美容

アスタキサンチンの効能

投稿日:

009640

みなさん、アスタキサンチンという用語を聞いたことはありますか?

数年前から、よく巷で聞く、有名な成分になってきました。

アスタキサンチンとは、カニ・エビ・サーモンに含まれる
オレンジ色の成分で、抗酸化作用がある物質です。

抗酸化作用と言っても、難しく聞こえるかもしれませんが、
皮を向いたりんごが、空気中の酸素と反応して、茶色くなりますよね?

あれも酸化作用で、人間に当てはめると、老化に当たります。

その老化を食い止める役割をするのが、抗酸化作用のある物質です。
私たちは毎日、生きていくには酸素を吸う必要がありますが、
悲しいかな、この酸素が体内で活性酸素となり、私たちのの細胞を、
組織を老化に導いています。

少しでもその老化を食い止めるために、積極的に摂取したいのが、抗酸化物質で、
アスタキサンチンの他には、ポリフェノールやビタミンEも仲間です。

アスタキサンチンを含むサプリメントや化粧品も、
たくさんで回っています。

もちろん、補助的にそれらを取り入れるのは、大賛成ですが、
個人的には、やはり私たちの人間の健康と美しさは、
日々の食事が大事だと思っています。

食品の中でも、効率的にアスタキサンチンを
摂取できるのは、サーモンです。

冒頭に紹介したように、アスタキサンチンはオレンジ色の物質です。
エビやカニは表面の甲羅にほとんどのアスタキサンチンが含まれており、
効率的に摂取することは難しいです。

一方で、サーモンは、筋肉に当たる箇所がすべて
オレンジ色をしています。

つまり、可食部のほぼすべてにアスタキサンチンが含まれており、
食品の中では最も効率的に摂取できると言われています。

冬場の鍋の季節、
エビやカニを入れると、オレンジ色のオイルが浮いてきますよね?
あれにもアスタキサンチンが含まれています。
女性のみなさん、最初の一杯目で必ずゲットしたい部分ですね。

adsense

adsense

-美容

執筆者:

関連記事

no image

乾燥肌 ボディークリーム

私はもともと乾燥肌で、今の季節は更に乾燥肌がひどくなって困ります。 お風呂に入った後は、ニュートロジーナのボディークリームを 塗って乾燥肌対策をしています。 一番気になる乾燥部分は足のかかと部分とすね …

no image

乾燥すると粉をふく不思議な皮膚

冬の寒い季節、日本では寒さと共に乾燥が 皮膚の大敵となります。 すると皮膚は湿疹が出たり、痒みが出たり、様々な 不快な症状が出てまいります。 その中の一つに、皮膚がガサガサになって 粉っぽくなってしま …

no image

乾燥肌とビタミン

肌が乾燥しやすくなる理由のひとつに、ビタミン不足があげられます。 偏った食事が原因で、肌に十分な栄養が届いていないことがあるのです。 乾燥肌の症状に効果があるとされているビタミンは、 DHA、EPA、 …

no image

花嫁のラストスパートに、お家で美顔器

挙式前の花嫁にとって、1~2か月前は1日1日が美への真剣勝負。 中でも、一番注目を浴びる「お肌」のお手入れは、絶対に手を抜けませんよね。 「今は調子がいいけれど、直前で荒れてしまったらどうしよう」など …

no image

乾燥肌・スキンケア 対策

私は極度の乾燥肌です。 手を抜くと途端に肌は砂漠のようにザラザラしてしまいます。 乾燥は30歳が近付くにつれ酷くなり、より気をつけるようになりました。 一番に気をつけていることは「保湿」です。 ただ化 …

アーカイブ