車以外ではあ …

no image

玉三郎の「ふるあめりかに袖はぬらさじ」

正月3日に、NHKが舞台「ふるあめりかに袖はぬらさじ」をオンエアします。 これは2012年に赤坂のACTシアターで上演された舞台の録画放送です。 この作品は有吉佐和子が文学座の杉村春子(いずれも故人) …

no image

老齢厚生年金とは

年金の中でも会社員は老齢厚生年金に当たるという話を しています。 では、具体的に老齢厚生年金とはどのようなものなのかに ついてお話します。 日本の老齢年金は2階建て構造となり、1階部分は 全員が当ては …

no image

クレジットカードの利点と落とし穴

大人であれば誰でも一人一枚くらいはクレジットカードを持っていると思います。 クレジットのカードなんて、誰が考えたのか便利な時代になりました。 ご老人の方々に話を聞くと「月賦の事か?」などと言う人がいま …

アーカイブ