健康

幼児の乾燥肌について

投稿日:

fd879d06
冬になると、乾燥肌に悩まされることが多くなります。

特に幼児は、肌の乾燥がそのままかゆみになり、
身体をかきこわして出血などを起こす事があるので、注意が必要です。

幼児の乾燥肌防止には、やはり全身用のボディクリームや、
薬用ミルクなどが有効です。

特に、入浴時にそれらを活用するのがよいでしょう。

お風呂はぬるめで、身体を洗う時はスポンジを泡立てた
泡でやさしく洗ってあげます。

そして、風呂上がりにベビーローションを塗ってから、ボディクリームを
塗ってあげれば、かなりすべすべの肌を取り戻す事ができるでしょう。

また、肌の湿度をたもつために、保湿クリームを使用する事も
考えられます。

もし、乳液やクリームが、体質的に肌にあわないなどの事情で使えない時は、
ワセリンを使うのも良いでしょう。

どうしても、市販の商品で乾燥肌が治らないという時は、小児科のお医者さんに
相談するのがよいでしょう。

最適なクリームや薬を処方してくれますので、いろいろ試して時間を
無駄にする事なく、お子さんにも精神的な負担を負わせる事なく
問題を解決することが出来ます。

お願いすれば、一度に多めの薬を処方してもらう事も出来ますので、
長い冬場をしのぐためにも、思い切って相談してみるのがよろしいでしょう。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

生活習慣病のセルフチェック

中性脂肪が多い人には、生活面での何らかの 共通要素がある傾向があります。生活習慣病を 避けるために、まず肥満危険度をチェックしてみましょう。 YES/NOで答えてみてください。 1.両親が太っている …

no image

脂肪の体への取りこまれ方

血液を試験管のなかんい入れておくと、 やがて上下2つの層に分かれます。 上の層が血清、下の層が血球です。 血清の中に含まれているのは主に水分で そのほかにもたんぱく質や糖質、脂質等が 混ざっています。 …

no image

おもしろい青汁

青汁についての人気はすでにいろいろと述べてきましたが その中でも面白い青汁について紹介していきます。 ・まるかんの「青汁酢」 あの有名な斎藤一人氏が創業した会社がまるかんです。 化粧品や健康食品を販売 …

no image

歯周病予防にはCHX洗口液

50代後半の男性からの投稿を紹介します。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 50代後半の男性です。40代から歯科で初期の歯周病と診断され、それ以来 歯科の指導による歯磨き方と液を使っています。お …

no image

陰部に出来るあせも

あせもの原因は汗を大量にかいた時に汗が皮脂の中に たまってしまうのが原因です。 水ぶくれや炎症を起こし、激しいかゆみを伴うこともあります。 特に夏になると警戒しなければならない皮膚の病気のひとつです。 …

アーカイブ