健康

幼児の乾燥肌について

投稿日:

fd879d06
冬になると、乾燥肌に悩まされることが多くなります。

特に幼児は、肌の乾燥がそのままかゆみになり、
身体をかきこわして出血などを起こす事があるので、注意が必要です。

幼児の乾燥肌防止には、やはり全身用のボディクリームや、
薬用ミルクなどが有効です。

特に、入浴時にそれらを活用するのがよいでしょう。

お風呂はぬるめで、身体を洗う時はスポンジを泡立てた
泡でやさしく洗ってあげます。

そして、風呂上がりにベビーローションを塗ってから、ボディクリームを
塗ってあげれば、かなりすべすべの肌を取り戻す事ができるでしょう。

また、肌の湿度をたもつために、保湿クリームを使用する事も
考えられます。

もし、乳液やクリームが、体質的に肌にあわないなどの事情で使えない時は、
ワセリンを使うのも良いでしょう。

どうしても、市販の商品で乾燥肌が治らないという時は、小児科のお医者さんに
相談するのがよいでしょう。

最適なクリームや薬を処方してくれますので、いろいろ試して時間を
無駄にする事なく、お子さんにも精神的な負担を負わせる事なく
問題を解決することが出来ます。

お願いすれば、一度に多めの薬を処方してもらう事も出来ますので、
長い冬場をしのぐためにも、思い切って相談してみるのがよろしいでしょう。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

肥満と命にかかわる病気

肥満はなぜ問題になるのでしょうか? それは、肥満がさまざまな生活習慣病を引き起こす大きな 要因となることがあるからです。 私達のエネルギーとなる物質の一つに糖(グルコース)があります。 糖は細胞が働く …

no image

ニュージーランドのプロポリス

ここ6-7年つづけて飲用しているサプリメントがニュージーランドのプロポリスです。 プロポリスはミツバチが自分の分泌液と樹液を合成させた物質を抽出した もので、人工的につくることができません。 また自然 …

no image

肩甲骨ストレッチ

以前健康番組で肩こり解消に、肩甲骨ストレッチが良いというのを観ました。 肩甲骨が柔らかい人は、腕を上に上げた時耳の後ろに腕がきます。この 姿勢の状態で自分の肩甲骨が柔軟でよく開いているかが判断できるの …

no image

ストレスは中性脂肪を増やす

今、ストレスが全く皆無です、なんてことを言える人は ほとんどいないというくらい現代はストレス社会になっています。 ストレスも一時的なものであれば、それほど問題には ならないと思いますが、それがずっと続 …

no image

青汁のデメリット

青汁というと健康に良いというイメージしかなく 体への悪影響・デメリットはないと考える人も多いと思います。 しかし、いくら青汁とはいえど、飲みすぎると問題が 起こる可能性があります。 例えば下痢です。青 …

アーカイブ